パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 187ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

kotoringo

kotoringoの感想・評価

4.2
Filmarks試写会にて鑑賞。
ボストンマラソンでの爆破事件と犯人逮捕のニュースは目にしていたものの、詳細は記憶に残っていませんでした。
本作は爆破事件の前日から犯人逮捕までの約1週間を描いた群像劇です。

理不尽な暴力で突然、ある人は命を奪われ、ある人は脚を失い、大勢が平穏な日常を奪われ、恐怖と怒りにさらされる…
その恐ろしさに、号泣とは違うのですが、ぽろぽろと涙が止まりませんでした。

マーク・ウォールバーグ以外の主要登場人物は実在の人物で、エンディングに登場するのですが、皆結構似ています。
途中までは「この人は本筋に関係あるのかな?市民代表として入れてるだけ?」と思うキャラクターもいたのですが、結末に向かってすべてが回収されていく様は、いい意味でゾワッとしました。
ジェイク・ギレンホール主演で被害者視点の映画(原題:Stronger)も公開されるようなので、ぜひそちらも観てみたいと思います。

試写会の翌朝にマンチェスターの爆破事件で19人死亡のニュースを目にして、絶望的な気持ちです…
マンチェスターもボストンのように再起できることを、ただただ祈るばかりです。
りんこ

りんこの感想・評価

4.0
フィルマークスさんのおかけで早く鑑賞できました!

テロをやる人の考えについて考えました。誤った認識で宗教をとらえている。イスラム教は平和の教えと思いたい。

アメリカで勉強させてもらっているのに、恩を仇で返す。

アメリカの被害者達の、その後が出てその姿に感動しました!
unubore

unuboreの感想・評価

4.5
filmarks試写会に当たったので観てきました!こぢんまりとした凄く綺麗でオシャレな試写室でした

「ローンサバイバー」「バーニングオーシャン」に続き3度目のピーターバーグ監督とマークウォールバーグ主演による実話に基づく作品
今回は2013年ボストンの爆破テロ事件が題材なので前二作より事件現場の素材映像や写真が多くある為か、当時の本物の映像が所々に使われていたり臨場感を更に追求した作風になっていて
ドラマとリアルが上手く混ざり合った展開にグイグイ惹き込まれました。

バーニングオーシャンの大迫力を観た後なので映像的な派手さには期待値低かったけど後半にもしっかりと迫力のある見せ場もあり、ドキュメンタリー要素の強いドラマ性の中にもピーターバーグお得意の映画的なこだわりのアクションもあったり、どちらの視点から観ても非常にスリリングで完成度の高さを感じる内容で大満足でした

と昨晩の感想を綴っていたらマンチェスターのコンサート会場で多数死者の出たテロ事件が発生
タイムリー過ぎて正直動揺しています
この映画と同じ様にネットやマスコミの情報では伝えられていない緊迫した捜査が裏で行われているだろうし、被害にあった人達の事を思うと凄く胸が痛む。 今、世界各地で起きている無差別テロ事件は決して宗教的信仰心や崇高なイデオロギーとかでは無く、不良がスプレーで壁に落書きする様な単純な反社会的動機にしか思えない行為に感じる。この悲劇が繰り返されないにはどうしたら良いのか、、日本でも近い未来同じことが起こりえるかも知れないし
決して他人事では無いと強く感じました
公開したらまた再鑑賞してみようと思います
マーク・ウォールバーグらしさが光る秀作。コミカルなトークやシリアスな演技、実に脂が乗っている。
実話に基づいた作品なので結末は分かっていても、ハンドカメラによる臨場感もあり、最後まで緊迫感が止まらない。2時間強これが続くのだから、観終わった後肩がこってしまったほど。
実際の映像やインタビューも最後に入っており、ドキュメンタリータッチにも仕上がっている。また、実在の人物を実名のまま配役されているが、特徴を押さえてよく姿格好が似ているなと思った。なので、スーパーヒーローもいなければ、ヒロインもいないし、悪の組織も出てこない。本人役しか出てこないが、実は、唯一実在しないのが、マーク・ウォールバーグが演じるトミー・サンダース。だが、完全ノンフィクションじゃないことで、よりストーリーに深みや、市民が結束し共に前進する姿が際立っている。

最後にオルティーズ選手がスピーチするワンシーンがあるが、MLBを知らない人には少し説明不足かと。
この後、前年地区最下位だったレッドソークス(敢えて)が地区優勝、ア・リーグ優勝、そしてワールドシリーズ優勝まで成し遂げたのだから、どれだけ「Boston Strong」という言葉が浸透し、ハートが強かったが伺える良いシーンなだけに少し残念だ。
kuwa

kuwaの感想・評価

3.8
ピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグのバーグコンビの最新作。

衝撃シーンやシリアスシーンは実際の映像を織り交ぜていてもちろん良かったのですが、なにより劇中の要所要所にある映画スタッフとボストン市民の「愛」を感じるシーンに心打たれました。
とても素敵な映画でした。

