パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 199ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

netfilms

netfilmsの感想・評価

3.6
 2013年4月15日(月)愛国者の日、ボストンでは毎年4月の第3月曜日には独立戦争でのレキシントン・コンコードでの勝利を祝し、「パトリオット・デイ(愛国者の日)」に定められている。この日はメジャー・リーグのボストン・レッド・ソックスが本拠地フェンウェイパークで試合を行い、100年以上の歴史を誇るボストン・マラソンが開催されるボストン市民にとって最大の祭りの日に違いない。沿道をびっしりと埋め尽くした50万人もの観客、3万人ものランナーがスタート地点で待つ中、普段は殺人課勤務のボストン警察巡査部長トミー・サンダース(マーク・ウォールバーグ)もゴール地点の交通誘導を任されていた。だが膝の痛みに堪え兼ね、妻キャロル(ミシェル・モナハン)にサポーターを持ってくるよう頼む。主演:マーク・ウォールバーグ×監督:ピーター・バーグの実録シリーズ第三弾。『ローン・サバイバー』ではネイビー・シールズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦を、『バーニング・オーシャン』ではメキシコ湾原油流出事故を題材に描いて来たが、今作では2013年に起きた記憶に新しいボストンマラソン爆弾テロ事件を描く。2001年9.11.の悲劇からおよそ一回り、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学 (MIT)など世界に誇る有名校を要するボストンはニューヨークとは違い、比較的安全な街として知られていた。

 2013年4月15日(月)午後2時50分頃、ボイルストン通りのゴール付近の二箇所で爆発があるまでの数時間を、映画は克明に記録する。今作はあの痛ましい事故から3年後のボストン・マラソンの現場で同じように撮影された。撮影監督であるトビアス・シュリッスラーは固定・手持ちカメラ、ヘリによる空撮など幾つかの視点を擁しながら、中継カメラや防犯カメラの視点も盛り込むことで恐るべき臨場感を上げている。ボストンマラソン爆弾テロ事件と言えば我々は真っ先に爆風にランナーたちが前のめりに倒れた当時のニュース映像が思い出されるが、アメリカ人のトラウマとなる光景に徐々に向かう前半部分の重苦しさは近年でもあまり例がない。デヴィッド・フィンチャー作品でもお馴染みのNine Inch Nailsのトレント・レズナーの不協和音も不穏さを駆り立てる。生の映像以上に、時折効果的に挿入される防犯カメラの映像の不気味な質感は、師匠であるマイケル・マンの力業の映像美に肉薄する。前作『バーニング・オーシャン』においても、マーク・ウォールバーグに絡むアンサンブルにジミー・ハレル(カート・ラッセル)とドナルド・ヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)という名だたる名優を配し、演者を見極める元俳優としての独特の才覚を見せつけたピーター・バーグだが、今作でもマーク・ウォールバーグを巡るトライアングルにボストン警察警視総監エド・デイヴィス(ジョン・グッドマン)とFBI特別捜査官リック・デローリエ(ケヴィン・ベーコン)のトライアングルが見事なアンサンブルを見せつける。

