パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 218ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

映画「パトリオット・デイ」

2013年にボストンマラソンで起こった爆弾テロ事件を如何にして解決したかを描いた映画でした。

被害者や捜査にあたった警察官、そして犯人など様々な目線で描れており、当時の実際の映像と映画の映像を織り交ぜられたら構成になっており、よりリアルに感じた。

そして、爆発や被害者を映した映像では自分自身も現場に居るような感覚におそわれた。

しかし、ボストン市民と警察官・FBI捜査官を犯人逮捕を願い、一つになり協力する姿と様々な愛で人々が支え合う姿には心打たれた。

ボストンマラソン爆弾テロの犯人逮捕にこんな話があったなんて知らなかった。
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の事件発生から犯人逮捕までの緊迫した102時間を描いた実話をもとにした映画。

結論から言うと本当にいい作品で涙が止まらなかった。
そんな事件昔あったな〜ぐらいの軽い気持ちで観ましたが、テロで今後の人生に影響するような大怪我を負った人々がそれでも力強く生きる姿!命をかけて犯人逮捕に勤める警察官、捜査員の勇敢さ!犯人の憎悪をひっくり返す人々の愛の強さ!に感動しました。
素晴らしかったです!
そしてみなさんにももっと知ってほしい
実話であるので当然結末は分かっているものの最後まで緊張感切らさない監督ピーターバーグの手腕は見事だと思う。
とても良かったです。

冒頭の日常シーンは、
あとから大事件が起こるとわかっているだけに、すごく惜しい感覚がして、よい雰囲気でした。
音楽もとても良かったです。
何気ないシーンばかりでしたが、本作にとって意義のあるシーンだったかと思います。

事件後、第二の犯行を起こす前に犯人を捕まえるのが本作の命題となります。

犯人は追わないといけないけど、あまりに悲惨で感情がついてこない登場人物たちの描写がとても良くて、
とくに主人公が事件後に初めて家に帰り、胸中を打ち明けるシーンは釣られ泣きしそうでした。

本物の映像を混ぜる演出もとても良かったです。
ニュース映像ばかりでなくて、他のシーンもあって、ちょくちょくこの事件が現実だと確認させられます。

とても良い映画でしたが、
本当に個人的な感情で、
ピーターバーグ+マークウォールバーグ作品だとローンサバイバーに勝てないと感じてしまう点と、
一方的なアメリカ万歳感にすこし漠然とした違和感を感じてしまった点だけ、
素直に見れないところがありました。(良い!とか悪い!とかじゃなくて、本当にこれでいいの?という感覚)
yaaano

yaaanoの感想・評価

5.0
2013年ボストンで起こったテロ事件の話。NEWSで見たときはショッキングだった。外国のNEWSだから国内では細かく伝えられなかったが鑑賞してみて改めてショックだった。
実際の映像や被害者の方々も出演されてこの事件の生々しさが感じられた。

これはアメリカの勇敢な警察、捜査官、市民のけして悪に屈しないという力強いメッセージが込められていた。
"愛を大切に"というアメリカらしい内容も含まれてるからただの悲しいストーリーではなかった。
豪華なキャストで構成されているとこも魅力的だしもっとたくさんの人に見てほしいって思った。
yutaro

yutaroの感想・評価

4.1
実話のシーンとか臨場感、間延びはするけど終わり方、泣きました。
実際の監視カメラの映像などが使われているので没入感も緊迫感もあってよかった。
アメリカ寄りな作りになってるかもしれないけどテロが悪である事は間違い。
それでもそこで思考を止めてはいけないんだろうな...
愛は奪えない、あの夫婦の姿を見たら涙せずにはいられない。

バトルシップは置いといて、ローンサバイバー、バーニングオーシャン、で今作と実話を題材にした3作品全てが良作でバーグコンビは素晴らしい。
夏にはトランスフォーマーもあるから上半期はウォールバーグ無双やで。
DK

DKの感想・評価

3.9
実は「実話!」みたいな映画が苦手
被害者とか主人公を神格化したりお涙頂戴にするから
日本の作る戦争映画が最たる例

この映画はもちろん実話なんだけどいい意味で裏切ってくれた
恐ろしく作り込まれた脚本と映像が感動だった

まず映画館でチケットを買って、映画の長さに驚くと思う。
「こういう題材なのに長すぎだろ!」
でも、映画を最後まで見たら長い理由が分かるはず
何かが心を満たして映画館を出ることになる

映画について

『イレブンミニッツ』を思わせる群像劇が序盤のメイン
無駄のない映像がテンポよく心地よい
ただ、そのテンポの良さがあの爆発テロへのカウントダウンだと知っているからこそハラハラ感が増していく

解決へ奮闘する中盤はリアルの映像が使われ生々しさが増す
途中「そんなド派手にドンパチするかいなっ!」というツッコミ所もあり見応え十分

そして終盤(ネタバレ)
「必ず最後は愛が勝つ」的なウザい終わり方するかと思いきや、
いきなしのドキュメンタリー
当事者の声がストレートで最後の最後に映画を包み込んでくれた

あの日のニュースをリアルタイムで見ていた僕らが知らなかった事件の裏側というか表側の話がそこにはありましたわ
強い強いメッセージ、思い、魂を感じた
SU

SUの感想・評価

4.2
Boston Strong

をとても強く感じた一作。
観る前はマーク・ウォルバーグが犯人を捕まえるために大活躍するヒーローものかと思っていました。
でも観てみたら彼も登場人物の1人にすぎない、本当の主役はボストン市民の皆さんでした。

作りが上手いなと思ったのが、きちんと被害者のみなさんの日常から映し出してくれた点。ただの被害者ではない、だれもが日々を我々同様に生きている一般市民だったことをまずは見せてくれたので、一層テロという非日常的な、そして決して起きてはならない非人道的な行為が、いかに恐ろしいかを教えてくれたんですよね。

そしてそこから立ち上がる人々に心打たれまくる!悪に勝つのは愛だというセリフをより一層感じさせてくれる演出。

それにしてもチョイ出のJ・K・シモンズのいぶし銀具合がやば過ぎて、惚れた。タバコ片手にハンドル切りまくる姿がセクシー過ぎて、監督ありがとうございます。
Yuna

Yunaの感想・評価

3.8
数年前にボストンのマラソン大会の最中に
テロ事件が起こった程度にしか
前情報としては把握していなかったが
すんなり内容を理解出来たため観やすかった。

撮影方法がリアリティを追求したものや
(現場にいた人の目線だったり
誰かがiPhoneなどで撮影したかのような映像が挿入されていた)
エンドロール含め一部実際の映像や写真を
用いておりしっかりとした
ドキュメンタリー要素も含まれていて◎

ストーリー自体は個人的には
後半につれて先が読めずハラハラした。
ここまで映して年齢指定が無いのかと
驚くシーンもあったが
そこを写してこそこの映画が伝えたい
事件の真相なんだろうかと思う。

ただ言い方が悪いかもしれないが
美談で終わってしまってる
と思ってしまったので
苦戦したところや影の部分を
もっと出しても良いのでは…と考えたが
アメリカで製作された映画である以上
仕方が無いんでしょう…

最後のエンドロールまで凝っており
(ここは個人的感動したポイント)
かつこのキャスティングで
実際にいらっしゃる登場人物と俳優さんが
非常に似ており加えて演技力の高さから
全体的な映画のクオリティーは高いと思います!