パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 151ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

3.8
捜査の力って目を見張るものがありますね

事件が起こってからまだ大した時間も経ってないのにもう犯人の目星がついてる

悪が最終的に成敗されるのは運命づけられているのかもしれません


ピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグ主演、実際の事件、という意味では先日の「バーニング・オーシャン」やさらにその前作の「ローン・サバイバー」あたりと比較しながら観てみるのもなかなか興味深いと思います


ボストンを本拠地とした野球チーム、ボストンレッドソックスの当時の精神的支柱だったデビッド・オルティーズ

テロ直後に行われた最初のホームゲームで彼がボストン市民を鼓舞する有名なスピーチをしたのは野球好きなので知ってましたが、その描写もしっかりと含まれてて個人的にも大満足でした
ユタ

ユタの感想・評価

4.1
「バーニング・オーシャン」に続いて、ピーター・バーグ監督×マーク・ウォールバーグの実話物。
よく練られていて、
被害者、ボストン市民と警察への敬意を忘れない、素晴らしい作品だった。

実際の監視カメラなど、緊迫感のある映像を織り交ぜ、キャストの再現力もまたすごい。
「ヒート」を彷彿とさせる銃撃戦が印象的。
実話といいつつも、ポイントで見せ場があり、映画としても長いのに飽きさせない。
いいハリウッドの映画。当時ボストンいたからこそ実感あった!

ところで、日本の配給会社は誤った宣伝やめてほしい
良きお仕事ムービー。ボストンマラソンのテロ事件の前日から犯人逮捕まで。それぞれ仕事に対してとても真剣に向き合っているし、ちょっとした政治的な駆け引きや、メデイアの扱い(もう少しメディアの描写があっても良かったような)実際に犯人と接触のあった人たちの描写。上質なドキュメンタリーの再現フィルムを観ているような感じ。嫌なベタついた描写もないし、わりと長尺だけど中だるみもない。キャスティングも良くて、特に車を盗られ、監禁された中国人とかも、嫌な感じにならず、かと言って変に美化もされておらず良かったと思う。犯人側の描き方もうまかった。住宅街でのあんな逃走劇があったの知らなかった(またはすっかり忘れてた)このシーンの警察官たちの正義感がいい意味で暴走するところがすごい。最後の本人登場の部分も本編が再現フィルム(実際のフッテージも使われている)ぽいので、違和感なかった。あの、片脚を失った夫婦はすごくポジティブで、ちょっと心配になったけど(しんどそう)
音楽はトレントレズナーとアッティカスロス。字幕翻訳は松崎広幸。
わずか四年前に起こったボストンマラソン爆破テロ事件。ランナーにとっては、憤懣やるかたない未曾有のテロを早くも映画化したのが本作品です。当時は、僕も走り始めくらいで初マラソンに出る一年半前のこと。しかしながら、釘や鉄くずで殺傷能力を増し、足を失ったランナーの方々のニュースを見て、まるで自分の脚が奪われたかのような憤りを覚えたものです。それにつけても、わずか数年前の事件も映画化し、エンタメに昇華するハリウッドの凄さよ!本作も実話にかなり肉薄しており、後半の犯人を追い詰める場面の緊迫感は本当に「すごい」の一語。この映画の前半でまた走りたくなりましたが、ほどほどにしようとは思い直しました。やっぱり映画が1番です。
ゴン

ゴンの感想・評価

4.0
マークウォールバーグとピーターバーグ監督タッグの実話ベース3作品目。
2013年ボストンマラソンテロ事件はニュースで見た記憶があったので気になって見た。思ったより中盤からスリリングなクライムサスペンスですごい楽しめた。所々、実際の事件映像や現場写真を使用してるのがリアリティーを感じさせる。見終わると日本って平和やなと思わずにいられない。アメリカ警察はテロ起こして車強盗、人質誘拐、警官殺し、街中で銃撃戦するような犯罪者を日々相手にしてるなんて頭上がらない。そりゃ、トランプもイスラム教徒入国禁止するよ。また、劇中セリフにもあったテロ自作自演陰謀論を調べると面白い記事が出てきて、とてもこの事件自体に興味を持った。イスラム教徒にヘイトを集める目的でアメリカ政府が工作したのかなとか考えると違った視点生まれる。実話ベースが好きな僕にはマッチした作品でした。
実際にあった話で、これからも起こりうることなのかと思うと、心底怖い。見てよかったとは思う。実際の映像もちょいちょい含まれることで、緊張感が凄かった。

被害者の人たちみんな前向いて生きてて、カッコよかった。
ちから

ちからの感想・評価

4.8
職業柄重ね合わせて見てしまうからかもしれないけど、凄い共感した。久々に泣いた作品。当たり前に平和に生活できることが幸せだと思わせてくれる映画。インタビューシーンもぐっとくる。
バーニング・オーシャンに引き続き、
実話物。
with マーク・ウォールバーグ


本作の見所は、何と言っても
役者陣でしょう。

どの場面を見ていても、
引き込まれる役者しか出ていない。

ジョン・グッドマン、
ケヴィン・ベーコン、
J・K・シモンズ
が一つの映画で観れる時点で、
おじさん好きは今すぐ劇場に行くべし。笑

加えて、
MITの学生役で出てた役者陣や
アジア人キャスティングが
非常に絶妙で、とても良かった。

ボストンの力強さを
警察や行政に加え、多様な人種により構成されているボストン市民にもきめ細かくスポットを当てて、描いていて、
非常に良かった。


ピーター・バーグ監督
バトルシップの時は、良い意味で
トランスフォーマー時のマイケルベイな感じがあったが、

最近の作品で完全にOnly OneのStyleを確立し、目が離せない監督の1人なりつつある。
ダブル・バーグさんによる、得意の実話ベースのお話。こないだ"バーニング・オーシャン"を見たばっかりなので食傷気味かなぁ?と思ったけど、そんなことはなく新たな興奮と感動を与えてくれました。
ベーコン、グッドマン、シモンズなど脇を支えるベテラン勢もそのおかげでしょう。

ボストンマラソンでの事件はニュース等で知っていたけど、ここまでの惨劇だとは知らなかった…。アクション映画としてもクオリティは高く、それ目的でもいいから一人でも多くの人にも見てもらいたい…。必ず最後の当事者たちによるインタビュー映像は心に響く大事なものになるでしょう。