 オマケに後半、あっと驚く活躍ぶりを見せつけるウォータータウン警察巡査部長ジェフ・ピュジリーズ(J・K・シモンズ)を配した男優陣の怒涛のラインナップは、このメンバーでつまらない映画が出来るはずがないと断言するアメリカ映画好きの斜め上を行く。ケヴィン・ベーコンの組織人としての冷たさ、それに対し、常に主人公に厳しくも温かい視線を投げ掛けるエド・デイヴィス役のジョン・グッドマンのルックスが本人そっくりで驚く 笑。映画は3人の警察官を統合したトミー・サンダースという架空の人物を主軸に、脇に配する役者たちはそれぞれ実在の人物という歪な構成を経て、クライマックスへと向かうのだが、ただ一つの問題は、容疑者となった兄弟がなぜ、テロ行為に走ったかの不明瞭さに尽きる。事に及ぶまでの兄弟はいわゆる「イスラム原理主義」的な過激思想の病巣を垣間見せるものの、中盤以降、国家反逆者としての逃走に夢中になるあまり、何故彼らのようなアメリカ社会の底辺に巣食うイスラム系移民が、「ホーム・グロウン・テロリスト」になり、「ローン・ウルフ」となって行くのかがイマイチ判然としない。133分に及ぶ物語は、登場人物たちに起きた出来事だけをただただ余裕なく縦軸上に羅列したことで、ことを俯瞰して眺めるだけの余裕や機微をほとんど備えていない。今作はアメリカ側から観れば最高の美談だが、イスラム原理主義やイスラム教徒の立場から観れば捏造された嘘っぱちの物語に違いないはずだ。ボストンでは確かに8歳の少年の命も犠牲になったはずだが、中東では何千人もの子供たちが犠牲になった。その歪さの中にこそ、アメリカ国家とイスラム社会の軋轢の根幹はあるはずだが、残念ながら今作はアメリカ的に心地良い美談に興じるあまり、一向に政治のリアリティに関心が向いていない。
saki

sakiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

友達に誘われ、映画館で鑑賞。

端々に当時の実際の映像が差し込まれていたり、終盤ではモデルとなった被害者や警察官のインタビューがあったり。
あぁ、本当にあった出来事なんだとはっとする。とてもリアル。
なんとなく頭の片隅に残っていたテロ事件ではあるけれど、、こんなにもたいへんな出来事だったのか...と。
主人公だけでなく、事件解決の糸口を手繰りよせようとした誰もが英雄だった。

激しい銃撃戦のシーンでは
もう、こんなことしても誰も幸せにならないよ!!と叫びたくなった。

どんなに恨みがあっても、神様仏様への忠誠心があっても。どんなに彼らなりの"正義"の行動だとしても。お願いだから、人を殺めようなんて考えないでほしい。

すごくリアルで、疲れる映画でした。でも、見て良かった。
Naoya

Naoyaの感想・評価

3.4
2013年4月15日、パトリオット・デイ(愛国者の日)に開催される歴史あるボストンマラソンの最中、観衆の賑わう中で凶悪な爆発テロ事件が発生。本作は犯人逮捕までの劇的な102時間を描いた、実話に基づく映画。現実を描いているからこその、〝あの瞬間〟までの緊張感の描き方は身の引き締まる雰囲気。そしてテロの瞬間が起きる。実際の監視カメラ映像も挿入されており、息を呑む瞬間と、絶望感が生々しく描かれ、心に響く内容。負の感情しか浮き出ないような悲惨な出来事ながらも、わずか102時間で犯人逮捕までの怒涛の展開は飽きさせない構成。警察やFBIだけでなく、紛れもなく一市民の力も加わり、犯人逮捕へと繋がった描写が丁寧に描かれており、タイトルに相応しい人物描写は素晴らしい。展開の主人公として、マーク・ウォールバーグ演じる刑事がいるが、様々な視点から事件を追えるので見ごたえがあり、その分感慨深い場面が多々あります。ストレートな正義、そして愛が素敵に描かれた、奇跡の物語。エンディングも実に良く、敬意を感じる。報道されなかった爆弾犯追跡の舞台裏を知る、リアリティある作品。
KZ

KZの感想・評価

3.9
上手く感情移入できるつくりがスゴイ。テロ許すまじ!という気持ちを最後にはしっかり落ち着かせてくれる。怒りでは決して解決しない問題。
ただ何を憎んだらあんなことが出来るのだろうか…

ガンファイトはやはり
「まじマーク・ウォールバーグ」でした!

