パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 207ページ目

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

まさと

まさとの感想・評価

3.8
「ローン・サバイバー」、「バーニング・オーシャン」に続き3度目のマーク・ウォルバーグ&ピーター・バーグ監督のタッグでボストンマラソン爆破事件の実話。
「ローンサバイバー」には及ばないが、悲劇だけではなく希望も描いていて実名&実写のラストは涙。脇を固める俳優陣が豪華過ぎてびっくり。「愛」に勝てるものなど何もない。
アメリカらしい映画でした。
長い映画でしたが、ハラハラするところもたくさんあり、飽きずに見られました。
誰も自分の近くでテロが起こるとは思っていないし、誰が犠牲になるかは分からない。改めてテロなんてあってはならないことだと思いました。
始めはギクシャクしていた捜査の人たちが、一体となるのが気持ちいい。
マークウォールバーグの熱演、素敵でした。
個人的には、JKシモンズがカッコよかった。あと、ケビンベーコンもシブかったです。
さとー

さとーの感想・評価

3.9
普段、実際にあった出来事を映像化した作品というのは好んで観ないのですが。これは観入ってしまった…。

バーニングオーシャンといい、この監督は始めのクレジット画面に音声をいれるよね。個人的に好き。
バーグバーグwithベーコーーン!

画面から溢れるマッチョイズムを感じながら、爆発までの実話サスペンスもの→犯人をモンスターとして描くホラーもの→唐突に愛が語られるヒューマンものと転調していくから、ノリについていけない感じかなー。でもホラーになったときの、無人の街の空撮や車に乗った武装警官のシーンは、ほんの数年前にディストピアが実際にあったんだ!という感動で、いきなりにも関わらず、当然のようにピストル、爆弾、マシンガンが住宅地で大盤振る舞いされる銃撃戦はこれが現実にあったことか!という驚きで、アガったよ!
それにしてもなんで架空の人のマークウォルバーグを膝を痛めたっていう設定にしたんだろー?
2017年58本目の劇場鑑賞。
全米に衝撃が走った2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件を映画化した実録ドラマ。
事件は当時よくニュース番組で取り上げられていたので、
詳しくはないけど知っていました。
実話にしては早い映画化だと思いました。
マーク・ウォールバーグ演じた人物は実在しなくて、
3人の警官を合わせてひとりの警官として描かれたそうです。
1人目は爆発が起こったその場を仕切る警官。
2人目は犯行現場の再現に協力した警官。
3人目はジョハル・ツァルナエフをボートから引きずり出した現場にいた警官。
この爆弾テロ事件はたった4日間で犯人を特定し逮捕に至った。
事件の表側をニュースで見てるけど、
事件の裏側ではどういったことが行われているのか?
どうやって犯人を特定し逮捕できたのかは見ることが出来ない。
その裏側を垣間見ることができる。
非常にドキュメンタリータッチに描かれていました。
この事件で3人が犠牲になり、
ラストで犠牲者本人の写真が画面に映し出されますが、
最後に8歳の男児の写真が映し出された時は泣けてきます。
この種のテロは事件は頻繁に起こっていて、
日常的になりつつあるように思います。
爆破事故は知っていたけれど、結末までは知らなかった。科学捜査で最短で事件解決!みたいなの期待してたのに、最後はあんなに泥臭いとは。実話に文句のつけようがないけど、私はフィクションのが向いてるな。
これはズルいな。こんなのいい映画に決まってる。
実際に起こった爆破テロと、それに立ち向かう人々が実際の映像を混じえて描かれています。
こんなに人の愛とパワーを感じる映画はそうそうないですね。観た方がいいです。

それにしてもアメリカの警察官は大変だなぁ…脱帽です。
・ノンフィクションの重厚感
・犯罪サスペンスの緊迫感
・観客へのメッセージ感
どれもバランスよく散りばめられていてかなりの良作。

マーク・ウォールバーグの爆発直後の演技が演技とは思えない程リアルだった。
Billyboy

Billyboyの感想・評価

5.0
実際にあったボストンマラソン爆弾テロ事件についての映画。描写がリアリスティックで見てる側が常にその現場にいるような作りで常に緊張感があった。関わったすべての人の人生を狂わせてしまうテロ。しかしその憎しみに共に信念と愛をもって立ち向かったボストンの人々、ボストンの街に涙が止まらなかった。これだからこの街を愛すことがやめられない。
mai

maiの感想・評価

3.7
面白かったと表現していいものか迷いますが
いい映画でした。

2003年ボストンマラソン爆弾テロ事件を基にした実話です。
最近そこら中でテロが勃発してる世界
私には画面上の出来事でもそれが日々どこかで起こったり行われようとしてるんだから怖い
人々が団結し、それぞれの役割を果たし愛を持ってテロを解決に導く映画でした

亡くなった人達のためにも全力で犯人逮捕に尽力する
ボストン警察、FBI、地元警官、州知事
とてもとてもカッコよくて
サンボマスターの歌が聞こえてきたよね(笑)

涙の中にかすかな灯りがともったら
君の目の前であたためてた事話すのさ
それでも僕等の声が乾いてゆくだけなら
朝が来るまでせめて誰かと歌いたいんだ

昨日のあなたが偽だと言うなら
昨日の景色を捨てちまうだけだ

新しい日々をつなぐのは 新しい君と僕なのさ
僕等なぜか確かめ合う 世界じゃそれ愛と呼ぶんだぜ

心の声をつなぐのが これ程怖いモノだとは
君と僕が声を合わす
今までの過去なんてなかったかのように歌い出すんだ