パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 151ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

y4a2s4u

y4a2s4uの感想・評価

3.8
実際にあった事件を多分、忠実に描いていると思うが、2時間半近くの長丁場ながら、あらゆる角度からストーリー展開があるので飽きなく鑑賞できました。

ただアメリカ映画ならではの愛国心的なところはやっぱりって感じ。

それでも良く出来た映画だと思う。
「アメリカのヒラ警官は意外と弱い?」

これは日本にとっても良いお手本になりえるのか?
同時に今の日本の警察力でここまでできるのかどうかという不安も抱いてしまいます。
関わった加害者、被害者、警察数名を事件発生前からザッピング的に展開し事件発生後に徐々に関わらせていく構成がいささかもどかしさもあります。しかし容疑者を絞り込むシーンのテンポの良さがそれをカバーし受け手のストレスを解消させているバランスが見事です。
銃撃戦もど派手に「何?あの老警官」と素敵な見せ場もありとエンタメ性も高いです。
また追い込んだときになかば常識化している「警官殺しには、警官による制裁=射殺」を恐れてなのかFBIが地元警察を止めたのにはニヤリとしてしまいます。
それと世論や社会情勢を危惧して弱腰なFBI特別捜査官に対し強気な地元警察でしかも上手く回るというちょっと珍しい構図も楽しめました。
マークしていたのに見過ごしたという9.11に続く失態に近い描写もありチクっとFBIを刺してますね。
観ていて気になるかもしれませんが主人公が犯人特定くらいでその後は現場には居合わせるのに思ったより活躍できません。
実在の人物ではなさそうなので何人かの警官の複合体な感じみたいです。
しかし容疑者特定までは捜査力だけど、その後は偶然に頼った通報による追い込みというのは怖い。
でもそれが捜査力の限界であり市民の協力は不可欠というのがよく理解できました。

追伸
ここ数年、実話といえばマーク・ウォールバーグと思ってしまうくらいよく活躍してます。
タフガイさより悪童感が強くたまに精神的にまいってしまう母性をくすぐるイメージですがそっちの方がリアルなアメリカ人像なんでしょうか?
ZIMA

ZIMAの感想・評価

-
地元を守るというプライド。犯人を絶対に許さないという信念。警察、FBI、政府、そして地元住民と、アメリカという大国が本気を出したからこその早期解決だったのかなと思えた。
迷いはあるけれども、日頃からの危機意識が高いからなのか、各機関や各個人の決断力が早いのも印象的です。シンゴジラの日本政府(初期)とは大違いです。

爆発直後の現場の映像からは、悲惨さや混乱がスゴく伝わってきて泣きました。

事件を追う人たちだけでなく、犯人や被害者たちにもスポットを当てて、それらが線で繋がっていく演出も良かったです。


オルティーズや楽天の嶋など、こういった時、野球選手はいいコメントを出しますなぁ。
pier

pierの感想・評価

3.6
愛は悪に勝つという、アメリカのデモクラシーを押し付けがましくなく描いています。
期待していた通り良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

構成が上手かった。最初に主人公を始めテロの被害者となる一般市民の日常を描いたことで感情移入がしやすかった。そしてその分爆発のシーンは心が痛かった。主人公やFBIの特別捜査官が組織に命令や指示を下す所はとてもカッコよく見えたし、監視カメラをチェックする部下たちには執念を感じた(ここら辺はシンゴジラに似ていた)。中盤辺りから始まる犯人と警察の銃撃戦は緊迫感があって面白かった。JKシモンズ演じるおじちゃん警官が渋かった。後は犯人の動機やどういう人生を送って来たのかを描いていたら満足だったかなと思う。実際に被害にあった市民や警官が事件について語るラストには人の強さ、愛の強さを感じた。とても良かった。
u

uの感想・評価

4.0
2013年 ボストンマラソン中に起きた爆発事件のお話でした。

夜中の住宅街で犯人と警官が撃ち合って爆弾が何回も爆発するとこ、ひたすらすごかったなぁ。

事件に関わった人たちのインタビューで思わず泣いた(;_;)
ピーター&マイクウォールバーグはやはり間違いなかった、
アメリカ至上主義的側面が強いだろうと観たら、そんな安直な考えさえ汲み取り現実を多角的に描いていて驚いた。パトリオットデイ、愛国でも綺麗事でもない現実
最近の実話ベースなのであえて見に行く程でもないかと思っていたが、日本での報道で知り得る事柄以外でこんな事実があったんだと驚愕した。
ラストに実際に事件に遭遇した人や警察官のインタビューがあるが感動。
ケビン・ベーコンが渋くなってて良かった。
マーク・ウォールバーグは少しウザイ(笑)
S

Sの感想・評価

4.0
2013年ボストンマラソンで起こった爆弾テロの実話。

テロが起こったという事と、犯人が捕まったという事しか知らなかったので、事件解決までの過程はもちろん、犯人のバックグラウンド、被害者のその後等、非常にわかりすく描かれていて引き込まれた。

事件を解決に導き、結果的に次のテロをも防げたのは、FBIと地元警察、そして市民の協力があったからだ。

映画の最後には、ご本人達の姿が映し出されます。
最後泣けた。
この事件は知ってたけど本当にこんなことがあったなんて驚き。
住宅街であんな銃撃戦は危険すぎる。
早く犯人が逮捕できてよかった。
野放しにしてたら他の地域でも爆破テロが起こる可能性があったんやな。