パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 151ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

映画のタイトルである“Patriots Day”は「愛国者の日」を意味し、4月の第3月曜日がアメリカの3州、マサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州において祝日とされ、毎年、アメリカ3大市民マラソンに数えられるボストンマラソンが開催されている。
この作品では、2013年4月15日14時45分頃(現地時間)に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の顛末を、ボストン警察殺人課の刑事トミー・サンダースの視点で描いていく。
この爆弾テロ事件に関しては、当時、テレビや新聞で報道されたニュースで断片的に知っていたが、徹底的なリサーチで事件の細部まで再現したこの“実録映画”で初めて全貌を理解した。
50万もの人でごった返したマラソン大会で爆弾テロ事件の犯人を見付け出すという気の遠くなりそうな捜査なのに、この事件は僅か102時間で解決している。
この映画では、驚異的なスピードで犯人を逮捕した捜査本部の舞台裏を描くと共に、事件解決に尽力したトミーやリック・デローリエFBI特別捜査官、エド・ディヴィス・ボストン警察警視総監、ジェフ・ビジュリーズ・ウォータータウン警察巡査部長、そして地元警察官等の捜査関係者、突然のテロに巻き込まれた市民らの被害者、そして凶悪なテロ事件を起こした“黒い帽子”と“白い帽子”の2人の加害者、大きく3つの立場に分かれた人々の群像劇を展開させることで、事件を分かり易く浮き彫りにする。
このテロ事件では一般人が3人亡くなり、手足切断等の重症者を含め282人もが負傷している。
アメリカというとテロに対し「目には目を、歯には歯を」のスタンスで武力報復する傾向があるが、この作品ではそのような解決を提示しない。
多くの人を巻き込んだ危機に対して人々が団結したり、そのことで心身共に傷付いた者同士、又は家族や仲間が励まし合い、助け合って乗り越えていくことを本作は訴えている。
それを本作は“一語”で表しているのだが、普段だとべたに聞こえるその言葉は、キャストたちが演じた実在の人々が語る後日談や映像を観ていると、心の襞に触れてきます。
echikov

echikovの感想・評価

3.5
これ、じーーーーっとみいっちゃったよ!
最近の事件だから、みんなの記憶にもあるだろうし、なにより、本物の映像が沢山使われてて、ドキュメンタリーよりの映画という感じ。
少し怖さを感じたのは、「正義」とはなにか?ということ。
万人に対しての「正義」ってのは存在するわけもなく、自分の価値観が「正義」のすべてなんだろうけど、その正義というのを、押し付けられているような映画だった。
でも、その「正義」の中にたっている自分。
これはもうそういう姿勢で人生をいきるしかない。
だって、心から「無差別テロはひどい」っておもっちゃうもん。自分の中の正義感では。

「埼玉県最高!」という分には、違和感を感じるひとは少ないと思うけど、「日本最高!」とか「アメリカ万歳!」という、国家を礼賛する思考に違和感を感じる人はおおいと思う。でも、この違和感というは、矛盾してるよね。
自分が日本人である以上は、日本を愛したい。上記の違和感というのは、いわゆる「平和ボケ」なのかとも自問してみた。


そういうようなことを、とても考えさせられたけど、見応えはほんとにあった。
犯人の2人は死を覚悟して戦ってるけど、FBIや警官は、犯人を生かしたまま捕まえなきゃだめだから、街の激しい攻防戦は、ああいう結末になるんだよね、多分。

あと、テロは絶対になくならないだろうなとも思った。個人レベルで世界を震撼させる力…。
ただただ願うのは、自分の周りの人がテロにあわないでほしいということ。テロを完全に抑圧するのは無理だよ…。
HBK

HBKの感想・評価

3.5
ボストンマラソンのテロから四年が過ぎたのかと思うと感慨深い。実在の事件を元に作った映画なので悲劇を乗り越えたボストンと犯人を捕らえた人々を讃える映画のはずなのに要所要所でボストン警察のドジっぷりが酷過ぎて、シリアスなのかギャグなのかわからず困惑。
事実に忠実なら怒るボストン市民もいるんじゃないか?
ガーディアンズオブギャラクシーを観たばかりなのでケビン・ベーコン観ただけでご機嫌なんですけどね。
試写会にて。




予備知識なしに鑑賞。なので2013年のボストンマラソンでのテロ事件の実話を基にした作品ってことすら知らなかった。マーク・ウォールバーグ主演&ケヴィン・ベーコンってことだけで応募してました。





