パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 199ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

この映画の緊張感尋常じゃなかった。ズシリと重みがのし掛かってくる!

ボストンマラソンの爆発・犯人が兄弟だった事。
事件の始まりと終わりだけは知ってはいたけども犯人逮捕劇がこんなに壮絶なモノだとは思ってもなかった。
勿論脚色はされているのだろうけど逮捕劇だけでなく、人質となった者、被害者、犯人の逃走劇に至るまでに張り巡らせた圧倒的な緊張感に精神を削られる…

エンターテイメントとしての側面から言うと、犯人捜しの展開、ボストン警察・FBIのやり取り、人質の恐怖、突然始まる犯人とのあり得ないレベルの銃撃戦、あらゆるエピソードに無駄なく配分されたエンターテイメント演出はとても素晴らしい!

作風は全然違うんだけど『パトリオット・デイ』の骨太さに『ザ・タウン』や『トリプル9』がよぎった。

冒頭からの静の展開
何気ない1日の始まりを何気なくピースフルに描く冒頭はとても心穏やかには観られなかった…だって平和な日常が一瞬にして地獄へ変わるあの瞬間が来るのが分かってる訳だから…。この辺りの緩急の付け方も上手い!

テロ自体が怖いのはもちろんなんだけど個人的に一番怖いと感じたのが
犯人の嫁さんが牛乳の銘柄が違うだけで子供が体調崩したらどうするって心配してる反面、爆弾を使って平気で人の命を奪えてしまうその感覚。命のバランス感覚のあまりのズレにゾッとした。

観終えてみて、憎しみに勝てるのは愛が響く。
yakiniku

yakinikuの感想・評価

3.8
それぞれの人がそれぞれの場所で出来ることを最大限やる系ムービー。好きです。
現場保存のためなかなか収容されない男の子の遺体をずっと横で警備する警官。ちょっとしか映らないのに印象深い。
あまりの緊迫感は胃がムカムカしたほど。トレント・レズナーの不安感を煽るサントラも安定した仕事ぶりでした。マニーのくだりはもうほんとにメチャメチャ応援してた。
そうそう、ボストンといえばドロップキック・マーフィーズだなぁとぼんやり思っていたら、本当にエンドロールで掛かったのも嬉しかったな。
ごてふ

ごてふの感想・評価

3.3
ユナイテッドとしまえんにて。9:20の初回。ボストンマラソン爆破テロ事件に材を取った洋画に中高年層4割程度の入り。米国お得意の実録アクション大作。題名まんま愛国心を鼓舞する内容。見どころはハイテク機器(特に映像処理)を駆使した科学捜査とFBI・警察関係者の執念。被害にあった市井の人々の受難と再生。邦家も一応は欧米諸国と親密国であるからテロ赦すまじの内容に同調せざるを得ないが、もう少し犯人兄弟の動機や背景を描いても良いのではないか。美人未亡人と中東系尋問者のシーンに最も緊張した。愛国心も行き過ぎると鼻白む。
yumi

yumiの感想・評価

4.0
ボストンマラソンのお話だと全く知らず、マークウォールバーグ主演ということで見始めてびっくりした。
どうしても実話が題材だと盛り上がりに欠ける、ということはなく、それどころか非常に濃密な2時間でした。
冒頭に流れるそれぞれの平凡で幸せな日常、そこから一気に緊迫したストーリーへ展開し、目を覆いたくなるシーンととてもしんどいシーンに繋がります。

犯人逮捕までの警察、FBIの必死の捜査、そこにいたそれぞれの人たちの姿に、テロという身勝手極まりない行為に怒りややりきれない気持ちとそれを乗り越えようとする深い思いに胸を打たれました。

一番心にズシンと響いたのは被害者の8才の少年の傍に立っていたセリフもない警官の姿、表情でした。

中国人の彼が本当にすごい。
最悪の悲劇の裏で勇敢に闘った者たちと失った者たちの物語。

実話だからこそ生み出せる臨場感や、恐怖、そして感動。本当にその場にいたような気になり、かなりの恐怖を味わいました。
生々しく映り出される被害者たちの光景には目を背けたくなった…。

