パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 218ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

映画館で字幕版を観ました。

2013年ボストンマラソン爆弾テロの真実

評価
🎥映像美 ○
🎥オチ ○
🎥音楽 ○
🎥感動 ◎
🎥ストーリー ◎
🎥テンポ △
🎥泣ける ◎

作品を観て、物凄い事件だったとわかり、映画化された理由も納得です。

キャストではジョン・グッドマンが、1番本人に似ていた。

オバマ大統領の演説映像は、本物を使っていて、スピーチ内容がとても良かった。

イギリスのテロなど、今も世界中で事件が多発している中、今作エンドロールのメッセージが、強く心に響き、素晴らしい作品でした。
p(・∀・`)q
キョン

キョンの感想・評価

4.0
いい映画ってけして面白い映画っていう訳ではないよなーと。
最後の事件当日の被害者、警察官、FBIののインタビューがあったのが凄くよかったと思いました。
そして安定のケビンベーコン!
安定のメリッサブノワ!
これだけは声を大にして言いたいです
『パトリオット・デイ』観ました!
ボストンマラソンを襲った爆弾テロ事件の実録映画。
だけどヒリヒリとしたサスペンス!アクションとしても良質に仕上がって素晴らしい!
何よりボストン市民のテロに屈しない力強さが伝わって来ます。感動しました!
あの謎の不気味な組織、実在?
#るう映画
fromage

fromageの感想・評価

4.0
映画というよりも、終始ドキュメンタリーを観ているような感覚。今この時代にこそ観ておくべき映画だと思った。
死傷者の数が発表されると数字の大小ばかりが目に行くが、「何人死んだ」とかなんて実はどうでもいい。それぞれ1人1人の人生の転換点がそこにあったのだ。
たとえば警官が行きつけのドーナツ店に入る前に咥えてたタバコの火をつけたまま店先に置いてレジに向かい店員と会話して、店を出てまた吸い出す。「地元を愛する老刑事」というのは設定でしかない。映画でキャラクターが立ち上がる瞬間というのはこういう描写だと思う。
端的で丁寧な点描を積み重ねることで、2013年にボストンにいた人間が〇〇人いた、という数字に回収されず、1人×〇〇の物語がそこにあったという群像劇としての強度を獲得することにこの映画は成功した。2回の爆発で、死んだ人と怪我をした人がその数だけいたということをキッチリ伝える事故現場での細部の描写は圧巻。
パッと写っただけで前後の物語を想像させるようないい顔の役者ばっかりだったけど、犯人の妻の取り調べでの眼差しの強さが殊更に印象的だった。犯人たちやその家族にもそれぞれの人生がある。
マーク・ウォールバーグを中心としながら、主人公を設けずそこにいた一人一人が描かれる。その象徴となるのが「BOSTON STRONG」という言葉であり、適宜挟まれるボストンの空撮カットには接続詞以上の意味がある。この物語の主人公はおそらくボストンなのだろう。

それからトレント・レズナーの音楽もめちゃくちゃよかった。これが聴きたかったんだよトレント!
前作同様に緊迫感がすごくて
爆破で人が飛ばされるシーンなんかはホンモノにしかみえなかった
息つく間もなく展開していくので
非常に見応えがあるしやっぱわかっていても最後は泣ける
いと

いとの感想・評価

3.2
捜査官を蹴り殺人の捜査を外されたトミー。2013年4月15日、愛国者の日。ボストンマラソンでトミーはゴール地点の警備に当たるが…。
実在の事件をオリジナルキャラを中心に描いた作品。現場の恐怖感、1人の英雄では無く何人もの捜査が意味を持った事が分かる。
乃子

乃子の感想・評価

4.5
ボストンよ、強くあれ

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の顛末を描いた作品。
優れたカメラワークに実際の映像が織り交ぜられており、まるで現場にいるような緊迫感と、テロへの憤りを感じました。
罪のない人が犠牲になるテロの卑劣さ、人々の憎しみや悲しみ、それに立ち向かう勇気、街と人を愛する心。
私自身が公安職に就いているからかもしれませんが、心に真正面から突き刺さりました。

テロの犠牲になった子供の亡骸に寄り添う警察官の姿が、忘れられません。
ちゃる

ちゃるの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

衝撃的な描写が多すぎる。爆破後の現場がリアルすぎた。ただそれは実話であって目を背けちゃいけない気がした。
個人的に8歳の男の子の遺体の横に立ってる警官を映した描が衝撃だった。
最後のこの事件に関わった人たちのコメントにも感動して涙が止まらなかった。
一生忘れない事件だろうし、一生忘れない映画になると思う。
まさ

まさの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

”ボストンよ、強くあれ”

「バーニング・オーシャン」「ローン・サバイバー」のピーター・バーグ監督作品。主演マーク・ウォールバーグとコンビを組んだ実録シリーズ第3弾。

4月の第3月曜日、ボストンでは毎年「パトリオット・デイ(愛国者の日)」を祝い、その日はボストンマラソンが開催され、レッドソックスはフェンウェイ・パークで試合を行う。街を上げてのお祭りの日です。

描かれるのは、まだ記憶に新しい2013年4月のボストンマラソンで起きた爆弾テロ。この大事件は、わずか4日後に犯人が特定され、解決しました。

だが、その裏にはマスコミが報じなかった知られざる事実があった…。


物語はボストン市の全面協力のもと、ドキュメンタリー・タッチで描かれる。監視カメラの映像や証拠品検証映像は当時の本物を使用しておりリアリティ溢れる仕上がりだ。

関係者には徹底した取材を敢行しており、実際の事件で被害にあった人たちも登場する。

ウォールバーグ演じるトミーやその家族などは、映画用に作り上げたキャラクターで、ケヴィン・ベーコンやジョン・グッドマンは外見が実在の人物と似ていたので起用されている。

また、映画の後半で活躍するウォータータウン警察のジェフ・ビュジュリーズ巡査部長役はJ・K・シモンズ。これも実在の人物だ。

ボストンマラソンのシーンは、撮影用に再現するのが不可能だったため、16年の同大会の映像が使用されている。


ここで、主演のマーク・ウォールバーグの話をすると、

ボストンで生まれ、不良だったマーク・ウォールバーグはボストン警察のお世話になった経験があるみたいだ。彼のこの街に対する愛情は誰よりも強く、出演のオファーを受け、今回製作にも名を連ねている。

この映画、物語の途中で視点が変わる。ウォールバーグはたしかにヒーローとして描かれているが、この事件に関わる人みんなの協力の元事件が解決する、そう、全員がヒーローという見せ方に変わるのです。

例えば、

・逃亡する犯人たちと激しい銃撃戦を展開するウォータータウン警察の人々

・人質になりながらも決死の脱出を試み、犯人の次の狙いを通報した青年

・街の封鎖措置によって戒厳令にも似た状況を受け入れたボストン市民

・負傷者の救護に奔走した医療関係者

全員の協力があっての事件解決。そこがこの映画の伝えたいことだと感じた。



この事件の犯人はイスラム教徒であるが、アルカイダ等と関係はなかった。普通の人がテロリストになっていたのだ。これは現代の大きな問題であり、現在このようなテロが増えいることもあり、とても深刻な今後の国の課題だろう。

そして、
ラストは実際に事件に関わった人たちの現在が映され、感動的なラストとなる。ボストン市民全員の愛情溢れる映像だ。



この映画、感動するのはもちろんのこと、凄まじいリアリティ溢れる傑作です。