パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Ryuji

Ryujiの感想・評価

4.0
緊張感があり楽しめた。なかでも中国人のくだりとか。よく逃げられたなーって。
この人本当にマーク・ウォルバーグ好きね。

この映画は二人が組んだ映画で一番良かったなぁ。
koji420616

koji420616の感想・評価

3.8
やはり実話映画はエンディングで、涙を誘う。
加えてテロ事件の内容に驚愕したし、この事件前後の無知な部位も、この映画で観れたこと。
非常に良かった!
当時のビデオクリップや、本人達からのインタビューも含まれていて、緊張感が伝わってくる映画。

It’s so hard to stop terrorism, but I think that loving and caring for others may be the strongest way to fight terrorism.

①⑥
key

keyの感想・評価

4.0
実際の映像が混ざるので、緊迫感が半端じゃない。
てか、あまりにも映画のような内容が本当に現実で起こっただなんて悲惨すぎる…

知らなくてはいけない事件だった
yuri

yuriの感想・評価

3.7
2013年ボストンでのマラソン大会の最中に起こった爆弾テロの実話を映画化した今作。

緊迫とした映画でありながら、とても見やすかったです。途中ドキュメンタリー映像を見てるかのような映像でした。銃社会怖い、、とも思ったし規模が日本とは全然違う。改めて平和だとも思いました。。

最後は感動と感動させる方向に持っていきすぎだなと両極端の感情を持たせる運びだったけど、警察とFBI.住民へ敬意を示してるのが良かったし、この映画で感情の一区切りがつけた人達も居るんじゃないかなと思いました。
cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

3.2
相変わらずエグいというか生々しいというか…
大阪マラソンの数日前にみたため、結構ドキドキしましたがね…今となっては特に印象にも残っていない普通の映画でした。
will

willの感想・評価

4.2
前代未聞の爆破テロ
実際の人になるべく寄せたキャスティングとか脚色とか本当に良かったと思う
2013年4月のテロ。胸が痛む実話!実話ならではの臨場感と緊張感があってかなり楽しめた!泣けます!ボストン市民全員の絆を感じ本人インタビューも本当に胸が熱くなる。
Tガシ

Tガシの感想・評価

3.8
【この街をナメるなよ】

あの日あの場にいた人々が、実行犯までもがそれまでいかに普通の生活を送っていたかがわかります。
テロ自体は序盤で発生し、そこからの捜査がメインです。
少ないBGMや標準画角の多さといった良い意味控えめな演出もあってか、事件をその場にいながらリアルタイムで追っているかのような臨場感や緊張感があります。
街を挙げて「テロに屈しない」力強さが伝わってきました。
大きな事件の映画化作品の中でも完成度は高く、高評価なのも納得です。