パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 186ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Matilda

Matildaの感想・評価

4.8
Filmarks試写会にて。
バーニングオーシャンを観ることができなかったので今作は試写会が当たりとても嬉しかったです。

さて今回は記憶に新しいボストンマラソンのテロ事件を題材にした実話ものということで。もともと実話ものはとても好きなのでこれも好きになるとは思いましたが、その予想を遥かにこえてくる作品でした。

まず、退屈なシーンがない。常に緊迫感がありました。事件発生から犯人逮捕までの103時間、正確には事件前から描かれるのでもっとあるのですが、それが思い切りこの2時間ちょっとに凝縮されていて、とにかく濃い。

そして、キャスト陣の演技が素晴らしい。マークウォールバーグ、ケビンベーコン、ジョングッドマン、JKシモンズとなかなかの豪華キャストです。彼らは本当に素晴らしいです。メリッサブノワちゃんも結構メインで出てきます。

中国版タイトルでは「愛国者行動」となっているらしいこの作品。確かにTHEアメリカ映画といった印象は受けました。しかし、そう見えて実は人々の美しい心の繋がりを信じさせてくれる素晴らしい作品でもありました。

この事件によって、人々は色んなものを失いました。足を失った人、自分の大切な人を失った人。彼らはある日突然日常を奪われたのです。
しかしそんな彼らを救ったのはまぎれもなく彼ら自身でした。自らの愛の力によって彼らは前へ進んでいったのです。
ある若者の憎悪によって起こったその悲惨な事件。人々はその憎悪に対し、愛を武器にして、街全体でひとつになって闘った。その姿に心をうたれました。
当時私達がニュースでは知り得なかった真実が、この映画には描かれています。人情に訴えかけるだけではなく、捜査についても詳しく具体的に描かれていて驚きました。

私達はこの事件を忘れてはならないし、どんな理由があろうともテロは悪です。決して起こってはならない。
しかし、この事件によって、人々がひとつになったことも事実でしょう。こんな大変なときに人々は常に、自分の心配ではなく他人の心配を、他人を思いやる心を持っていました。誰だってどこかに必ず、美しい心を秘めているのです。その美しい心によって、人々は繋がっているのです。それをこの作品は伝えたかったのではないでしょうか。

とにかく素晴らしい作品。実際にこの痛ましい事件が起こったことによって、この作品ができたことを思うととても複雑な気分ではありますが、できるだけ多くの方に観ていただきたいです。

※最後に。この作品は負傷者の傷の様子などの描写がかなりあるのでそういったものが苦手な方にはおすすめできません。しかし素晴らしい作品には変わりないのでぜひ。公開前なので宣伝文みたいになってしまいましたが、私も公開後また時間があれば観に行きたいなと思っています。
yuta

yutaの感想・評価

3.9
最初、実話物はどうだろうと不安だったが、緊張感とリアルさが伝わりとても面白かった。登場人物の掘り下げがもう少しあれば良かったと思うが実話ものなので気にならない。いい映画だった。
ぬーの

ぬーのの感想・評価

4.3
ラストで少し泣いた。

少しだけかよ!と思われる方々に言いたいです。

おれ、人前で泣かないんです。とにかく泣けないんです。理由はただ1つ、恥ずかしいから笑

そう、1人で映画見て泣くことはあります。
でも誰かと見て泣いたことは一度もありません。

そんなわたくしがですよ、満員御礼の試写会で、公衆の面前で、泣いたのです!!!!(どーーーーん!!)


この映画は日本では絶対に作れない。絶対に。
テロ事件をここまで希望に溢れたラストに仕上げることができるアメリカという国と人の強さ。
たくましすぎる。
これは本当にアメリカの凄いところであり、日本にはないもの。

特別アメリカ好き〜とかピースの綾部さんの様なハリウッドに対する憧れとかがあるわけではございませんが、この姿勢には感服です。

実話ベースの本作は緊張感の作り方が本当にうまい。
なぜか分からないけど、事件が起きたりしてない序盤の序盤から自分はずっと緊張していた。

そして更に凄いのがその緊張感の持続。

この映画の緊張感の持久力には、持久力メダリスト高橋尚子もビックリしたことだろう!(もらったチラシに高橋尚子さんの感想コメントが載ってました笑)


そしてそして笑いは緊張と緩和だ!なんてバラエティとか見てるとよく聞きますけど、この映画ずっと緊張感あるのに、本当にたまにくすっとできる緩和を入れてくるんですよ。
その緩和が強すぎないし、数も多くないから緊張感は途切れない。
絶妙な緩和なのであります!


ラストは実際の事件当時の映像、事件体験者のインタビューなど、ドキュメンタリー風な仕上がりにすることで、そう、これは本当にあった出来事なのだと再確認させられる。


これがフィクションなら普通に面白いアクションサスペンスとして消化できるんだけど、フィクションじゃないから感情はとても複雑。
よくできてるからこの映画面白いよ!と言いたい自分と、面白いっていう表現はやっぱり不適切かな…っていう自分と。



ララランドの掴みの旨さ、あれはもうチート級でしたけど、この映画にはララランドとは違った冒頭から入り込める要素があったな〜
言葉でうまく表現できない自分の語彙力の無さがもどかしい笑


