パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 140ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

スタ

スタの感想・評価

3.7
テロに屈することのない愛。

終始、緊張感が途切れない。爆発も来るぞ来るぞと分かっていても、強烈なインパクト。足がふっ飛び、血まみれになったスニーカーやバッグが散らばった惨状。戦争映画にはない、市街テロとしての恐怖が描かれる。

銃撃戦も素晴らしく、夜の住宅街に響く銃声が耳から離れない。

群像劇としても良く、この事件が様々な人の生活の中で起きたのだということが身に染みて実感できる。


テロリスト側の心理にそこまで深く突っ込んでないのが少し減点か。垣間見える程度の描写はあったものの、もう一歩欲しかった。

あと、ラストのインタビュー的なものは写真程度でまとめて欲しかった。なんか、テレビの特番みたいな雰囲気で少々残念。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

4.5
久しぶりに映画館で。

とっても良い作品に出会えて感無量でした。
天カス

天カスの感想・評価

1.0
最後の10分、確実に事件の渦中にいた人たちに台本を作って読ませているが、製作陣は恥を知ってこれをやっているのだろうか…
映画はリアリティ番組ではない。
さき

さきの感想・評価

5.0
私は普段映画を観ていてもあんまり愛だの恋だのって信じないし、映画だからねとどこかで割り切っていたのですが、この映画を観て、『愛』の存在、偉大さ、強さに気づかされました。

久しぶりに映画館で嗚咽が漏れそうなほど泣きました。悲しいとか悔しいとかそういう簡単な感情でではなくて、言葉で表せないのですが、グッとくるものがあって、結構ずっと泣いてました。

誰が犯人で、どこでいつどんなことが起きるのかわかっているのに、やっぱりそれまでの普通だけど愛のある生活を何組か観せてきていることによって、起こってほしくないって気持ちだったり、残酷さが際立っていたりしました。テロは初めから無いに越したことはないけど、起こるのは特別なところでもなんでもなくて、人々が普通に生活して幸せを噛み締めているところなんだと改めて見せつけられた。

パンフレットで監督とマークウォールバーグが、”できれば思い出したくないし、時期が早すぎるなどの反対もあった”と言っていた。たしかにそれも一理ある。だけど監督とマークウォールバーグが本当に伝えたかったのはテロの事実を伝えることではなく、そのとき、街に住む、街で働く人々がいかに団結し、個が集団になったとき、人はどれだけ強いのか、愛は何にも屈しない、ということ。

日本だってテロの標的になりうるし、最近の世界の動向を見ていれば何が起きてもおかしくないんじゃないかとすら思う。また、何もテロに限った話ではなくて、自然災害のときだって同じだなと思う。個が集団になって、大きな愛を持って立ち向かうとき、それは何にも屈しないし、最強である。どこで何があってもこの映画のようにあってほしいと願う。
優生

優生の感想・評価

5.0
【字幕】

見終わったあと、放心状態が続きました。
これが現実だと思うと本当に辛い。

でも好き。

脚本が好きです。
映像も好きです。
キャストも大好き。

この映画の感想を書ける気がしない。

とても良かった。
正義と悪、こんな単純な話しなのにとても複雑。
それぞれの信じる正義ってなんだろうな。

キャスティングが本当に素晴らしくて、全員の意思や考えが伝わってくるのが見ていてとても引き込まれました。
のん

のんの感想・評価

3.8
ニュースで事件のことは知っていたけど、実際にこんな事が起こっていたなんて知らなかった。アメリカの人達は心が熱いなぁ。監督撮り方お上手です。凄く派手な事が起こるわけではないけど、ハラハラさせられた。
このての映画がアメリカ万歳な話なのは分かるけど、犯人側にもっと視点を当てても良かったのでは?
犯人の兄弟はテロ組織からの命令ではなく自分達の意志でテロを起こしているようだったが、そこまでアメリカを憎む背景も描いてくれればもっと良かったと思う。
yukimi

yukimiの感想・評価

4.0
あんまりみる気なかったけど、スコアが良かったので見てみた。
思った以上に良かった!
テロおこす人ってあんな感じなんや‥
銃撃戦が凄いドキドキだし最後ジワ~と感動。
地元愛が素敵やん
lewk

lewkの感想・評価

4.0
ニュースの裏側には、かくも様々なことが起きてるんだと、自分の想像力の足りなさを知ることができたいい機会だった
NATUME

NATUMEの感想・評価

3.9
2013年のボストンマラソンテロ事件の完全ドキュメント再現ムービーをマークウォールバーグ・ケヴィンベーコン・ジョングッドマン・JKシモンズ主演で描く。無駄のない映像・編集・演技で瞬きする暇もなく、恐怖・復讐・憎悪・そして奇跡と愛を、テロは防げたのか?中東ではこれ以上の死が毎日ある?等の疑問も投げかける、素晴らしい映画。これを観ると日本の捜査・犯人逮捕等キチンと出来るのかな?と思うし、テロ等準備罪の必要うんぬんのレベルではないと心配になる…