パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

しほ

しほの感想・評価

4.0
ボストンマラソンのテロの
話は知ってたんだけど、、。
実際にあった話を元にした
映画ってことは知らずに鑑賞!

ところどころ、実際のカメラの
映像とか出てリアリティがあった。
テロの瞬間から犯人逮捕まで
ずっと緊迫した感じ。

1番最後に出てくる、実際に
被害に合った人たちのインタビューに
すごく心打たれた感じだった!
被害にあってつらいのに、
みんな前向きに生きてた◎

日本って平和だなーって
改めておもった。
よくニュースでどこかの国でテロがあったと映像が流れるが、その後の犯人逮捕まではあまり知らされない。
これは実話を基にした犯人逮捕までのストーリー。実際の映像や最後にはご本人登場がある。
テロ怖い。
ボストンマラソンテロ事件自体は、知っていたけど、その後にこんな展開になっていたのは、知らなかったわ。
TheThe

TheTheの感想・評価

5.0
人々が集まる楽しい場所でテロを起こす者。
理解する気もありませんね。
ただ、私達も常日頃に危機対応できる訓練をしなければいけない。
スウェーデンやフランスのように、テロ対策に徴兵制の復活も大切だと思いました。
TeruHaruta

TeruHarutaの感想・評価

3.3
こういった実際にあった事件をテーマにするにはとてもいいと思う。
映画自体もよくできていた。
ただ、マークウォールバーグっていつも同じ演技だね。。
ほのか

ほのかの感想・評価

3.5
2013年4月15日の愛国者の日。
ボストンマラソン中に起こった爆弾テロの事件前から事件勃発、そして解決まで。
監視カメラの映像を交えながら描かれる事件を追いかける様子はほんまにリアルでノンフィクション映画の面白さがぎゅっとつまっててよかった〜。
殺人事件のドキュメンタリーとかめちゃくちゃ怖くて仕方ないくせに見るのすきやから余計こういうのおもしろ〜ってなる。

途中までハラハラドキドキのサスペンスやったのに最後の方愛は勝つ!!っていうのを前面に推してきてちょっと興ざめ。
そう表現するのも悪くはないしそうなるのもなんとなくわかる気がするしアメリカ的で映画的でええんやけど、そういうのって言わずに感じさせてほしかったな〜〜ってね。
愛ってテーマ感じてしまってからはタイトルのパトリオットデイのドヤ顔感!ってなってしまった。主人公のトミーが創作の人物ってのをきいて余計その気持ち強くなった…。初めからそういう見方をしてたらちゃんと受け止められたんやけど、そこだけがなんだかな〜!でした。

この映画でナンバーワンかっこよかった人は〜!ドコドコドコドコ ジャジャン!JKシモンズ!やる気なさそうに見えて犯人と一対一で対峙するところのかっこよさ鬼の如し。
とも

ともの感想・評価

4.1
素晴らしい作品だった。
ボストンで起こった事件を再現してある映画だったが、その時の緊迫感や人々の助け合いなど鮮明に描かれていてすごく感動した。
地元警察、FBI、市民全ての人が平和のため、事件解決のために必死になり、団結したのがすごい。当時の実際の映像なども使われていてリアルだった。
人の強さ、素晴らしさが身に染みる作品だった。
テロは許されないことであり、撲滅するために助け合い強く生きなければならない。
事件で足を失いながらもボストンマラソンを完走した人には敬意を払いたい。
映画というより再現。

もう4年も経つのか、風化させない為にも意義のある作品でした。
ボストンマラソン、爆破テロの話を描いた作品。
ボストンマラソンでテロがあったのは知っていたけど、少し脚色はあるにしても内容までは知らなかったので、知ることができて良かった。
日本にはテロとかあまり身近ではないかもしれないけど、それって凄く幸せなことだと思った。
戦争に行く兵士達はある程度自分が死ぬ覚悟を持って向かっていると思うんが、テロは何気ない日常の一コマで想像を絶する様なことが起きてしまう。
普通にマラソンを応援しに行ってたら、爆発して足が切断とか悲しすぎる…

何が正義かはわからないけど、テロは無くなって欲しいと思う作品でした。

話変わるけど、出演者が豪華だった!
スーパーガール役の人出てる。
トミー役、ミニミニ大作戦の人!
と思ったけど、結構いろんな映画出てたわ。

とにかく、現場の緊迫感が伝わってきてすごくリアルだった。
実際に事件の際の映像が挿入されているせいで、よりドキュメンタリータッチになってる。

戦争とかテロとか、実際にあった事件を元にしてる映画って、観てて疲れる。
こんなに悲惨な事が起こったのかと思うと苦しいから避けがちだったけど、これからは積極的に観れたらなぁ、、