パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 186ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

これはズルいな。こんなのいい映画に決まってる。
実際に起こった爆破テロと、それに立ち向かう人々が実際の映像を混じえて描かれています。
こんなに人の愛とパワーを感じる映画はそうそうないですね。観た方がいいです。

それにしてもアメリカの警察官は大変だなぁ…脱帽です。
・ノンフィクションの重厚感
・犯罪サスペンスの緊迫感
・観客へのメッセージ感
どれもバランスよく散りばめられていてかなりの良作。

マーク・ウォールバーグの爆発直後の演技が演技とは思えない程リアルだった。
Billyboy

Billyboyの感想・評価

5.0
実際にあったボストンマラソン爆弾テロ事件についての映画。描写がリアリスティックで見てる側が常にその現場にいるような作りで常に緊張感があった。関わったすべての人の人生を狂わせてしまうテロ。しかしその憎しみに共に信念と愛をもって立ち向かったボストンの人々、ボストンの街に涙が止まらなかった。これだからこの街を愛すことがやめられない。
mai

maiの感想・評価

3.7
面白かったと表現していいものか迷いますが
いい映画でした。

2003年ボストンマラソン爆弾テロ事件を基にした実話です。
最近そこら中でテロが勃発してる世界
私には画面上の出来事でもそれが日々どこかで起こったり行われようとしてるんだから怖い
人々が団結し、それぞれの役割を果たし愛を持ってテロを解決に導く映画でした

亡くなった人達のためにも全力で犯人逮捕に尽力する
ボストン警察、FBI、地元警官、州知事
とてもとてもカッコよくて
サンボマスターの歌が聞こえてきたよね(笑)

涙の中にかすかな灯りがともったら
君の目の前であたためてた事話すのさ
それでも僕等の声が乾いてゆくだけなら
朝が来るまでせめて誰かと歌いたいんだ

昨日のあなたが偽だと言うなら
昨日の景色を捨てちまうだけだ

新しい日々をつなぐのは 新しい君と僕なのさ
僕等なぜか確かめ合う 世界じゃそれ愛と呼ぶんだぜ

心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは
君と僕が声を合わす
今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだ
J

Jの感想・評価

5.0
公開日に観賞。
今年2番目におもしろかった。
てか最高傑作。
今年Wバーグ2作目。
両方すごくおもしろかった。
今回は、アクション、ドラマ、サスペンス
全ての要素があり、どれも中途半端にならずに完璧に描けていたと思う。
150分でも長く感じなかった。
見応えのある作品。
マークかっこよすぎた
なおみ

なおみの感想・評価

4.0
2013年、ボストンマラソンで起きた爆破テロの実話。事件の顛末だけを描いた作品じゃなかった…。「憎悪」が原因で起きた事件が生んだのは大きな「愛」という強さ。犯人逮捕で終わらない本作が行き着くところを見逃さないでほしい!そしてキャッチコピー、間違いないな。
Arena

Arenaの感想・評価

3.8
テロリストについて改めて再考させられる。

被害にあった人々の日常も僅かながらも描かれているだけに、痛ましさが増す。
そして、テロは決して他人事ではないのだと。

終わりには被害に遭われた方のインタビューが織り込まれている。

このレビューはネタバレを含みます

スピーディーで大迫力。
2時間超えだけど飽きる暇もないままスクリーンに釘付けだった。
私の大好きな俳優たちが本当にぴったりなキャスティングで登場するから尚のこと楽しめた気もする。
とりあえずJKシモンズ先生は神。

実話ベースなのもあって、どれが実際の映像なので、どれがつくりものなのか本当に分からないくらいよく作られていたし、
CCTVだったりメディア報道だったりいろんな種類の映像が差し込まれるから臨場感とそこから来る緊迫感もすごい。

ラストがかなりポジティブなメッセージ性のある終わり方だったのが印象的。
愛がテロに打ち勝つ、B Strong (Boston Strong)のフレーズはたしかにぐっときたけど、
実際の被害者たちがそこにたどり着くまでの葛藤や憎しみがあまり描かれていないぶん、少し綺麗事のように聞こえたのも正直な感想。
でもこうやって乗り越えていくボストン市民の強さはすごいなーと。

てか、住宅街でどっかんどっかん銃撃戦始まるの本当怖いわ。
こういう映画を観た時 いつも思うけど、これが日本だったら、こんなにサクサク事態が進むのだろうか?
映画そのものは、普通に良かったが、ラストに 被害に遭った ご本人が出てこられた時、あまりの強さに泣きそうになった。
Nana

Nanaの感想・評価

3.7
とてもリアルな映画です。
テロのシーンや、人々が亡くなるシーンは涙が出ました。
後半はちと銃撃戦やりすぎた感じ。
でも最後は国の結束力が感じられる他、短いですが実際にこの事件に関わった人のお話も出てきます。
被害者の方が出ているシーンは本当に胸が痛みます。