パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 207ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

YoArai

YoAraiの感想・評価

4.1
ラストのリアル映像、これまで観てきた映画史上1番泣いたね。
まじで、
おーみ

おーみの感想・評価

4.5
ハラハラ感、緊張感がヤバすぎる
見終わった今も動悸がとまらない

昼間にみた作品との対比で少し評価高めだけど、ノンフィクションの作品で事の顛末も知っている有名なテロ事件で、ここまでハラハラするとは!
当時の映像がうまいこと入ってくる事で作品全体にリアリティがあった

Patriots Day 愛国者の日に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件でテロに屈さず、愛国、いやむしろ愛"ボストン"で一致団結し勇敢に戦った人たち。一人ひとりに上手にスポットライトを当てていて、最後の実際の映像では涙が。

印象的だったのは、テロリストと対峙した人がみんなして言う、俺たちの街、私たちの街という言葉。なんか羨ましい表現ですね、言ってみたい
小一郎

小一郎の感想・評価

3.9
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を含めた一部始終を描いたドラマ。映画オリジナルのキャラクターをメインに、事件にかかわった複数の人の視点で描かれる。リアリティがあり、緊張感が最後まで続く。よくできた映画だと思うけど…。

率直にいって、とても恐ろしいと思う。爆発に巻き込まれ、3人が死亡し183人が負傷。少なくとも10人が手足の切断を余儀なくされたという。ただマラソンを観戦していただけなのに…。

住宅街で激しい銃撃戦を繰り広げ、爆弾が爆発し、警察官からは地下室に避難するよう言われる。犯人2人のうち1人が死亡、1人が逃走。屋内退避が指示され、交通機関、公共施設、会社、商業施設が機能を停止する。現実がフィクションを上回っている気がする。

この映画は、テロに屈しないボストン市民の強さを描くことが主たる目的なのだろう。「暴力には暴力」で戦うのではなく「暴力には愛の力」で対抗していこう、ということも言いたいことのようだ。

しかし、自分の国でこういことが起こったら「テロに屈しない」はともかく、「愛の力」でと大きく構えていられるだろうか。イスラム系移民の排斥や武力行使も止む無しと思うのが人情なのではないか。

この映画を観て自分が本当に知りたいことが何なのか気づいた。それは、こうしたテロが起きる原因。アメリカに限らず、欧米各国でテロが頻繁に起きているのは何故か。何故日本で起きないのか。

なんとなく想像するところはあるけれど、はっきりとはつかめていない。もし、想像した通りだとすれば、そう遠くない将来、日本もテロの対象になるかもしれない。

ボストン市民の勇気に感動するよりも、我が身が心配になる。本当に知りたいことは良くわからないけれど、問題意識を持たせてくれたという点において、私にとって意義の大きい映画。

●物語(50%×4.0):2.00
・緊張感の続くストーリー。テロの発生から解決までの一部始終が良くわかる。愛の件はちょっとなあ。

●演技、演出(30%×4.0):1.20
・単に捜査当局対テロリストになっていない群像劇風のつくりが良い。

●映像、音、音楽(20%×4.0):0.8
・テロ現場、被害にあった人のリアリティある映像が凄い。

●お好み減点:-0.1
・知りたいこと、テロの原因が良くわからない。
けん坊

けん坊の感想・評価

4.0
ボストンマラソンテロ事件…

爆発のことしか知らなかったけど、犯人逮捕までこんなにも凄惨で恐ろしい事があったとは…

いまのところ何不自由なく生きてる当たり前のようで奇跡的な現状に感謝しなきゃと思わされました…。
coda

codaの感想・評価

4.7
犯人の911テロの見解を聞いて、
もし本当に犯人がそう思ってるなら、
盲信て本当に怖いなと感じた。
爆発に巻き込まれた人達の後日談で、
人間の立ち上がる姿に感動する。
義足で走りきった話は特に感動した。
そこに国籍、宗教の壁なんてない。
序盤の何気ない日常シーンが、後におのおのに降り掛かる悲劇とは対照的に描かれており、テロが奪ったものの大きさを思い知った。ノンフィクション映画ということもあり、説明調になりがちな所で緊張感の走る場面が矢継ぎ早に描かれ、ストーリーが進むにつれて引き込まれって行った。

イスラムの人々に対する偏見を持つアメリカ人に対して復讐を行う、という犯行動機がなんとも物悲しい。実際には事実であったものの、警察や市民がイスラムの犯行と断定し非難しているという場面が当たり前のように描かれている点が気に入らなかった。しかし、日本人が中国や韓国に対して一般的に持つ全体的なイメージの様なものだと考えると少し納得がいった。

ただこういうテロの際に一致団結できるアメリカ人に対してたくましくも思い、また同時に羨ましいとも感じた。国を愛する、犯罪に決して屈しないという心は純粋に素晴らしいと思う。平和な日本では、他人に対して不干渉であってもどうとでもなる。

ラストシーンはそんなアメリカの良い所を凝縮したようなシーン。客席のみんながみんな泣いていた。ノンフィクション映画はやっぱり良い。
ピーター・バーグ監督による
スリリングかつ
感動の実録映画

マークウォルバーグの素晴らしい演技に釘付け

あらゆる事実をリアルにドラマチックに描く

マラソンでの爆発の瞬間のカオス
犯人との銃撃戦のカオス
とてもリアルで痺れた

邦画では絶対にない映画
みい

みいの感想・評価

-
物語が進んで行くにつれて、ドキュメンタリー映画を観ているような錯覚に陥るけど、そうではない事に引き戻されるような映画だった。

登場人物が交差していく過程がとても丁寧だと思った。

6月に鑑賞。
kwsk

kwskの感想・評価

4.7
テロに屈しないボストン市民、警察、FBIの勇姿に感極り、終盤は不覚にも映画で初めて泣いてしまった。

犯人追跡時はアルゴのようなハラハラ感やサスペンス要素もあり終始目が離せない。

テロがあった事は大々的に報じられていたが事件の収集までにこんなことがあったとは…
TOMMY

TOMMYの感想・評価

4.2
ニュースで見て、マラソン大会の会場で爆弾テロがあった、ということぐらいしか知りませんでしたが、さらに色々な事件が起こっていたんですね。
作られた映像なのか実写なのか区別がつかないほどリアルで緊迫した感じがすごいです。
テロの惨さを理解するためにも、多くの人々が観た方がいい作品だと思いました。泣きました。