パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    ずっと
    ドキドキしながらみました。

    犯人を特定するために、擬似的な現場で、警官とFBIがやりとりしながらあぶり出していくシーンは秀逸。
    実話ものって、「よく出来てるけど、時間経つと忘れる映画」が多いと個人的には思っている。でも、その点このパトリオットデイは、「実話ものにフィクションの味付けをするのが抜群に上手い監督」ピーター・バーグがメガホンをとったということもあり、映画的に強烈な場面の多い忘れ難い作品となった。

    特に中盤の銃撃戦とカージャックのくだりは映画史に残る凄まじさ!もう実際に死人出てるんじゃないかと思わせる壮絶な銃撃戦と、怖すぎるカージャックのくだりは、是非とも劇場の大画面で堪能してほしい!
    マンチェスターやら共謀罪やらが話題の中、今見るべきと思って見たのに書き残すのを忘れていた…
    アメリカの街の意識の強さ、繋がりの強さを感じてカッコ良いアメリカってコレだなって。見かたを変えればアメリカのプロパカンダっぽいけど、素直にカッコ良いなと感じた。
    日本だと少しバカにされてマイルドヤンキーとか言われてる人たちの地元愛ってやつね。地方出身じゃないからわからないからかこういう繋がりに羨ましさを感じる。
    それと映画と直接は関係ないけど時事的に人の集まるところにテロの危険があるということ。それがライブ会場なのかマラソン大会のゴール地点なのかって何も差はないし、そういう場が人よりも好きな自分はこの映画を見て何を思うだろうと。簡単に答えられる問題じゃないけど、あと3年は生きてる可能性は高いわけだしその時には明確に意思を持ってなくちゃダメだと感じた。
    パトリオット・デイ : 愛国者の日。
    日本でいうところの建国記念日?けんこく、とか堅苦しい言葉じゃピンとこないけど、愛国っていうとストレートに伝わってくる。
    そんなアメリカ万歳な映画。

    2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件。当時なんとなくはニュースで見て知っていたけど、高級車を人質ごと乗っ取ったり、住宅街で銃撃戦を繰り広げたりと、容疑者逮捕までの間にクライム映画ばりのスリリングな展開があったことまでは知らなかったので、こんなことが実際に起こったのか…という驚きと興奮があった。

    でもよりによって愛国者の日に無差別テロをやらかすとはなぁ。ヒーローを讃えるかのような感動的なエンディングを見ながら、少しの違和感が残った。これにて9.11より続いているイスラム教徒への偏見と憎悪がより一層アメリカ国民たちに刻み込まれ、絆を強くし一丸となった彼らは休戦ではなく攻撃を選び、これからも争いは続いていくのかな…と。
    評価が高めなのもあり興味本位で見ました。
    忠実に再現かどうかはわかりませんが、緊迫したシーンが多くハラハラして時間がすぐに過ぎました。
    アクションもハデである一方で、これが現実で起こったと考えると怖いと感じさせられます。
    ドキュメンタリーの感覚でも見れるかもしれません。
    こういう作品を通して様々な事件があったことを知るべきなのかなと思いました。

    このレビューはネタバレを含みます

    悲しく、辛い映画です。
    テロ、、本当に許されない行為だと思う。
    だけど、、犯人の奥さんが シリアではもっと多くの罪のない人たちが殺されている、、と言った言葉が頭から離れません。
    だからと言ってテロを起こしてはいけない、それでは同じこと。
    結局はテロを起こした根底にはアメリカを憎む戦争があるってこと。
    どうして戦争なんてするんだろう。
    人を殺せば罪に問われるのに戦争であれば合法?。
    途中から涙が止まらなかった。
    途中途中、本当の映像が入れ込んであって、その都度これは実際にあったことなんだと認識させられた。
    ボストンマラソンでのテロのことは知ってだけど犯人がどうやって捕まったのかとか知らなかった。あの銃撃戦や爆弾のとこは本当だったのかな、、?
    これがフィクションなら わーすごい!って楽観視できるけど。最後にテロで犠牲になった人たちのインタビューもみんな前向きで立派だった。
    私が同じ立場になったらそんなに強く生きていけるかな、、。

    あー、、。これだから戦争映画も嫌いなのよ💧💧

    俳優陣たちも素晴らしい演技でよかったんだけど、、。
    実際の映像や写真も混ぜたドキュメンタリーのような映画。完成度が高い。事件の発生から収束まで堅実にしっかりと描いている。
    亡くなった人は当然そこで人生が途絶えてしまったわけで、居た堪れない。
    胸が疼くような内容でした。

    日常の中で不意に起こるテロ事件。ニュースでは取りざたされていない部分がリアルに描かれており、爆発後の変わり果てた現場の状況を映すシーンでは、もはや絶句状態。重傷を負った人々が苦しみ悶える姿に、胸が疼くような思いでした。

    犯人逮捕までの身の毛がよだつような102時間。緊迫したシーンの連続には、鳥肌が止まらなかった。改めて、テロは恐ろしい。
    よくできてた。まだ5年前の話だったんだね。
    捜査側よりにしてたので事件の経緯より犯人をおいつめていく経緯や死んでしまった被害者じゃなくて立ち直っていく人々や町に焦点をあててるので終わったあともメッセージ性が高い。

    史実ものなんで手堅いし役者も有名どころがおおいので本当しっかりしてる映画だけどあっというまに上映規模が縮小してて悲しい・・・・。
    良い映画だと思うけどな。日本人には少しなじみがうすいのか本当宣伝もあまりしてないし映画好きな人しか見てない印象。もうちょっと見られてもいい映画だとおもうよ。。。。

    ドキュメンタリー要素とドラマ感がちょうどいいレベルだと思う。ただなんというか犯人側は同情を誘わないようになのか背景はあまり描かれないのでそこは分かりづらいかな?
    いいにしろ悪いにしろアメリカ愛国の映画でした。