テロから102時間での容疑者逮捕。その執念の真実を描く。爆弾犯追跡の舞台裏と名もない人々の勇気は純粋に凄いなと思うけど、憎悪は愛には勝てなとか、愛の力とかって言うのは、どうなの?なんか、ちょっとウザっと思った。





この試写会の前々日にはイギリス・マンチェスターのアリアナ・グランデのライブでの自爆テロが起こったばかり。しかもその翌日に観た『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』でもサッカー場で爆破テロを起こそうとしていた。もう毎日、リアルとフィクションの間で、爆弾テロが起こっている。わたしの周りでは…







目を覆いたくなるようなショッキングな映像の連想に、ドキュメンタリーを見てるような錯覚を覚える。





てか、一番驚いたのは、アメリカの対策本部ってすげえってこと😱



嘘、一番ではないです。


でも、ちょっと『シンゴジラ』の対策本部と比べちゃいました。スケールが違うのよね〜、さすが〜USA🇺🇸





本作は主演のマーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』に続き3度目のタッグを組んだ作品。てか、この3作品、どれも実話を基にした作品だ。敢えてなのか…




そして脇を固めるキャストには、なにをやっても悪役に見えるケヴィン・ベーコン、名バイプレイヤーのジョン・グッドマンに『セッション』以降、どの役でも怖いイメージのJ・K・シモンズとシブい!その中に『キスキス・バンバン』のキュートな演技が忘れられないミシェル・モナハン。







テロが頻発してて、もう対岸の火事ではないのかも?って思うような世界って嫌だな。






余談ですが、今回の試写会のよみうり大手町ホールは初めてだったんですが、大手町駅、工事してて、ホント、分かりづらい…。軽く迷子になりました。
Shoty

Shotyの感想・評価

3.8
テロの被害にあった人達 警察 スポーツ選手 医者 ボストン全市民が力強く生きる姿勢がよく聞く「テロに屈しない」ということですね
ラストの実際の被害者たちの 悲しみを乗り越える努力 チャレンジ の映像からこの映画を観た人への思いが伝わってくる そんな中マンチェスターでもテロ やめてください
まだ記憶に新しいボストンマラソン爆破テロ事件
観ている間、胸の真ん中にあったのは、テロリストへの怒りと、犠牲者を悼む心でした

爆破直後の凄惨な現場や救命治療にあたる病院内の様子はとても生々しく、目を背けたくなる人もいるのではと思えるほど

幸せなカップルに突如訪れる悲運、逃走中の犯人に急襲される警察官、平和な日常を送っていた人たちがどのように事件に巻き込まれてしまったのかという点にもスポットを当てながら、警察・FBIが市民の協力も得つつ犯人を追い詰めていくさまがスリリングに描かれており、133分という上映時間を長いと感じさせない作りになっています

私のように日本のニュースで報道されていた程度の知識しか得ていない者にとっては、犯人逮捕にいたる僅か102時間の中で、こんなにも色々な事があったのかと驚きを感じるほど

ただひとつ残念なのは、これは個人の趣向によるところが大きいと思うのだけれど、爆破事件後の犯人を追い詰める過程においても笑いを誘うようなシーンがちょいちょい盛り込まれていること

実際の現場においても、冗談でも挟まなきゃやってられないよという雰囲気はあったのかもしれないし、確かにクスッと笑えるシーンもあったのですが、私には大半が笑えず、テロに対する市民の怒りや悲しみ・犯人逮捕に全力で取り組む捜査陣の熱意を希薄にしてしまっているように感じられました

あのラスト、この作品の題材となった事件がフィクションではなく事実なんだということを強く認識させられ、悲しみと怒りから目に涙が

ただ事件の詳細を知り得るのみに留まらず、他国と比べるとかなり平和な生活を送れている日本にとっては、平和のありがたみを再認識させてくれる作品でもあるのでは

悲しくもイギリスそしてジャカルタでまたテロによる多数の犠牲者が

いつかテロのない世界が訪れることを強く望みます。
みか

みかの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まだ記憶に新しい、2013年に起こったボストンマラソンでの爆弾テロを描いた映画。

今日もまた世界のどこかでテロが起き、多くの人々が犠牲になっている。自分に直接関係のないテロの記憶が風化していくスピードがだんだんと早くなっていくのは、決して珍しいことではないだろう。
そんな薄暗い時代だからこそ、テロに屈しない強さと勇気をくれるこの映画は評価されるべきではないだろうか。一人でも多くの人にこの映画を見てもらいたい。


_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_ -_


ーーテロだと断言された事により管轄がFBIに移り 犯人逮捕に燃える主人公は歯ぎしりするーーー
みたいな事が公式サイトに書かれていたので、主人公サイドとFBIが派手に対立したりするかもしれない等と危惧していたが、実際はそんなことなく割と協力的に話が進んだ事にホッとした。(一刻も早く犯人を特定・逮捕しなければならない状況なので啀み合っている場合ではないのは当然のことだが...)


