パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

minico

minicoの感想・評価

3.6
ニューヨークに向かう機内で鑑賞。

これが実話って凄まじいなぁ。怖いなぁ...。

終始緊張感のある本作ですが、
逃亡の為に車をハイジャックされたちょっとgeekyな感じの男の子の放った『キャッチザマザファカ!』がちょっとくすりとさせてくれていい味出してたなぁ。あれも実際言ったのかなぁ。

最後に実際の被害者へのインタビューや写真が映されるのですが、ここは涙無しには見られない。
そしてエンディングでDropkick Murphys (彼らはボストン出身のバンドです)による'forever'が流れるんですが、これまた心に染みるいいエンディングテーマなのです。
観れてよかった。
ドント

ドントの感想・評価

4.4
ウワーーー。ワーーー。これはもう無茶苦茶によかった。2013年4月15日、「愛国者の日」に合わせて毎年行われているボストンマラソンで起きたテロ事件とその捜査を描く実録映画。
全編を貫くドキュメンタリー風の質感と撮影による、何が起きても一歩引いたような冷静さが作品を引き締めている。事件直後の現場のど真ん中に放り込まれたような混乱、FBIらの迅速な仕事ぶり、各種カメラを多用した様々な映像のモザイク、後半に据えられた派手ながらもタイトな銃撃戦と、実録映画の軛を外したようなアクティブさが素晴らしいし、同時に緊迫感と現実性と“面白さ”も決して失わない姿勢が見事。
主人公たるトミーは実は数人の警察官を合わせた架空のキャラなのだが「ドアを蹴破って膝を痛める」とかいうMウォールバーグにピッタリな役回りで開始数分で血が通う。そしてこの膝の痛みは幾度も描かれる負傷者らとも重なる。彼はボストン市民と良心の分身なのだ。
これだけピシッと作ってあるが故に、終盤に傷口から流れ出す感傷が効いてくる。声高に叫ぶのではなく静かにテーマを語る。ゆるやかさを持ちつつ骨の太い、正しくアメリカ映画な逸品。
Kenta

Kentaの感想・評価

-
国を守る男達、被害に遭われた方々、そして事件の真相がわかる作品でした。

正義って難しい
スピード感あるサスペンス。
アメリカ発の典型的愛国映画かしら
ボストンマラソンで起こった悲劇について詳しく知らなかったが、この映画を見ることで、被害者の気持ちやその状況下での緊迫感を感じることができた。
Kyota

Kyotaの感想・評価

4.0
成田からサンフランシスコ行きのユナイテッド航空機内で鑑賞。日本語字幕も吹き替えもなかったけど、幸い英語字幕付きで観れたのでよかった(中には英語字幕さえない映画もたくさんあった)。

英語字幕と言っても、すべて理解できたわけではないが、緊迫感が尋常ではない映画だということはよくわかった!あと、全編において絶え間無く流れ続ける音楽も緊迫感を醸し出すのに功を奏してた。

これは是非映画館で観たかった映画だが、DVD/BDがリリースされたら再度日本語字幕版で観ようかと思う作品。そしたら評価も4.5に跳ね上がるかもしれない。

4:8:4
ノーモアテロリズム。
ボストンマラソンテロがこんなに壮絶な事件だったとは知らなかった。それを忠実に描いた素晴らしい作品。主人公だけ架空の人物にすることで客観的な描写を可能にしたアイデアは見事だと思った。
テロの起きる前の日常を丁寧に描くことで(犯人目線も加えて)事件の悲惨さと絶望感が際立っていて良かった。ラストのインタビューはあざとくて賛否両論あるけど個人的には好き。泣けた。
元々期待はしてたんだけど、それをはるかに越える、胸アツ、かつエキサイティングでハラハラする映画だった。テロのことは知ってるつもりだったが知ってたのはほんの一部。事件後の壮絶な攻防にびっくり。仕事人マークはもちろん、ケビンベーコンのキャスティング最高でした。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.2
2013年04月15日、あの日の凄惨な事件の一部始終を事細かに映画化する覚悟に胸を掴まれた。

あの日のニュースは今でも憶えてて、爆発の映像を見るだけでも犯人が早く捕まることを願っていました。
すぐに犯人が捕まって安堵した。

それまでの経緯が映画で語られるということで、絶対観なきゃと思っていて、観終わって、テロで失ったものは大きいけど、それで得られることもたくさんあることに感動と言ったら変だけど、そんな気持ちになった。

“テロリズム”
そんなものに負けない、強いハートを持つことが大事。
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

2.5
物語先行の典型の割には撃ち合いがあったりで、リアリティと作り物の折り合いが悪すぎた。メリッサ・ブノアの使われ方にショックを受ける。