パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 230ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

QUEM

QUEMの感想・評価

3.2
試写で観ました。期待値が高過ぎたかな…NHK観てる気分でした。フィクションとノンフィクションの映像の切り替えがかっこいい。なんだかんだ面白かったです。実話にこう言って良いのかわからないけれども。
愛こそすべてみたいなオチはまだ良いとしても、それをアメリカの闇にまったく触れないで言われても鼻白む。
海外旅行の一番いいところは日本で観れない映画を観れることだと気付きました。

2013年に起こったボストンマラソン爆破事件の犯人逮捕までを描いたサスペンスアクション。爆破からわずか100時間ちょっとで犯人を追い詰めていく過程はかなり緊張感があって最後まで楽しめました。
主人公のマークウォールバーグは実在しない架空の人物のようですが、中心人物というほどではなかったです。始めはどうして出てくるの分からないような登場人物たちが物語が進むにつれて徐々に関わっていくのでボストン市民たちの群像劇のような感じもしました。
アメリカのいざというときの団結力は、"ハドソン川の奇跡"を観たときにも感じたけどやはり半端じゃないというのが伝わってきたし、爆破直後の素早い行動の数々は9.11のテロから学んだことなのかなぁと思いました。
キャストも豪華でその点でも飽きずに観れました。ジョングットマンとJKシモンズが渋い味を出していて、ケヴィンベーコンはメガネをかけたやり手のFBI捜査官がとても似合っていました。そしてメリッサブノワがテロリストの妻役だったけど相変わらず可愛い。"セッション"に出てたときに可愛いなぁと思ったから久しぶりに観れて良かったです。
ピーターバーグ監督はマークウォールバーグを主役にした実話の映画をこれから何本作るつもりなんだろう。笑
tono

tonoの感想・評価

3.9
池上彰さんと関根麻里さん登壇の試写会で鑑賞。

当時の映像との組み合わせが絶妙かなと思いましたね。ドキュメンタリーチックになりすぎず。アメリカならではの州警察とFBIの立場の違いがよく分かる作品にもなっています。

試写会 @ 明治安田生命ホール
2013年、ボストンマラソンで実際に起きた爆弾テロ事件を、被害者・犯人・刑事らの目線で追った映画。実際のものも交えながら展開されていく映像は、ピリピリと張り詰めた雰囲気を最後までキープ。マーク・ウォールバーグの熱演や、尋問シーンなど見応えあり。

この映画の肝はラストの一連の流れなのだろう。確かに素晴らしい。
が、一つの作品として考えると、このラストとそれまで本編が描いていた内容とが多少ズレていて最後の最後で散漫になってしまった印象。このラストにするなら削るべきところはいっぱいあったし描くべきシーンもいっぱいあった。
Woothe

Wootheの感想・評価

3.0
問題は大げさするし、真実は小さくする。🤔

でも臨場感は最高だね!
パトリオット・デイ
6/9公開ですが 一足早くレビュー。

ボストンマラソン爆弾テロ事件を描いた実話ベースの物語。
2013年4月15日 ボストン
毎年「愛国者の日(パトリオット・デイ)」に開催されるボストンマラソンを前に、殺人課の刑事であるトミー(マーク・ウォールバーグ)は早朝からゴール付近の警備に駆り出されていた。
ゴールインする選手が続々と増え 50万人近くの観衆が沸き立つ中、突如トミーの背後で大爆発が起き 現場はパニックとなる。
大量の負傷者と3名の死亡者を出したテロ事件を前に FBI主導の捜査が開始され、監視カメラの映像から2人の容疑者が割り出されるのであった。
102時間の早期解決へと至った裏側と人々の姿を通し、混迷極めるこの世の中を生きていくための「光」を描いた作品だ。

ぼくは願う
一人でも多くの人に観てもらいたい
多くの悲しみと 決して揺らぐことのない強さに溢れたこの作品に出逢って欲しい。

冒頭10分
同じ警察の人間でありながらバラバラな者達
通じ合っている夫婦
これから通じ合うべく探り合っている男女
それぞれの人間模様が描かれる
言い方を変えれば、それぞれに違う方向を向いた者達が描かれる
そして迎えるパトリオット・デイ

皆が同じ方向を向くにはどうしたらいいのか
事件は何をもたらすのか
物語の指針が見事に示されたオープニングであった。

あの日のことをあなたは覚えているだろうか?
もう4年 まだ4年
捉え方は人それぞれだが、恐ろしい出来事であったこと 早い段階で犯人が特定されたことを記憶していると思う

物語としての形式を取りつつ、ドキュメンタリー色も感じさせてくれる今作
ニュースだけでは得られなかった数多の感覚を追体験していくことになるだろう。

事が起きるまでの日常描写が自然過ぎて、まるでボストンに暮らす一般市民になったような気持ちでスクリーンを眺めていた
それがくるのは分かっていたはずなのに、恐ろしくて涙した
あの悲惨な現場に自分もいるような気がして、不安でいっぱいになった
遠いアメリカの地で起きた出来事ではなく、自分自身に降りかかった災厄だと感じられた。