主人公と犯人だけではなく被害者達にもスポットライトが当てられ、丁寧に描かれていたところが非常に良かったと思う。

銃撃戦のさなかでも少しクスッと笑えるところは、観る人によって好き嫌いが分かれそうだが私は結構好きだったりする。そんなに小さいハンマーで何ができるんだってツッコミを入れたくなった(笑)
ボストン・マラソンでのテロは当時ニュースで知っていたのですが、どんな犯人達か、どのように解決したのかは全く知りませんでした。なので今作を観ることで事の顛末を知ったのですが、まさかあのテロの後にも緊迫した展開がいくつも待ち受けていたとは思いませんでした。映画では実際の映像も使い臨場感やテロの悲惨さを表しています。
また、犯人グループ側も決して訳のわからない人物にはせず、ちゃんと背景を描いてテロを行う様を見せていました。そしてテロに巻き込まれた人々、現場の警官や捜査官達以外にもマラソンには関係無いのにどうして映っているのかな?と思った市民達が犯人グループと意外な関わり方をして、彼らの何気ない日常が一瞬にして危機に陥る様を見てとても緊張しました。

こんな悲劇を終わらせようと疲労や危険も顧みず奮闘する現場の警察官方と悲劇に見舞われても挫けないボストン市民達・・・これはテロを恐れる話ではなく、そんな彼らの勇姿を見せてくれる映画でした。
sting

stingの感想・評価

3.9
Filmarks試写会にて鑑賞

ボストンマラソンのテロ爆破事件はあまりにも衝撃的だったので、今でもあらましを覚えているくらいだ。この映画を鑑賞して、当時、テレビのニュースや新聞記事に載っていなかった捜査の裏側を知ることができ、面白かった。マーク・ウォールバーグほかの俳優陣も期待に応え頑張っており
、エンターテイメントとしても完成度が高い。しかしこの映画の本当の主役はテロの被害にあった人々だ。彼らの前向きに生きようとする姿には本当に心打たれ、勇気づけられた。映画を観てよかった。
shiron

shironの感想・評価

5.0
ボストンマラソンの爆弾テロは記憶に新しいですが、その捜査の裏側ですって?!
『キャプテン・フィリップス』を見た時にも「アメリカの捜査機関スゲ〜!敵に回すと怖いな;」と思ったので
本作では、短期間で犯人逮捕に至る捜査の過程が見られるとあって、興味津々でした。

そして、てっきり捜査員側からの物語だと思っていたので、時系列に群像劇で描かれる人々を
「この人達はこの後の犯人逮捕に、どんな風に関わってくるのかなぁ?」なんて思いながら見ていたわけですが、思わぬ展開にショックを受けました。
爆弾テロの後、犯人逮捕までに起こった“事件”を覚えていなったもので。。。
そうか…彼がそうだったのか。

これ、当時の事件を覚えてらっしゃる方がご覧になったらすぐにピンときて、時系列に描かれる彼らの“日常”自体に胸を締め付けられたのではないでしょうか?

そして注目なのは、時系列の群像劇の中に犯人側の日常も含まれていたこと。
決して許される事ではないので、犯人の肩を持つつもりは更々ありませんが、テロリスト達も生身の人間であり、一筋縄ではいかない問題の根深さを感じました。

時系列で描かれる人々とは別に印象的だったのが、封鎖されたテロ現場警備に残された警官。
彼の目に映るのは、静まり返ったメインストリートと足元に横たわる証拠品扱いとなった……。

この試写会の翌日、イギリスのソフトターゲットテロの報道が舞い込んできて、ボストンと同じく8歳の子供が犠牲になった事を知りました。

報道の数字に心を痛めながらも、そこに個人の顔が見えたとき、初めて私たちは事件を身近なものとして受け止め、考えられるようになるのではないでしょうか?

ラストは、主人公のモノローグで纏められますが、それだけではやや綺麗事にも思えるテーマの後に、当時の映像やご本人達のインタビューが流れ俄然説得力が増します!!

捜査員や警察官はもちろん、被害者の方々、事件に関わった人々、エールを送ったボストン市民。
そう!まさにボストンの物語でした。

ドキドキハラハラ、迫力もあって、エンタメとしても楽しめるうえに、
風化させてはいけない記憶を、映画として残すことの大切さを感じました。

多くの人に見ていただきたい…いや、多くの人が見るべき映画です。