パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信 - 333ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

一人のヒーローではなく、一人一人の市民が愛をもって希望に繋げる実話。

ありふれた市民が、家族や友人と過ごす平和な日常を一瞬で奪われる所。そこから町全体で立ち上がっていく所。そして、ラストは涙なしには観れなかった。

最近、ガンファイトの勉強?(笑)をしていたせいか、銃撃戦には興奮が隠せなかった。車の盾の仕方とか、簡単には人は死ねないところと、JKシモンズヤバすぎる!
だけど、凶悪犯探すのに皆拳銃なのには首をかしげてしまった。もっとショットガンを積んどけよ!って心の中で叫んでしまった(笑)

気になったのは、作中では「善と悪の戦いで、愛と憎しみの戦い」と語られていた。テロに立ち向かうのは素晴らしいが、行き過ぎた愛が憎しみと変わらずに、憎しみを連鎖させる未来が来るように思えて仕方なかった。
犠牲になった人々、戦った人々全員が報われる世界になることを祈ります。

いつ最後の別れのキスになるかわからないから、家族や友人、大切な人と観る映画でありました。
あと、俳優たちの渋さとかっこよさとソックリ度が半端じゃない(笑)
ケイ

ケイの感想・評価

3.4
2013年、ボストンマラソン大会の途中で発生した爆発事件。何万もの人がこの日を楽しみにしていたにもかかわらず2回の爆発により一瞬にして楽しみが悲しみと苦しみに変わっていった...

僕はこの作品を見て思ったことがいくつかある。1つは、この作品が実話であるということ。本当だったらこんなに悲しい事件は思い返したくないはずだ。しかし警察の迅速な対応とボストン市民の愛のおかげで無事に解決した。だからこそこれを1つの逸話として映画化し、アメリカ国内だけでなく海外の人たちにもこの事件のことを詳しく知ってほしい。とアメリカ国民は思ったに違いない。2つ目は、日本と違いアメリカでは一般人の銃の所持が認められている。このことから気軽に犯罪を犯すことができる。さらに悪く言えば、気に入らない人がいたら何も考えずにその人を殺すことができる。そんなことをしたら人間の理性が崩壊し、行動が悪化していくばかりだ。社会に対し不満がある人は銃だけでなくそれ以上に脅威がある武器を保持し大規模な犯罪を犯すことも容易だ。この作品を見て少しでも多くの人が人間の命の尊さを理解してくれることを願う。
きむら

きむらの感想・評価

5.0
ローンサバイバー、バーニングオーシャンに次ぎ、マークウォールバーグとピーターバーグのバーグコンビ(?)3作品目。

2つが全然違うタイプのものだってのはわかってるけど、簡単に言えばローンサバイバーとハドソン川の奇跡を合わせた感じかな。

ローンサバイバーも5点満点にしたけど、個人的にはそれを上回ってきた。
そして泣いた。
何も言わずにとりあえず観て欲しい。
終わり方は人によっては偽善者と捉えるかもしれないけど、、笑

これを観て、バーニングオーシャンつまらなかったなぁとか言う人いそうだけど、ピーターバーグ監督のリアリティある描写は本当にすごい。
バーニングオーシャンはメインが人災ってところだからあれでいいんだと思う。


余談
キノフィルムズの廊下の感じと試写室の綺麗さにすごく惹かれて、こんなところで働いてみたいなぁと憧れた試写会でしたとさ。。。
素数

素数の感想・評価

3.0
試写会で鑑賞。
これからテロに巻き込まれるであろう一般の人たちの生活を描くところから始まりますが、これから何が起こるか知ってるだけにつらかった。
事件のことはもちろん知っていましたが、ニュースではやっていないような詳しいことが知れてよかったです。

よかったところ
❤️ケヴィンベーコン
❤️JKシモンズ
めぐみ

めぐみの感想・評価

5.0
表面上しか知らなかった事件の裏側に、こんなにもドラマチックなストーリーがあったとは。
涙なしには観られない作品!
アリス

アリスの感想・評価

3.6
怒りや復讐にとらわれず、悲しみに包まれながらも、最後は暴力や憎しみに対して、愛で戦う映画だった。
冒頭の何気ない日常シーンが、物語の最後になればなるほど、心にしみてきた。
試写会にて鑑賞。
退屈な時間がいくつかあったがほとんど楽しめました〜
爆発現場の惨さをきちんと逃げずに見せていてよかった。
そんな中でも笑える所があるのがバランスとってる感じがしました。
想像してたより全然良くて満足!!
WadeZenta

WadeZentaの感想・評価

4.2
てかまず知らなかったんだけど、マークウォールバーグとケヴィンベーコンが共演してるのまずネタだろw テッドやった後のこれは悪意ある。

まず何がいいって日常の描き方。これが小気味よくわかりやすく進んでいったから、その後の衝撃が大きくなった。犯人たちの姿も多く描いて、テロを起こす人達が悪魔とかじゃなくちゃんとした「人」なんだってことがわかる。

無駄な誇張やエフェクトないのがよかったと思う、等身大の恐怖が出てた。正直爆弾とかおれには実際のもんがどんな感じなのかもわからんけど、かなり震えたよね。

でもその一方で考え込んでしまうことも多くあった。愛と憎悪ってサイクルだよね。
テーマとしてはナルトに近いかなって思ったw
そのサイクルから解き放てることなんて出来ないとは思うんだけど、できないのかなあ…?って感じ。
後期の発表までにさらに考えなきゃいけないなって思いました。
risako

risakoの感想・評価

3.7
実際のボストン爆発事件の翌年に、1人でボストンに旅行しに行ったから、街とかすごく見覚えのある光景で、テロってこんな風になるんだって思った。
派手なハクション見飽きないしあっという間だった。
最後のレッドソックスの実際の映像とか泣けるし、最後の本人達のインタビューとか心に響いた。
filmarks試写
あの事件の中にいろんなキャラクター入れるねぇ盛るねぇ、と思ってたら全て実在で感動。実話ベースものって結局リアルすぎて映画として感動できないことが多いけど、ほんとにドキドキしたし泣けた。グロ注意。

いろんな国の人たちが一緒になってて、方言があって、中国人は優秀で、バドワイザー飲んで、っていうアメリカンアメリカンしてる演出とかすごい好き あと映像が終始かっこいい