パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

実際のテロ事件を扱った映画。
稀に見る速度で犯人を逮捕した顛末を描いているが、近代的な捜査というよりは事件の周囲にいた人々の事件前後の数日間を丁寧に描いている。単に爆弾の威力というのではなく、テロが日常にどんな影響を与えるのか、というのが主眼だろうか。なかなか手に汗にぎる展開でもあるのだが、犯人サイドの描写はあるけど背景がわからない。(もちろんこれは誰にもわからないのは真実だが、それでも考察はして欲しかった。)また主人公たちがちょっと饒舌すぎる気がした。これはもちろん好みの問題だけど。
ギャス

ギャスの感想・評価

3.1
実際の当事者たちのインタビュー映像も経て、見終わった時はなかなか頑張った映画だなと思ったのだが、
ここでの評価があまりにも高くて少し引いた。
少なくとも、テロに愛で立ち向かう的に話をまとめるだけでは甘すぎる美談にならないか?
wedge

wedgeの感想・評価

3.7
実際の出来事を描く難しさの中、
リアリティと娯楽の、
バランスが良くてのめり込めた。

一般人が多いというか、
地元警察含め一般人しか出ないけど、
そういうもんだよね、現実。

だからこそ、自分に重ねやすい。
悲劇も身を刺す実感。

大衆受けは良くないかもだし、
若干のナショナリズムはある
(というよりは地元愛か)

腰を据えて見てほしい。
テロを起こした犯人を徹底的に追い詰めるサスペンス……という内容ではない。それは、観始めて何分経ってもテロが起こらないことで気がついた。

徹底的に、市民の日常を描いている。こちらはテロが起こっているのが分かっているから「この人たちがテロに巻き込まれてしまうんだな……」という、なんとも言えない気持ちになる。

ボクのサイトでは、もうちょっと詳しく書いてます。http://oride.net/patriotsday/ で。
紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2018.6.8 BS

爆弾テロ辺りの群像劇が淡々としてる分、パトライトの照らす夜の銃撃戦には割とアガる。ペラペラ喋る終盤は退屈だし、いかにもなラストの映像は本当に興醒め。唐突にブラックなギャグ(特にハンマーの件は最高)を挟んでくる感じとか、転回する車を不必要に捉えていく執念は興味深い。
tobi

tobiの感想・評価

3.7
2013年愛国者の日(パトリオットデイ)のボストンマラソンで起きた爆破テロ。犯人逮捕までのお話

映画とは思えない、当時のニュース映像を見ているような緊迫感がすごい。血まみれの人々、悲鳴、事件発生時の現場の生々しさが事件の悲惨さを感じさせる。

これだけの事件があっても強く生きる街の人々、「ボストンよ、強くあれ」という言葉に感動した!
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
ピーター・バーグが監督・脚本・原案を務めて製作された2016年のアメリカ映画

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を題材にした作品。事件発生から早期犯人逮捕に至るまでを描いている。登場人物など脚色されている部分もあるみたいだけど、概ね事実に照らし合わせて描いているらしい。主人公がそもそも脚色みたいだけど、この事件はまだ記憶に新しいので、映像化するに当たって情報は多かったはず。リアリティを感じるのは細かな描写にこだわってるからかな

被害者、被害者家族からしたらあまり思い出したくもない事件だろう。でも人の記憶は常に風化するから、事件を忘れないためにもこういった記録映画的な作品は必要だ。ボストンが結束し、人の繋がり、愛の強さを示したという事実。テロが起き続ける現実に辟易するが、人はテロに屈しないという現実は勇気をもらえる。この作品はそういったメッセージが込められた作品だと思う

犯人を追う警察官や捜査官を演じたマーク・ウォールバーグ、ケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、J・K・シモンズといった渋いキャスト。それぞれの役にハマってて良かった。正義感が強そうな顔付きの俳優ばかり。ケヴィン・ベーコンは悪役もよくやったけど、いい感じに歳を取った。J・K・シモンズは脇役なのにちゃんと目立つんだよなあ。煙草を吸う仕草なんかかっこいいし

テロを扱った作品をテロの犠牲者が観ても慰めになるか分からない。反戦映画は戦争反対というメッセージがあるわけで、テロを扱ってテロ反対と言ってもテロする人が観てる可能性は低いから難しい。そうなると国民を一つにまとめる的な作品にするしかないのかな。まあこんな映画を作らないでもいい世の中になって欲しいものだ
elephantom

elephantomの感想・評価

4.2
ボストンマラソンテロ事件、発生から犯人逮捕までの話

テロ自体は速報で報道されたが、犯人逮捕に至るまでの経緯は日本ではあまり報じられていなかったような気がする。
自分がニュース見てなかっただけ?

警官の殺害や住宅街での銃撃戦など、初めて知る事実がたくさん。まさに映画のような展開で、これはさすがにフィクションだろ?と思いながら見ていたほど。
車で逃走中の爆弾テロ犯を捜索中に見つけたとはいえ、単独で近づいていく警官の勇敢さよ。銃持ってて怖いし、応援待ってからみんなで捕まえればいいのに・・・

愛国心というよりは地元ボストン愛が強いので、ナショナリズム的ニオイは少なく感じた。ピーターバーグ監督のマークウォルバーグ主演実話三作品では一番好きです。
AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.9
「マーク・ウォールバーグって、ちょっとケヴィン・ベーコンに似てるよね~」っ言ってたらリアルタイムでベーコンさん出てきてビクッた( 笑 )

ボストンで起きた爆弾テロ事件。
この事件はなんとなく記憶にある程度で、何人の方が負傷したとかどのくらいの規模だったのかとかは全然覚えてなくて…

けど、爆弾の中に釘などがたくさん入ってて、死には至らなった負傷の多くがひどい怪我を負ったことはとても印象に残ってて…それが映画でも描かれててとても泣きそうになりました。

実際の映像も時折映されてる?感じに撮ってる?か判別はできなかったんですがそれがより事件をリアルに感じられました。

世界が平和になりますように…
アメリカ、ボストン市民の方や、遺族の方、負傷者の方に勇気を与えるような映画だと思いました。
おね

おねの感想・評価

-
自分の非も誰かのせいにする犯人(兄)
こんなくだらない輩がやろうと思って出来ちゃうテロっていうのが怖い。
銃乱事件もしかり。