余談ですが、Filmarks試写会の座席がフカフカで気持ちよかったです(笑)
shoh323RA

shoh323RAの感想・評価

4.0
2013年に起きたボストンマラソン爆破テロ事件を題材にした作品。

実際の経過をリアルに描くためか、ドラマ性は弱い。
しかし警察関係者のみならず、事件に様々な形で関わる一般市民の視点をも用いた群像劇スタイルがとられていることによって、また近年のピーター・バーグ作品特有の手持ち撮影、かつペースの速い編集で描かれており、臨場感と没入感に溢れていた。
そのため、事件性だけで133分をノンストップで描ききっており、長さをまったく感じなかった。
ただ一部、実際の映像を用いている部分が見辛く、個人的に陳腐な演出に思えてしまったのだが…
またトレント・レズナー&アッティカス・ロスにおけるSTが、テンポの速いショット、視点の切替における連続性に一貫性を感じさせ、違和感なく展開についていけた。
そして同監督作品『バトルシップ』でも驚かされた、精密な音響効果が本作でもさも当たり前のように施されており、STとのバランスが工夫されたミックスが、上記没入感を与えることに一役買っていたと思う。時折ぜひ耳を傾けるべし!
どういったドラマ性を用いて、映画化するのか期待していた分、拍子抜けだったが、一方で釘付けだったのも事実であり、大変満足だった。
映画は事件を描くだけで成立するのか否か、また映画とは何なのかよく分からなくなってしまった。


っと、昨晩の試写会鑑賞から遅くなってこのレビューを書いていた矢先、マンチェスター・アリーナでの爆破テロの速報を今知った。
まだ何も確かな情報が報道されてないので、何も分からないが、同時に今まさに、報道では描かれない捜査が続けられているのだと、本作の影響で色々と想像せずにはいられない。
凡庸な意見でしかないが、改めて今観るべき作品だと確信できたし、強くお勧めしたい。
とえ

とえの感想・評価

4.5
2013年4月の愛国者の日にボストンで行なわれたボストンマラソン
そこで起きた爆弾テロ事件の実話を映画化。

善人の愛が悪を倒す
「愛国者の日」の出来事にふさわしく、ボストンを愛する市民が一丸となって爆弾魔と対決していく姿を描く

それは、天気のいい4月の祭日
市民たちにとって楽しいマラソンの日になるはずが、死傷者を多数出す最悪の一日となってしまう

テロリストの逮捕劇は想像以上に壮絶で、市民の悲しみは深い

しかし、その悲しみに立ち向かい共に助け合う姿がに深く感動し、ラストは涙、涙。

監督と主演は「バーニング・オーシャン」コンビのピーター・バーグとマーク・ウォルバーグ。
「バーニング・オーシャン」以上に感動して泣ける作品になっているので、ぜひ観て欲しい作品
summer

summerの感想・評価

3.8
爆弾テロの事は勿論知っていましたが、犯人逮捕に映画の様な現実が有った事に驚きました。
そして被害者の方や市民の皆さんの強さに希望が見えました!
今更だけど亡くなられた方々のご冥福を祈ります。

このレビューはネタバレを含みます

ボストン・マラソン時に起こったテロ事件の詳細を
ドキュメンタリータッチで撮った群像劇・・・。
爆発現場にいた警官をメインに、
地元警察、FBI,現場に居たがために、
亡くなった人、けがを負った大勢の人の様子が、
手に汗握るような緊迫感だった。
まるでその場にいるような臨場感を味わった。
この映画での見どころです!

事件発生から4日間で、犯人特定&逮捕と、
スピード解決となった事件ではあるが、
ホームグロウン・テロリストという言葉をこの事件で知ったように思う。
なぜそういう事件を起こすのか、という根本の原因を
もっと深く掘り下げて、知りたかったなぁという気持ちが強い。
テロリストの妻の思考も、よくわからないまま。
颯爽と滑り込んだ捜査官の尋問って、こんなに甘いくて、いいの?

パトリオット・デイとは愛国者の日、
警察への敬意のしかたなど、アメリカ万歳の志向が強い。
もちろんボストン市民の、事件への想いは共感できるけど。
アメリカ人ではない日本人の目には、そう写った。

ドンバチを上手に撮る、アクションが得意な監督ではあるが、
愛さえあれば、すべてを克服できる、
というセリフはちょっと陳腐で、残念でした。
だって、ヒッピーやフラワーチルドレンの理想なんて、
幻想だったんじゃん!!
この世は、勧善懲悪で解決できる世界ではないし・・・。

この事件、爆破はしたけど、致命的でもなく、
シロウトの浅知恵と、いきあたりばったりの逃走で、
稚拙な計画だったから、解決できたようなものの、
本当にプロの手になるものなら、
結果重大で、そういう犯罪の芽を摘み取ることこそが、
最大の防御であり、
テロリストの心情・信条を知ることが肝要なのでは・・・?
と思わせる映画ではありました。
ボストンマラソン爆弾テロ事件の「犯人特定から逮捕までの102時間」という、その速さに興味を持って観ました。ストーリーとしては少し地味な感じがしたのは、なるべく事実に忠実にしたからなのかもしれませんが、犯人逮捕までの経過がよくわかりました。
犯人逮捕にかかわった警察官たち、団結したボストン市民たちに拍手!
爆発テロ事件で被害者となった人たちの前向きなコメントに感動!