パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Makki

Makkiの感想・評価

4.5
ずっとハラハラドキドキしっぱなしでした。

この事件を詳しくは覚えてなかったので、この映画を通して知ることができました。
テロがリアルで臨場感があった。
困惑する中意見や指示を出せる主人公マークや捜査官は本当にカッコ良かった。
勇気や愛の大切さが再認識できる映画。
最後の事件後の実際のマラソン完走シーンは涙が止まらなかった。
peko

pekoの感想・評価

3.5
テロ当時の映像が生々しくて辛い。
ボストンマラソンテロ事件とその後の犯人逮捕のニュースはなんとなく見ていたけれど、その後ろでこんなことが起こっていたとは。事件解決までの流れをスピード感を持って追体験できる演出。
彼らの事件解決に向けた姿勢、経験値、それに対する実行力には敬服を感じるけれど、容疑者に対する権利告知なしの逮捕にはグァンタナモを彷彿とさせ、少し怖さを感じる部分もある。
事件のことは知っていても引き込まれて食い入るように見てしまった。何気ない日常から、テロに巻き込まれしまった人達の様子が、実際映像を交えてリアルに描かれていた。捜査の様子は緊迫感があり、ハラハラドキドキ。警官やボストン市民の団結、事件に屈しない人間の強さや愛を感じ感動しました。
良い作品でした❗
ShinyaInui

ShinyaInuiの感想・評価

4.0
実話ベースの作品ですが、展開が上手くて、終始ハラハラドキドキして観れました。良い映画作品です。
いい映画だ。
起こってることは現実なので良いとは言い切れないが、考えさせられる良い映画でした。
ボストンのみなさまあんなことがあっても負けないで下さい。
力いただきました。
テレビで事件のことは知ってたけど、捕まるまでは知らなかったので、本当にやばいやつだった。
イスラムは腐ってるなぁ〜。
jun

junの感想・評価

4.0
心に受けた傷は、癒えることはない。この言葉がいちばん、効いた言葉だった。
善と悪をはっきりと分けることはできない。
でも、判断するための作品の1つだと思った。
tomo

tomoの感想・評価

3.8
このニュースを実際TVで見た覚えがあった。

愛国者の日(パトリオット・デイ)
と呼ばれる祝日の日に毎年ボストンで行われるマラソン大会で2013年に起きたテロ事件を題材にした作品である。
主役のマーク・ウォールバーグ演じる警察官こそ架空の人物だが、テロリストや被害者の方々や事件に対応する警察官たちは実話をベースとしていたり、実際の監視カメラの映像を使用したりしているので映像はより緊張感が増していると思う。
もやし

もやしの感想・評価

3.6
良い話だけど…


実際にあったテロ事件と逮捕劇を描く。


爆破時の被害がすごすぎて…ちょっと直視できなかった。キツい。


創作なんだけど、テロ犯人のやべえ奴感がすごい。怖い。
後半のヤケ糞具合も警察からしてみりゃ相当怖いよなあれ。



緊張感があってシンプルな話だけど見応えあった。


でもいつものアメリカってすごいよね感は日本人としては違和感を禁じ得ない。
愛の力はすごいみたいなこと言うけどさ、いや、テロは愛とかそういうものとは全く別の領域に存在してる悪だと思うんだけどな。
インタビューで、むしろこのテロに遭って良かったみたいなことまで言ってる人もいて、俺そういう考え方苦手。
悪っていうのは圧倒的な理不尽であって、それを何か良く解釈する余地なんてないと自分は思う。
事件に遭った本人がそう言ってんだから俺が何か言うのはお門違いもいいところだけど…
TM

TMの感想・評価

4.0
ボストンマラソンで起きた爆弾テロの犯人と捜査員たちの死闘を描いた102時間。
ピーターバーグ節がきいた緊張感にドラマティックな演出が合わさって見応え抜群でした。

マークウォールバーグ演じるトムはアメリカの良心を持ったいい警察官だったし、
一見クールだけど、熱いハートを持ったFBIの捜査官をケビンベーコンが演じていて、
役者陣も盤石の布陣でした。

忠実な実話ではありますが、
日常を大切に生きるボストンの人たちの勇気がプラスされて、
ラストはなんとも言えない感動がありました。