そう、人は自分に関わることだと信じられなければ中々動き出せない
傷を負って 後悔して 手遅れになって、ようやく心に刻まれる

北朝鮮でミサイルが発射されても
マンチェスターでテロが起きても
地球温暖化によって海面が上昇しても
実生活に影響が及ばない限り、他人事だと決め込んでいられる

聞いたその瞬間は腹が立ったり 胸が痛んだり 心配になったりもするが、結局は平常運転
いつもと変わらぬ日常を過ごしている
学校や会社にも行くし 友達や恋人とディズニーランドにだって行けちゃうし ぼくだって映画館へ行く
それが現実
常に不安を胸に宿していたい人なんていない
できることなら楽しい方へ寄り添っていたいに決まっている。

そんな人間同士が同じ方向を向くにはどうしたらいいのだろう
家族 恋人 友人はともかく、見ず知らずの他人と心を通わせるのは難しい

同じ喜び 同じ痛みを分かち合う
共通認識できる何かが必要なのではないだろうか

オリンピックやワールドカップ
応援する時には通じ合っている気もする
同じ映画 音楽 本が好きなだけでも親近感が湧いてくる
が、その程度のレベルでは全ての人とは分かち合えない
大地震や今作のような痛みを分かち合わなければ、共通認識を抱くのは困難だ

そうと言わんばかりに、テロ直後にも関わらず平常運転な人物達が描かれる
他人事だと決め込んでいた連中からバタバタやられていく
痛い目に遭って ようやく気が付き始める。

心のどこかで割り切っている自分がいる
人はどうせ分かり合えない
全ての人と理解し合うなんて不可能
只、諦めてはいけないのだと 努力することを放棄したら終わりなんだと思う

痛みや怒りが正義となって人を結び付ける
大いに結構
けれど、本当はそんなモノ無しでも力を合わせられる道をぼくらは模索していくべきなんだ

痛みや怒りに頼らずとも、自分事だと思える心
しずかちゃんのパパの言葉を借りるのならば、「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむ」ことのできる心
誰もが大人になったのび太くんのようであれば、世界はいつだってHAPPYだ!

ぼくと同じ1986年生まれの警察官があのテロで亡くなっていたことを知った
あの時ぼくだって死んでいたのかもしれない
そう思うと胸が張り裂けそうになって涙が溢れ出た

あらゆる現実を 愚かな人間の性質を目の当たりにすることにもなるが、あそこにあったのは何も絶望だけではない

一歩一歩 できることからでいい
ぼくもあなたも世界と向き合っていく必要がある
この映画はそのキッカケをもたらしてくれる
後はぼくら次第だ。

たくさんの勇気と愛を与えてくれる作品です!
是非劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★★★
ファンタジー★★★
総合評価:A
サラ

サラの感想・評価

4.0
今回のマークウォールバーグの映画も池上さんのトーク付きでした!FBIとボストン警察と大学警察とウォータータウン警察が登場する事を聞いていて良かったです。
テロが起こった直後から犯人探しが始まります。ビデオに映った人混みの映像から怪しい人を割り出すのですが、コツコツ作業で捜査員の努力が必要とされます。爆弾犯相手の銃撃戦もかなり苦戦し、当然肉弾戦もなくとてもリアルさが伝わってきます。
マーク、ミシェル、ベーコン、JK...と豪華キャストの配役も申し分無しです。
とても愛ボストン心が感じられる作品でした。
masaki

masakiの感想・評価

3.7
試写会にて鑑賞。上映前のトークショーに、シークレットゲストとして池上彰さんと関根麻里さんが登場!!
トークショーが、めっちゃ盛り上がってました。
映画そのものは、すごい緊張感!
事件後も、ボストンマラソン大会を実施し、テロに負けないことを示し続けているボストンの人たちに感動!

このレビューはネタバレを含みます

ぴあ試写会にて鑑賞。
スペシャルトークイベントがあり、池上彰と関根麻里が来た。
上映前にアメリカの警察について語ってくれた。

ボストンのマラソンでテロが起こり、死者や手足を無くした人がいた事に驚愕。
私自身、この事件について知らなかったので、映画という形にしたことで、多くの人がこの出来事を知り、テロとはどんなに悲惨な事か知るきっかけになってほしい。
つい先日、アリアナ・グランデのコンサート会場で自爆テロが起きたが、やばー、こわーで終わるのではなくもしかしたら身の回りで起きるかもしれないということを、頭の片隅にでも入れておかないといけないなと感じた。
これは、入場してからではなく終了後という盲点を突かれたから今後対策が必要になってくるだろう。

マークウォールバーグの爆発してからの指示出し、動きが的確すきてこういう立派な大人になりたいな。
警察の裏側をしれた気がする、テレビ局より早く情報を発信するとか、もし間違えていたらイスラムと大変な事になるとか株価がどうとかリアルな実情をしれた気がする。
ペイトリオットデイ。発音いいね。
中国人の勇気に感動した。
やっぱ、前回のバーニングオーシャンでも思ったけど事件が起きるまでの音楽がいつ起きるか分かんないドキドキを倍増させるね。いい音楽。
マークウォールバーグとピーターバーグのコンビは永遠だ。

試写会でなくて、ちゃんとした劇場で落ち着いて見た方が良かったなと感じた。
エンドロールに入るとばって1/4くらいの人が立ち上がって帰っちゃったし、みんな、エンドロール中なのに感想を話し合ってるし、エンドロール終了までが映画なのに。

マークウォールバーグが医者に行ったと言ってた日が3.11だったのと最後の犯人を捕まえて搬送するための救急車に9.1.1って書いてあってテロの日をあえて書いて2013,4,15(月)だけでなくこういった日も忘れちゃいけないよっていうメッセージかな。

ボストンストロング!!