被害者の無念や怒りは計り知れないに違いない……しかし、彼らや街は一丸となって最後まで希望を捨てず恐怖と闘い続けた。

「愛は悪を倒す。愛はどんな時でも消えることはない。」

我々はこの悪夢を胸に刻み、忘れてはならない。


マークウォール・バーグを筆頭に、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、JKシモンズと豪華キャストの素晴らしい演技も加わり、素晴らしい作品となった。

多くに人に知ってもらい語り継がれて欲しい作品。
TwoORion

TwoORionの感想・評価

5.0
事実に基いた話
いつも通りの幸せな日々
マラソンイベントから事件が始まる
誰も予想もつかない事がこくこくと近づき
最後まで目が離せなかった
悲しみ 苛立ち 焦り 恐怖が色んな感情が伝わってくる
本当の映像も入れていて
残酷な光景がとても辛かった

今年で最高の感動作品!
泣けるので是非!
BB

BBの感想・評価

3.8
今観るべき作品
世界からテロがなくなることを
切に願わずにはいられない
2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件の映画化。最近の実話がベースだけにリアルで緻密でサスペンスフル。そして感動的。

だが、「悪に打ち勝つのは愛である!」という被害者側の真理は、(その背後にテロ組織の存在は無かったとはいえ)テロリスト側にだって当てはまるんじゃ無いか?彼らだってそう信じてるんじゃないか?そっちは描かなくて良いのか?という思いは終始消えなかった。

だが、だが、もし自分がボストン市民だったら、あるいはアメリカ人だったら、この映画の内容に深く納得して大泣きして「悪に打ち勝つのは愛だ〜!」と叫ぶに違いない、という思いも消えることはなかった。
内容が内容やし今回はスコアつけるのやめるかなぁ...と思いましたが、完全なドキュメンタリーってわけでもないし逃げの☆5にするか...とエンドロールを眺めながら考えました。なので、スコアは特に意味なしです。

ボストンマラソン大会の爆弾テロの映像をニュースで見た時の衝撃は今でも覚えています。でも「そういえばこの事件が結局どうなったか知らんなぁ」と思ったので観に行きました。

事件発生から犯人逮捕までの102時間を描いている内容でドキュメンタリーっぽくてとてもリアルで熱い映画でした。

マラソン大会のシーンはパニックや悲惨な状況がとてもリアルでずっと鳥肌が立ってました。運良く怪我がなくてもあの状況を見てしまった人たちも被害者だよなぁ...と思うとなんとも言えない気持ちです。
本物であろう監視カメラの映像もちょこちょこ入れられていて、より一層大きな被害がでたテロ事件だという事を感じさせられました。

終盤の車の荷台にもたれてマークが語るシーンは、前向きなメッセージに自然に泣けてきました。この映画を観て良かった、と思えました。


運転する時は「もしかしたら今日事故にあうかもしれない」と思ってますが、事件に巻き込まれる事はないだろ...と思ってました。ニュースでテロ事件など見ても、どこか遠い国での出来事だと思ってしまっている部分もありましたが、でも何が起こるか分からないと思ってないとダメですね...。

ボストンよ、強くあれ。
hiro0627

hiro0627の感想・評価

4.4
9.11以降では史上最悪の極めて危険なテロだった。

ゼロダークサーティもそうだったけど、映画だとは思えない様なクオリティ。

本当にこんな事があったのかと思うと、感慨深く、言葉に出来ない感情が込み上げてくる。

また、彼らも神の名の下でやってくるのがまた更に感慨深い。

大韓航空爆破事件のキムヒョンヒも、実際韓国にきてみて、北朝鮮で教えられてきた韓国とはあまりにも違いすぎた。って聞いた事があるけど
その環境下で育ってきたら、善悪もモノの見方も、全て世界平等にみるなんて不可能。

ラストは少し大げさに語っていたが、アメリカとは案外そういう国で、大げさでも何でも無く、本当にそれが素直な意見なのかもしれない。

日本のオリンピックもあんな恐怖に包まれると思うと、恐ろしくて行くのが怖すぎてしまう。

この作品は、とにかく音楽がよかった。
アンビエントで、パイプオルガンも随所に良い雰囲気を出して、非常に良かった。

サントラチェックですな。