終始鳥肌立つ映画でした。
アメリカすげえ。まじで。
日本にもアメリカのいいところは見習って欲しいですね。

この映画には希望しかありませんでした。素晴らしい。




マイナス点を挙げるなら、サスペンスとして見たときに結局犯人の動機は?とか事件の真相がイマイチ明かされきれていないという点。
まあこれでフィクションならその点ハッキリしてよ!と思うんでしょうけど、半分ドキュメンタリーな映画なので、自分はそこまで気にならなかったです。
はな

はなの感想・評価

4.2
試写
2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にした映画。実際の人も映像もいっぱい出てくる。犯人が捕まったのは知ってるけど、まさかあんなことになっていたとは。2時間、マーク・ウォールバーグと同じくらい眉間にシワ寄せて観てしまった。面白い。
gnsp

gnspの感想・評価

3.5
試写会にて。
半分映画半分ドキュメンタリーみたいな構成。極論言えばめっちゃ豪華なアンビリーバボーの再現ドラマ。ただ豪華なだけに描写はリアルで、犯行時などの火薬が飛び交うシーンはもちろん、とてつもない緊張感に支配されるシーンも。
僕的にはシン・ゴジラ的な感じでFBIや警察によってアメリカの底力を見せつける!みたいなモノを予想してたんですけど、予想より多く市民にフォーカス合わせてましたね。日常に突然降りかかって来た悪夢を市民たちがどう乗り越えたのか、その視点でもう一度観てみたいかも。
Yuko3255

Yuko3255の感想・評価

3.8
留学していた街だったので色々思い出させられた作品だった。大都市だからこそ、大イベントだからこそいろんな国の人たちが集まる街だからこその人種の混ざり具合なども学べると思う。政治や組織関のやりとりも地元を愛しているところも、爆破のリアリティさや後の射殺も学ぶものが沢山ある映画

良い点
•130分はあっという間だった
•被害者や事件に関わる人々の生活やストーリーをうまく取り入れている。Boston strongにちなみ皆強く生きている事が伝わる
•実際の映像が混じっているため臨場感とリアリティさがよりでている
•事実に基づいているため、これを見ることでいかに悲惨な事件だったかを知ることができる

気になった点
•犯人二人の関係性や学校の友達と何をしていた、家族との関わりなどをもう少し描写してほしい
•実話だからこそ主人公がボストン出身だと思うがであれば警官などもMA出身だとよりこの映画に対しての思い入れが伝わる気がした

•事件後も弟は学校の寮にいて平気な顔していただったりツイートしてたという事実もとり入れるべき
テレビ(報道)を見なくなった理由を思い出した。

テレビ(報道)は、事件があったことを教えてはくれるものの、その切り替えがあまりにも早すぎて、いつも腹を立てた。

「では、次のニュースです」

次にいけるわけがない。

事件は、終わりではなく、過程であり、始まりだ。

被害者の心や身体に刻み込まれた傷は、決して癒えることはないだろう。

怒り狂いそうになったりすることもあれば、涙が止まらない夜もあるのではないかと想像する。

そこで彼らは戦っているのだ。

怒りに震えて振り上げた拳が、また他の誰かを傷つけてしまうのではないかと思い、握った拳を解いて我に帰る。

止め処なく溢れでる哀しみの涙が、愛しい人を苦しませるのではないかと思い、涙を拭いて笑顔を振りまく。

この映画の終盤で、被害者や捜査関係者の本人たちが語る言葉や姿、事件当時の数々の写真には、とても感銘を受けた。

悪はどこにでもある。明日は我が身かもしれない。

この映画は、ボストン市民たちがひとつになり、今も戦い続けている証明だ。

“戦い続けるかぎり、善は負けない”と宣言するボストンの声「BOSTON STRONG」に、観る者の魂が震える。
MURANO

MURANOの感想・評価

3.6
ボストンは留学してた街だしマラソンするのも好きなので(^^; ってことで試写にて鑑賞。

実話のテロ事件を記録的に描くことは意味があるし、もちろん硬派な娯楽サスペンスとしてもドキドキしながら観れます。もうひたすら臨場感あり過ぎの映像で、爆破事件も銃撃戦も見応えアリ!

『ハドソン川の奇跡』みたいに事実の暗部にある奥深いところまで追求してる感が薄いのはあんまり好みじゃないけど、まぁでも題名が題名なので…、ど直球勝負のアメリカ映画として大目に見ます(笑)

あと、J.K.シモンズの配役。緊迫してる展開の中に見事にネタを仕込んだところにニヤリ。
tonton

tontonの感想・評価

4.0
実話のドラマ性が予想以上!

テロの首謀者二人が、アメリカは都合のいいように事件を作ってると語るところには衝撃。誤って宗教を理解してテロを正義と思ってるのに、事件の深淵を見た気がしました!

首謀者の妻にも衝撃。

沢山の犠牲者を出し、警察やFBIなどの意地も感じました!

また犯人の友達の態度も驚き。

そしてそれに負けないで頑張っているアメリカの人達の人間ドラマや人間性に感動しました!

沢山、考えさせられました!
Gilles

Gillesの感想・評価

4.5
マーク・ウォールバーグがテロリスト追いつめて、逮捕して終わりだと思っていたら、とんでもなかった。市民の活躍なしでは、この事件は解決しなかったんだなぁ…
実際の映像が時折使われて、それがまた臨場感をアップさせます。
緊張感のなかに、ちょっとした笑いあり、最後はウルッときます。スピーチもよかったな。
実際、ボストンに旅行に行き、きれいな町に感動して好きになったけど、この映画を見て更に好きになりました。