パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

mtk

mtkの感想・評価

4.5
ボストンマラソン爆弾テロ事件を描いた作品。

戦争映画とかに耐性ない人はなかなかつらいものがあるかもしれません。

何回も泣いてしまった。

本当に残酷で
本当に美しい映画でした。
ケヴィン・ベーコン じいちゃんだった。
率直すぎる感想ですみません。
「はじめまして」はフット・ルースな男前だったのに………
KANの「愛は勝つ」は平気で歌えるのに、「悪魔には、愛しか勝てない」的なこと言われると、こっちが恥ずかしくなる。
いい映画ではある。
2013年に起きたボストンマラソン爆破事件を元にした映画

当時この事件があったことは知っていたけど、改めて起きたことの大きさを実感した。
事件から104時間戦い続けた警察とFBI、また負傷者を助けた医療従事者に心から敬意を示したい。

また、映画の最後で事件で足を失いながらも、前に進む人達の強さを感じた。「Boston strong」この言葉の尽きる。
take

takeの感想・評価

4.2
2013年4月15日、実際に起きたボストンマラソン爆破テロ事件を基にした映画。

自分自身衝撃を受けたのもあり、7年越しにこの映画を通して当時の凄惨な状況を思い出した。あってはならないこと。人の命を奪う権利は誰にもない。

犯人が捕まるまでの104時間を綿密に描いているこの映画。多くの警官とFBI捜査官をはじめとして、事件に巻き込まれたカップルや大学生や事件解決に一役買った中国人男性、そして犯人の兄弟について、それぞれの人間たちの当時の様子や想いを色濃く切り取っている。

いやぁ…最後に実際の関係者のインタビューが映し出されるんだけれども、凄惨な事件に巻き込まれて足を失った方々が、その後強く逞しく生きている姿に胸を打たれた。

見てよかった。
実話を見事な描写で映画化していました。
実在の人物が何人も登場するあたりが見応えあり

テロリスト達に対する警官の台詞
悪魔と戦う武器は一つしかない
愛です。悪魔は愛は奪えない。
mat

matの感想・評価

3.6
映画、としてはもう少し主人公なりの視点に寄せた方がという気はした。
でも観て良かったと思える作品でした。
ほーみ

ほーみの感想・評価

3.8
また実話見ちゃった!この映画は被害にあった人たちを平和の大使としてたところが素敵!苦しんだ人々、取り返しのつかないことは沢山あるけれど、それでも愛の力で前に進んでいく。犯人の怒りという動機が理解できない。
amashin

amashinの感想・評価

4.0
ドキュメンタリーに近い形で実際の映像を交えながら進んでいくので、ハラハラしながら入り込めました。容疑者の妻を尋問したグループは結局だれだったんだ!?
golmiya

golmiyaの感想・評価

3.7
かなりの没入感、マーク・ウォールバーグやっぱいいねえ。最初に家に帰ったとこで一気に熱くなった。
ボストンの人々の勝利を誇らしく描いたアメリカらしい作品で、ほぼドキュメンタリーだと感じた。有名な防犯カメラの映像を交えて、ほぼリアルに描かれている。

まずテロは許されない行為だ。
しかし、途中にあった憶測での一般人のデマ拡散(たしかTwitter発信)など正義の勘違いがあったのも事実。そこはあまり描かれず。

そして、1人目の容疑者の住宅街での銃撃戦。どこまで事実か分からないけど、応戦以外の手は無かったのか。アメリカでは普通だと言われたらそれまでだが。