パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 187ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

スピーディーで大迫力。
2時間超えだけど飽きる暇もないままスクリーンに釘付けだった。
私の大好きな俳優たちが本当にぴったりなキャスティングで登場するから尚のこと楽しめた気もする。
とりあえずJKシモンズ先生は神。

実話ベースなのもあって、どれが実際の映像なので、どれがつくりものなのか本当に分からないくらいよく作られていたし、
CCTVだったりメディア報道だったりいろんな種類の映像が差し込まれるから臨場感とそこから来る緊迫感もすごい。

ラストがかなりポジティブなメッセージ性のある終わり方だったのが印象的。
愛がテロに打ち勝つ、B Strong (Boston Strong)のフレーズはたしかにぐっときたけど、
実際の被害者たちがそこにたどり着くまでの葛藤や憎しみがあまり描かれていないぶん、少し綺麗事のように聞こえたのも正直な感想。
でもこうやって乗り越えていくボストン市民の強さはすごいなーと。

てか、住宅街でどっかんどっかん銃撃戦始まるの本当怖いわ。
こういう映画を観た時 いつも思うけど、これが日本だったら、こんなにサクサク事態が進むのだろうか?
映画そのものは、普通に良かったが、ラストに 被害に遭った ご本人が出てこられた時、あまりの強さに泣きそうになった。
Nana

Nanaの感想・評価

3.7
とてもリアルな映画です。
テロのシーンや、人々が亡くなるシーンは涙が出ました。
後半はちと銃撃戦やりすぎた感じ。
でも最後は国の結束力が感じられる他、短いですが実際にこの事件に関わった人のお話も出てきます。
被害者の方が出ているシーンは本当に胸が痛みます。
作品を通してボストンが1つになっていくという結束力を感じた。

ラストの本人インタビューなどは起こったことが現実だということを突きつけられたけれど、レッドソックスのくだりはボストンの強さを感じた。

映像としては、1人目逮捕の時の爆弾やら銃撃戦のシーンはバンバンやりすぎて見にくかった。
わたる

わたるの感想・評価

5.0
今まで見た実話の中で1番心を痛めた。

日本でも割とニュースになっていたけど、ここまでの話だとは思っていなかった。。

事件後からずっと「これでもか!」って言いたくなるぐらい残酷で薄暗いシーンの中で常に緊張感をもたせて、、全体的に心がずっと痛かった。

逆に言えば、ここまで視聴者に徹底的に訴えかけようとしていた映画も初めてかな。

とにかく見終わった後に涙が出ました。心が痛くて同情する意味でもあるし、負けずに希望を見出してる彼らの最後の姿には教えられるものもあった。
とにかく本当に見終わった後に何とも言えないダークな感情が湧き出てショッキングというか、、言葉では表現できない(^-^;語彙力の問題か。。

こういうの見てるとアメリカの捜査能力はレベル高い。日本大丈夫か?
共謀罪とかいう名前を立てて文句言ってて、個人情報がどうやらこうやら言ってる日本って平和すぎて、何か忘れていないだろうか。

とにかくこの映画は忘れられない作品となりました。

このレビューはネタバレを含みます

 ボストンマラソンでの爆破事件をアメリカサイドから見た話。

 事件に関わった人たち。警官、政治家、被害者、容疑者を全く関わりのない日常を同時進行で描いていく日常に始まり、事件が起こって解決に至るまでを描いていて、事件の詳しいことを知らないで見たので、ド派手な銃撃戦をしていたり、倉庫をまるごと借りきって、事件現場を再現したり、監視カメラをひたすら見つめて怪しい人物を探したりと。当時の人たちの動きが知ることができて興味深く見ることのできる130分でした。

 ただ2016年に見られる映画としては犯人の動機の部分はほとんど描かれずに、事故を描くのは少し残念で。そりゃ爆破事件が起こって、その場にいた人たちの対応を見れば、当然美談になるわけで、警察官や被害者の勇気には尊敬できるし、犯人は憎むべきという気持ちになりますが。当然の結果だけなので、面白さはなかったです。なぜこのような行動を犯人がしたのかを描かないといま描く意味みたいなものは感じられなかったです。テロには屈しない人たちがいるのに、その後も世界中でテロはなぜ起こるのだろう? と見ていて疑問のまま微妙な気持ちでした。

