パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 213ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

悲惨な重軽傷がリアルだったりその場で起きたことが忠実に再現されてる印象。
切なくて泣いてしまった。
感動というのではなく、ただ悲しい。

出来事は知っていたが、ニュースとは違って生々しい。

何が正しくて悪いのかという話ではなく、フラットに目の前の事態に立ち向かうという描写は良かったと思う。
恐すぎて泣いたの初めてな気がする。
要所に挟まれる実際の映像がもう、、、

でも、本当に観て良かったです。
ドキュメンタリーアクションサスペンスの秀作!このジャンルで面白い作品って意外と少ない。
実話を元にした映画の割に、キチンとキャラクターも整理されてるし、アクションもサスペンスもちゃんとハリウッド映画してる。
久々に面白い刑事アクションを観た感じ。(80年代や90年代のような能天気感はないけど…。)
悲惨な現場や組織の動きは綿密に描かれているが、犯人側の描写や動機などはペラペラ。この薄っぺらさも、往年の刑事アクションとか踊る大捜査線並み。エンタメ作品として上手く交通整理出来てる。
巷に流れる噂は置いておいて、こんなに映画化向きの事件だったんだ…。
知らなかったがピーター・バーグ作品だったのね.後半の浪花節がちょっと余計だったか.前半が見事だっただけにそれが残念だった.
テロは日常の中に潜み突然襲ってくる.字面としては知っていても,こうやって映像で再現してくれるとその恐怖をものごっそい身近に感じる.爆発直後の凄惨な現場.大混乱.呆然とする被害者と警官.テロ怖ぇぇぇ.
何よりも8歳の子の傍らに立ち続ける警官.泣く.そして見送りの敬礼.かなり泣く.
いつもながらアメリカのシステム完成度高さには唸る.倉庫が一瞬にして捜査本部に.この手のシークエンスかなり好物.ワクワクしちゃう.情報の一元化も見事だ.純粋に羨ましい.速攻で外出禁止令だしたボストン市長もスゴい.なんか政治家みたいだぞ.
それはそれでいいんだけど,問題はこのシステム犯人逮捕に貢献したか?特に兄貴.システム一流運用二流というアメリカの抜け加減をここまで再現しなくてもいいのに.バーグ人が悪し.ってかやっぱ最後は人.人は財産!(わしゃどっかの大企業の社長か!!)
事件後モスリムに対する憎悪が描かれなかったけど,実際なかったのか描いちゃ拙い大人の事情か.
あ、作曲レズナーやん.もー、そーゆー大切なことは最初に言っておいてよね.
ゆゆ

ゆゆの感想・評価

3.5
DEEPWATER HORIZONに続き、とてもよかった。実話もの苦手なにのこれは好き。ローン・サバイバーも観ないとなー
タケオ

タケオの感想・評価

3.7
ボストンマラソンの最中に発生した爆弾テロの犯人を、たった102時間で追い詰めた衝撃の実録サスペンス‼︎

マーク•ウォールバーグ、ケヴィン•ベーコン、J•K•シモンズ、ミシェル•モナハン、メリッサ•ブノワと私のお気に入り俳優陣がこれでもかと集結‼︎

本作では警察やFBIだけでなく、医者や近所のおやっさん、アジア人まで様々な人間が活躍するため、アメリカというよりも”人間の力強さ”を描いた作品といった方が正確かもしれない。

生々しい爆弾テロの被害者の姿や緊迫した捜査などのリアリティな描写と、思いの外ド派手な銃撃戦シーンなどは見応えあり‼︎

全体的によく出来た作品ではあったが、”最後に愛は勝つ”というテーマを全面に出しすぎて少ししらけてしまった。
もう少し自然にメッセージを伝えれていたらもっと良い点数だったかも•••。
kazu

kazuの感想・評価

4.2
「傍らに・・・」

2013年4月15日に起こったボストンマラソンでの、爆破テロ事件。

多くの人が記憶に新しい事件ですが、報道で知ったこと以上に様々な事実があった事を知りました。

改めて目の前につき付きられるテロの悲惨さ。防ぐ事の難しい衝撃と悲劇、終わりの見えない闘い、途方にくれる程の絶望。

正直、テロの元凶には一切触れたませんし、語られていません。

爆破テロ発生から解決に至るまでの警察と市民の歩みを、事実に基づき克明に再現しています。

深夜、ウオータータウンでの犯人の兄弟との銃撃戦があんなに激しい物とは全く知りませんでした。
住宅街でパイプ爆弾が何回も炸裂し、自動小銃で応戦する様は、映画(?)のようでした。

胸が締め付けられたのは、爆弾で死亡した9歳の少年の身体に多数の証拠品が残ってる可能性が在るとの事から、FBIの指示で遺体を長時間路上に置いたままの状況で、1人の警察官が、ずっと傍らで少年の遺体を護り続けた姿でした。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
冒頭、このあと起こることへのプロローグが、いつもの穏やかな風景で胸が痛む。
事件が起きてからラストまでは息をつけない。実際のニュース映像、防犯カメラの映像が非常に効果的だった。爆発後の悲惨さはリアル過ぎてPG12にしては少々刺激が強いのでは?
現場に居合わせた警官たちの苦悩も丁寧に描かれている。証拠保全のためにその場から動かせない子どもの遺体の側にずっと立っていた警官の表情が本当に切なかった。

なぜテロを起こしたのか、犯人の背景はあまり描かれないが、聖戦聖戦言ってるけど大義なんかないんじゃないの?っていうぐらい犯人がバカ過ぎ。こんな奴らにやられたのかと思うとアメリカ人じゃなくても怒りがこみあげる、ように描かれてる。
なので、アメリカ国民、ボストン市民が「悪に愛は勝つのだ!」と一丸となるのは分かる、分かるのだけど、これでもかとラストで畳み掛けてくる「ボストン愛」に食傷気味になってしまい、当事者たちのインタビューはずいぶんと長く感じてしまった。
ていうか、なんでもっとちゃんとダン・マンを褒めてあげないのさ⁈
彼が決死の覚悟で逃げださなかったら、NYが大変なことになってたんだよ?彼の証言が犯人の決め手になったんだよ?
ベンツ乗ってる英語がまだ下手な中国人として、ちょっとバカにした描かれ方をしてるような気がしてしまい、余計ラストの「アメリカ万歳」に鼻白んでしまったのかもしれない。

ケヴィン・ベーコンがFBI捜査官本人の見た目にかなり寄せていたのがツボ。
ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの実話モノにあまり魅力を感じなかったが、ベーコンまで出ちゃ観ないわけにはいかない。
ただ実際観てみるとこの二人ってよりも、映画自体がスゴイ。犠牲者が出てる事件だけにこういう言い方もあれだが、ドラマ的で見応えが半端ない。ごまかし感動シークエンスも無く緊迫感が最後までしっかり持続してた。