パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 213ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

最近 真実の脚本 しかも数年前の話の映画化
まずライオン バニシングオーシャンの2作 始まりは これは真実の話と出る、こういう作品は利権団体の息がかかった洗脳映画なんで注意
で パトリオットディですがオープニングの これは真実の話 が出なくてホッとするが、いかんせんカメラワークと編集が学生の自主制作映画並みの酷さ、モキュメンタリーとして作っているかもしれないが役者のドアップが多すぎて前半で疲れてしまいどうなるかと思いましたが、後半慣れてきてストーリーもまとまり出し 鑑賞できるくらいの作品に仕上ってました
でも テロ犯人が馬鹿すぎて真実?と思ってしまった

このレビューはネタバレを含みます

このテロの事はうっすら覚えてたぐらいでこれほど悲惨なものだと知らなかった。
最近アリアナのコンサートでもあったけど僕みたいに日本人はテロ事件に関してはほぼ無関心だと思うし、いつ日本がテロの対象にされるか分からないので自分達は関係ないと思ってる人達はこれを機に少しは関心を持てばいいと思う。だから他人事みたいにテロに屈するな!ではなくテロに屈しない!でいきましょう

という感じで昨日みた直後は映画自体は良かったし4.2付けようと思ってたんですけど、改めてボストンマラソンテロ事件を調べてみるとあまりにも多く"自作自演"という記事が出てきて正直ちょっと萎えた。

そんな記事を信じるのか?と言われるとまあそうなんですけど、9.11の件もあるし目的が何かも分からなくてもアメリカならやりかねないと思うので知らん方が良かったなあと後悔しました。真実はいつも1つでもその1つが本当にあってるかは分からないですね〜
2013年のパトリオット・デイ(アメリカ合衆国のマサチューセッツ州、メイン州、ウィスコンシン州の3州において4月の第3月曜日に制定されている祝日)に行われたボストンマラソンで起きた爆弾テロ事件の話。「ハドソン川の奇跡」や「ユナイテッド93」のように、まるで実話のドキュメンタリーを観ているかのように、決して事件を風化させてはならないという強い思いが伝わってくる秀作。毛頭、予期できぬ出来事に対し、どんなに無力であっても、我慢と人の良心、それが全てで、それ以上でも以下でもなく、それが世の中を支えている。そんな風に思うと今年前半に観た「沈黙‐サイレンス‐」にも通ずる。「ハドソン川の奇跡」「ユナイテッド93」好きはmust seeな作品。
yui316

yui316の感想・評価

4.0
最初はシンゴジラ的な現場の混乱を見せられるので、それだけで少し泣いた。怖い…
恐怖の中で立ち向かおうとする人達皆が強く、愛でしか立ち向かえないという言葉は本当にそうだと思う。このような事が、また起きませんように…

99本目2017
へんり

へんりの感想・評価

4.5
ピーターバーグ監督の新作です。
この表現を使うのが正しいかわからないけれど、捜査モノとして面白すぎました。ケビンベーコン、ジョングッドマン、JKシモンズといった間違いない面々はもちろん端役に至るまでキャラが立っているのに、物凄くテキパキとした語り口で盛り上げてくれます。でも時々実際のニュース映像を織り交ぜるのでこれは現実なんだとハッとさせられます。
本作は今も世界中でテロ被害にあっている街やそこに住む人に向けたメッセージを伝えてもいます。本作にはなぜテロが起きるのかといったマクロな視点を排しています。それでもパーソナルな視点に寄って語られた物語としては完全に正しく、心揺さぶられる作品でした。
りぃ

りぃの感想・評価

4.2
事件の事は知ってたけど、ボストン旅行に行く、たった数ヶ月前にここまでの事が起きてたとか信じられん。
ある程度脚色はあるんやろうけど。
またボストン行きたい
ハリー

ハリーの感想・評価

3.6
ものすっっごくアメリカ映画でした。アメリカのためにあるような映画。
ダブルバーグのタッグの実話ベース映画3部作がこれにて完結したわけですが、次はどんな良作を作ってくれるのか楽しみです。にしてもウォールバーグはマイケルベイともTFシリーズでタッグなので引っ張りダコですねー。
たかし

たかしの感想・評価

3.6
なかなか面白かったです!最後まで集中して観れました。
実話を基にした物語。実際の防犯カメラの映像や被害に遭われた方の姿が織り込んであり、感情移入がしやすかったです。
アメリカらしい映画だとも思いました。
お時間があって「何観ようかな?」っとなったら鑑賞するくらいでいいかも…必ず観た方がいい!ってほどでもありません。(笑)
よたこ

よたこの感想・評価

3.9
もう少しエンターテイメント寄りな映画かと思って観たらそうでもなく、ドキュメンタリー的な印象。ずっと緊張が続き目を背けたくなる場面も多い。連日テロ事件のニュースが報道されている今観ると皮肉だなという気分にもなった。当時繰り返しニュースで流れた犯人の画像なども思い出したし、かなり大掛かりな逮捕だったのは知らなかった。日本で起こったらこのような手段は取れるのか?とも思って考えさせられた。
ぴな

ぴなの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

スクリーン5

テロリストvs警察がメインのサスペンスっぽい構成の話かと思っていたら、被害者達の背景にもかなり触れていて予想外に涙が。
これまでに事件の映像は何度となく見たとは言え、実際の映像が結構使われていて、その時の瞬間は直視するのが辛かった。

犯人に拉致されていた人がいたこと、戒厳令が敷かれた中での必死の捜査だったこととか知らない事もたくさんあって、画面から片時も目が離せず。

9.11含めて陰謀説とか様々な憶測が飛び交ったけれど、そういうことを抜きにして、被害者のためにも犯人逮捕に心血を注ぐ警官やFBIたちの一致団結具合と、ネガティブな感情を持つのではなく、愛で立ち向かおうという姿勢にも純粋に心を打たれた。

憎しみは憎しみしか呼ばない。
愛が世界を救うなんて、綺麗事な側面もあるかもしれないけど、人々の希望や支えになっていることも間違いない。
素晴らしい作品に仕上がっていたと思う。