パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 140ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ルネ

ルネの感想・評価

5.0
2017年6月9日公開。 監督はピーター・バーグ。

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を映画化した作品。

マーク・ウォールバーグが演じる刑事は映画オリジナルのキャラクターだが、実際の人物や被害者をモデルにした登場人物も多い。

群像劇的な作りにもなっていて、最初に沢山紹介される人々が、事件をきっかけにして絡み合っていく構成が見事だった! 実写映像も沢山使われていて、記録として残したいという意図が感じられた。

再現性の高さもすごい。 犯人と警察の銃撃戦のシーンが、ものすごくて圧倒された。警察官も命がけです。

終盤はちょっと美談にまとめて感動へつなげようとしすぎな感はあったけど、それでも十二分に素晴らしい作品でした。
Masato

Masatoの感想・評価

4.5
憎悪よりも愛

先に言っておきますが、ピーターバーグ監督はバカ監督ではありません。バトルシップはローンサバイバーを作りたいがために撮っただけで、本当は愛国心の強い、手堅いリアルな映画を作る監督です。

実話系はオチは知っているから、どのように見せるかが腕の見せ所なのだが、さすが実話慣れしている監督だけあって非常に面白かった。1ヶ月前に公開した前監督作の「Deep Water Horizon」よりも格段に面白い。

映画サイト等にはHistory,Crime等描かれていますが、要所要所スリラーのような要素もあり、骨太でリアルなアクションが入っていて、見事に飽きさせない内容になっていて、非常に良かった。

この監督は演出が非常に上手く、最初の爆発するまでのシーンをこれでもかというほどに焦らして、見事にビックリしてしまった。
爆発のシーンは早いコマ割りや手持ちカメラ、監視カメラなどの複数の媒体を駆使して爆発シーンを演出し、口をあんぐりさせてしまうほど観客を圧倒させる作りになっている。残虐表現も見事なもの。
事細かに被害者も加害者も描き出し、被害者はドラマを、加害者はスリラーときっぱり分かれていたのも良い。
そして、序盤の群像劇的描写が後になって活かされていくのも非常にうまい。

この監督は愛国心が強そうで、アメリカは強い!という、所謂「アメリカ万歳映画」っぽく見えるが、極端ではない理解のある人で、ちゃんとテロリスト側のドラマも描かれている。(冗談でしょ?って思うくらいに凄いセリフがあるが)
テロリストの方に目が行きがちだが、実際はアメリカも結構酷いことを現在進行形でしている。

この映画で驚いたのは、様々な機関の行動力。僅か約100時間で解決できたことがよくわかるように、とにかく素早く進む。おかげで映画のテンポも良い。やはり様々な経験をしている国なだけあって、FBIも警察も州も本当に行動が早い。
それ以外にも、普通の人々の勇敢さにも感服。

これはテロリストを非難する政治的意味を持つ映画に思いがちだが、予告編から見られるように、これはアメリカ人による"愛の物語"である。
本当に愛があれば心が強くなることを教えてくれる映画でもありました。
それを通じて、「憎悪は争いを生み出すだけ。我らの武器は愛だ」というメッセージを伝えていた。キング牧師のようになろうと思わせてくれる。

ピーターバーグ×マークウォールバーグのタッグは3度目で、やはりマークの演技力は凄い。昔チンピラだった彼は人々に迷惑をかけた償いをするように、最近はプロデューサーをしたりしてピーターバーグ監督を助けたりしている。
筋肉バカではない、彼の素晴らしい一面が見れる。
他には、JKシモンズ、ジョングッドマン、ミシェルモナハン、ケヴィンベーコン。
そうそうたる実力派が集まっていて、キャスト的にも大満足。
ボストンマラソンでのテロ発生後、100時間、犯人を追い詰めていくストーリーを描く。実話ベースと思えないほどハラハラするような銃撃戦・爆撃戦は見応えあり。愛は悪に勝てるか。
お気に入りのモナハンさんの登場シーンが少なくてちょっと残念。ケヴィンベーコンもジョングッドマンもJKシモンズもぴったりな配役だったと思うけど、肝心の主役はマークウォールバーグじゃなくてもよかったんじゃないかな~となんとなく思ってしまった。
カスミ

カスミの感想・評価

4.0
トミーの「秘めた美しい心」が、この監督の伝えたいところなんだなと良くわかりました
プロパガンダ入ってるなあ、とは感じてしまったけど、こんなに見入った映画は他にないかも。緊張感が終始凄かった。こういう悲劇はもう起きて欲しくない。
Aie

Aieの感想・評価

3.6
実話のリアリティーが迫力を生んでて心に残るのだけれど、いかんせんバーニングオーシャンとやり方が同じに感じてしまうのはネック。
ハマオ

ハマオの感想・評価

4.1
2013年のテロ事件を元にした映画だという事で鑑賞。
事件発生から犯人逮捕までの流れを息の詰まる展開で通し、
事件当時のフッテージを混ぜる手法で臨場感を出す構成は秀逸だと思った。

ただ、カメラの揺れる演出とドアップのカメラワークの連続がちょっと…
作品の構成が秀逸なだけに映像面が惜しいと感じました。
misaki

misakiの感想・評価

4.0
そんなに期待もせず『あっ!テッドの人!評価も良さそうだから』と言う理由で鑑賞。
開始数分で『あーあの時の事件か』とわかりそれからは本当に見入ってしまいました。
テロがあり酷かった、犯人は兄弟だったくらいしか知らなくてこんなにも逃亡だったりテロ以外の犠牲者がいた事。知らなかった事がたくさんあひただただ痛く、ただただ泣きました。この事実が忘れる事なく。犯人には厳しい刑を願います。
ah

ahの感想・評価

4.1
ボストンが舞台の映画では「ゴーン・ベイビー・ゴーン」や「ザ・タウン」が印象深い。が、どちらもフィクションである、

まだ傷跡生々しいボストンマラソンでのテロを描いた本作は正面切って「ボストン映画」に名乗りを上げ、観終わって「ボストン映画」に恥じない深い余韻を覚えた。

被害者や捜査陣営などの事件に関わる人々の事件前からの日常を丁寧に描く事で、「」かっこづけで括られない人間味をもたらし、同時に犯人の事件へ向かう描写も手を抜かない事で、犯人はモンスターではなく、誰かの友人や家族であり、血の通った人間であると感じられ、だからこそ余計に恐ろしい。

恐怖や憎悪に立ち向かうのは唯一「愛」。事件を経た人の言葉で語られるのは尊いが混沌たる現在、「愛」の力が試され何度も何度も血が流される。

地味ながらグッときたのは、撃たれながらも銃を奪われまいとした若き警官と、ベンツで拉致られた中国移民のマニーのエピソード。なんて勇気のある。自分だったらとてもじゃない。とみてて胃が抉られるようだったよ。

渾身の1作、とても疲れたけど、観て良かった。
Almond

Almondの感想・評価

3.0
ニュースは見ていたもののあんな壮絶な逮捕劇のことは知らず、終始展開に引き込まれあっという間の2時間半だった。