パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

320

320の感想・評価

3.5
171119
2013年4月15日
ボストンマラソン中の爆破テロ。

『祈り』

102時間の容疑者逮捕までだけでなく、爆発前と後の人が物語られている。

何かを得る為にリュックに積んだ祈り。
失わない為の祈り。
失ったあとの祈り。
片足でマラソンを走りきったパトリックの涙。

見えないはずの、
人の『祈り』を見る事が出来る映画。
『ボストン、強くあれ』
momo

momoの感想・評価

3.0
2013年ボストンマラソンでおきたテロ事件の実話。実話だから事実を映画にしているわけで・・・
犯人を追い詰め住宅街での銃撃戦はまさにアメリカっぽさが満載。住宅街なのに無計画にとりあえず撃ちまくれーみたいな警察の短絡的な感じは全然好きじゃないし、プロらしくない。
しまいには、味方の警察車を犯人と間違えて乱射してしまうのもさらっと描かれてるけど、重大なミス。犯人を探す段階は知的でまさにプロっぽいのに見つけて追い詰める時は体育系の能無し。
とりあえず銃社会は怖い。
いい意味で期待を裏切られた!

残酷で悲惨な事件やのに、愛が溢れてる

被害者の皆さんが前向きで、凄くパワーをいただきました!
さすがアメリカ❗
miyu

miyuの感想・評価

4.0
実話だと思うと、、
悪は愛には勝てないって言葉ひびいた。
y

yの感想・評価

3.9
バーグ×バーグの安定感
これが実話って凄まじいな

良くも悪くもアメリカっぽい映画
masa

masaの感想・評価

3.0
役者による演技の最後に本人インタビューが入る構成はハクソーリッジと同じ。ドキュメンタリーの演出のひとつとして本人達の話に感情移入させるという観点で効果的である。

一方、ハクソーリッジもそうだが、対立の状態を描く時に片方だけの観点でなく対立する相手の観点も入れたストーリーを見てみたいと思う。
本作の場合、アメリカの視点で語られ続けが、テロリストがなぜテロという手段をとったのか。そこに至るまでの経緯を描くとより深い話になっただろう。
WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

4.0
これが実話ってのがやばい。
住宅街での銃撃爆破シーンはとてつもない迫力だし、「これを使え」って警察官にトンカチ投げるおっちゃん最高。
細かくディテールまで描写してる所って証言を元にしてるんだろうな。
ジャケットにデカデカと書かれたキャッチフレーズは、少々、否見過ごせない程には引っかかる。
もちろん出ている全ての人の行動が賞賛に値するものだし、これを映画として観て最高に感動してしまったのも事実ではあるが不謹慎
実際の映像ちょくちょく入っててまあ涙止まらないわ
かつ

かつの感想・評価

4.3
実話やからか、凄い緊迫感と重圧感に押し潰されそうになる。
心臓の鼓動が早くなるのが感じ取れる。
この映画は現代の戦場って言っても過言じゃない!!

爆弾犯は人々から色々なものを奪い取ったことは事実やけども、逆に与えられたってとこはちょっと引っかかるんやけど…。
面白いと言うのが不謹慎な気がしますが、非常に良くできてた事は間違いないです。

かなり取材して作り上げたことがわかります。吸いかけの煙草をドーナツ屋で買い物する間に外の生垣に置いておく、なんてシーンは細かい話を当人に聞かないと絶対できない描写です。そんなシーンの積み重ねが「実在の人物」として実感させてくれ、作品の完成度アップに繋がってる気がしました。

監督とウォルバーグはもはや鉄板のコンビですね。脇を固める役者陣も素晴らしく、映画ファン皆大好きベーコンまで出てきて…良いです!とても。

しかしあんな生きる価値なしのカス野郎に殺されてしまった人達や、手足を奪われた人達がいると思うと、いたたまれない気持ちになります…でもラストシーンでそれでも前向きに生きる人達を見て、少し救われた気がしました。