2017 021
ポスターや予告からのイメージで、主人公の英雄譚を期待すると肩透かしを喰らう。

今作は一人の英雄譚では無く、テロに立ち向かった人達全員が主人公という作りになってる。

バーニングオーシャンでも見せた、事件が始まる前の日常描写を不穏な空気を醸しつつで面白く見せる手腕は流石。

バーニングオーシャンは事件発生後がイマイチだったけど、今回は事件性の違いか、事件発生後もちゃんと面白い。
STAR坊主

STAR坊主の感想・評価

4.0
ボストンマラソンの爆破テロの事件は知っていて、亡くなった人数も少なかったも知っていた。
しかし、鑑賞して多く負傷者のひとりひとりの人生が狂わされ身体は大変見てて痛ましい光景と苦痛で辛くなって恐怖すら感じた。
何気ない幸せな日常での出来事がこんなにも一瞬で悲惨な状況になるなんて、あのあと逃走してた容疑者との凄まじい撃ち合いと爆破シーンの状況は知らなかった。
テロで悲しく辛くも人々がテロに屈しない強さ、犯人を追っかける執念をもつ警察官やFBIや献身的に助ける人の優しさ思いやり愛が溢れてた。
当時の様子や経験した人の証言や今の気持ちを見たら涙が出てくる。

テロ行為は現在のニュースでもよく頻繁に流れてて、とても他人事には思えない。命を守るすべは難しいけれど愛を持って戦いと思う。
助け合いの誠心!

本当は争い事がなくなるのが1番……
(>_
KMD

KMDの感想・評価

4.0
どこまで脚色してるか分からんけど、自分がこの事件の顛末を何も知らなかったという事実が一番の衝撃。終始犯人にイライラ、よく出来てる。もっと観たいWバーグ、まじマーク・ウォルバーグ。
saya

sayaの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

実際に起きた事件のはなし。

途中差し込まれる監視カメラの映像は当時のものを使用してるようで、緊迫感がかなりあった

とりあえず爆弾犯と同級生だった3人‼︎
最後に捜査妨害か何かで逮捕されてたからよかったけど、爆弾作ってるの知っててよく平気でゲームしてたなー。
そういうもんなの?大麻バレたらやばいから通報しないとかあり得るの?
友達テロリストよ?
めずらしく日系人出てたから活躍してほしかっただけに残念。

人質に取られてた中国人の青年が逃走図るシーンは心臓ばくばく言ってた。
音楽担当がトレント レズナーで納得!
緊張感たっぷり。

ラストには実際の被害にあった方達も登場。

亡くなった警察官が自分と同じ年生まれだったり、わずか8歳で亡くなった子がいたり。
劇中ではこの子の遺体を動かすことができなくて、側で見守ってた警察官のおじさんがいたたまれなかったなぁ。

被害にあって、下肢切断になってしまった夫婦も最後に登場して、義足をつけてボストンマラソンに再チャレンジした映像も流れたんだけど号泣だった。

術中のシーン、あんなに秒単位でアンプタが決まるのか…って愕然としたし
それでもまたマラソンにチャレンジしてみようって思えるなんて本当に立派だなと。私だったらあの通りは2度とみたくないかもしれない。

犯人が捕まって、パトカーのまわりをみんなが囲んで喜んでたり
人間の底力のようなものを感じられた映画だったなー。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.8
タイトルからして "愛国"一直線な賛歌っぽい気がしてたんだけど 思ったよりもフラットな視点というかフェアだったなぁ
今のご時世じゃ 傾倒し過ぎんのもちょっと敬遠されちゃうからかもしれないけど…

やっぱこの監督 間口を広げながらも ギュッと緊張感と主張をピンポイントで伝えてくるのに長けてる気がする

テロリズム 人種差別問題 捜査組織の主導権と責任 そして被害者と加害者の心情まで 幅広く目まぐるしく点在させながらも そこに内包されている真実が出し惜しみなく描かれているから 見方によって凄く複雑で多面的なインパクトがあると思う

そう言った意味じゃ 宣伝文句通り "悲劇の中の希望"を映すのには 最も適した作品かもしれない
まぁ 悲劇の起きない世界が理想なんだろうけどさ…
防げないなら 何で立ち向かうのか
そんな答えを1つ提示してくれた映画だったなぁ
miki✴︎

miki✴︎の感想・評価

4.0
前半は目を覆いたくなるシーンが多く、後半は釘付けになった。
最後の感じはアメリカ感全開!