 事件の捜査も動き始めるのは、通報によってだけなので犯人を追いかける捜査ものとしての面白さもなかったです。犯人が自滅していくだけで、しかも無計画にバンバン銃を撃つサイコパスな描かれ方もつまらなかったです。もっと点を線にしていく地道な捜査やハイテクな捜査とかをエンタメとして見たかったです。

 それに最後に出てくる事件のご本人登場も興ざめで、「愛は地球を救う」的な日本テレビの24時間テレビのVTRを見ているかのような気持ちになりました。そういうのを映画として見せて言わなくてもわからせてほしかったです。一気に説明的説教的になりました。

 とはいえ、ケビン・ベーコン、ジョン・グッドマン、JKシモンズと通好みのおじさん俳優が出ていて彼らを見られるだけで満足な1本でした。
 
おかだ

おかだの感想・評価

3.5
テロで愛がより深まった!!??
考え方の違いかな。。実話難しい!元の事件しっかり調べます
映画としては緊張感もあって良い
Nakaguchi

Nakaguchiの感想・評価

4.5
テロの恐ろしさがよく分かる映画でした
ただシリアなどではこういうことでたくさんの人が亡くなっている。
meran

meranの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

ピーター・バーグ監督の映画です^ ^

『ローン・サバイバー』が凄かったので観て来ました!

最近外国で頻繁の起きるテロ事件恐ろしいですね(^^;

2013年のボストンマラソンで起きたテロ事件の映画化です。

犯人はチェチェン系の移民の兄弟2人。

兄はボクシングをしていたが市民権がないから出場出来ないと言うのがあってボクシングを諦め言葉も上手く話せず引きこもり状態だったのを周りに勧められイスラム教に。

弟は秀才でアメリカにもかなり馴染んでいたようです。

特にテロ組織との繋がりもなく単独で犯行に及んだみたいです(^^;

爆破された時の状況が生々しい(^^;

足吹っ飛んでる人も(^^;

病院に運ばれて手術を受け足切断された人も(^^;

亡くなった人も(^^;

その反面FBIの捜査も早い!

防犯カメラと付近居た人のスマホ全てチェックして1人だけ他の観客と違う所を見てる人に気付き犯人と特定(^^;

観ててえっ?とか思ってるとその通りだったから凄い!

計画性の無い犯人の逃亡劇には言葉が出ない(^^;

車を盗む為に停車してた車に乗り込み持ち主を同乗させそのまま買い物してる時に持ち主が逃げ出したシーンは息が止まるほどの緊張感(^^;

驚きはその持ち主も中国からの移民だけど犯人とはまるで違いアメリカに馴染もうと必死に努力するタイプだったらしいが殺されずにすんで何より^ ^

そしてあの住宅街での拳銃、マシンガン、爆弾を使った銃撃戦は圧倒される(^^;

日本ではありえない(^^;

ラスト色んな人のインタビューが流れ泣ける。

この映画テロ事件で死亡者も出てるので心境的には感動もするから複雑で衝撃的でした。
kinishiki

kinishikiの感想・評価

4.0
実録物としてのドキュメンタリー性と犯罪サスペンスとしてのエンタメ性の両立が素晴らしい。

まず序盤に映画に関わる主要な人物、警官、犯人、被害者、キーマン、彼らの日常をフラットに描いてて、そこから物語が進むに連れてその人物たちが事件に絡んでくる構成が見事。終盤に出てくる人たちも最初に出てくるから、段々とピースがはめられていく感覚がとても気持ち良い。

そうすることで、ある日突然起きたこと、というのが表現されているし、だからこそ、爆発するその瞬間にとてつもない緊張感が生まれる。

ハラハラドキドキの追走劇は、本当にノンフィクションなのか?と思うほど、映画的だし、かと思えばラスト「ハドソン川の奇跡」以上に差し込まれるインタビュー映像は改めて、この世界に起きたことだと確認させられる。

また「ハドソン川の奇跡」ではNY市民が描かれたように、今作ではボストン市民の団結力、街の結束力、愛、みたいなものが描かれていて、犯罪に勝つのはそういった力というメッセージがシンプルに感動した。

時々差し込まれる、ビデオカメラのショットや監視カメラの映像が、おそらく当時のものと新しく撮ったものとごっちゃになることで、生々しさを演出されていた。

このピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグのもうひとつの実録物、「バーニングオーシャン」も是非観たい。