パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

たま

たまの感想・評価

4.0
まだ記憶に新しいテロ事件。
それだけに映画としてどのような作品になるのかとても興味深かった。
2時間半の長い映画が緊張と興奮に震えながらあっという間に過ぎていった。タイトルからして、いかにもアメリカ第一主義的な映画を想像してたけど、アメリカ映画の良いところがふんだんに出ていた映画だった。捜査の方法も興味深く、銃撃戦もリアリティあふれていて、出演者たちも誰もがいい味をだしてた。
悪に勝るものは愛。憎しみに勝つのは愛
それを噛み締めるラストだった。
ゆみ

ゆみの感想・評価

4.0
アメリカを肯定しているわけじゃないけど、愛のために立ち上がったボストンの人たちは凄い。
Yukimin

Yukiminの感想・評価

3.6
ボストンマラソンの事件は知っていましたが、捜査方法や犯人の事などを詳しく分かったので興味深かったです。特に捜査チームの立ち上げから捜査までがスピーディで驚き! 事故現場のシーンは結構リアルだったので実際の事を考えると恐ろしくなりました。犯人との銃撃戦があったのは知らなかったので銃撃戦は驚きでした。こういう実話ベースの事を知るのが好きなのでこういう作品をもっと作って欲しい。ケヴィンベーコン、ジョングッドマンが出演しているのを知らずに観れたので得した気分でした。
DcatcHerK

DcatcHerKの感想・評価

4.2
 テロのことは知っていたが、テロの後も、犯人がいろいろな人を巻き込んで事件を起こしていたとは知らなかった。
 事実に基づく映画なので、犯人を捕まえるための、多くの人たちの苦労が劇的に描かれ、アクションがあるのかと思って観たのだけれど、そこはそれほどでもなかった。もっと深くて、様々な人の普通の人生を、盲信者が一瞬のうちに奪っていき、浅はかな犯人のせいで、巻き込まれた人たちの人生が一変するけれども、巻き込まれた人は、前を向いて歩いていこうとするし、多くの人がそれをサポートする。決して、悲しみにくれる毎日を過ごすのでなく、立ち向かい、新たな人生を築いていく。ありのままを受け入れ、ないものねだりでなく、真摯に歩んでいく。そのことが、しっかり伝わってきたし、人間の強さがわかった。
 マーク・ウォールバーグさん演じる警官は、英雄でもなく、凄腕でもなく、至って平凡で、そんな姿を忠実に演じていた。
 J・K・シモンズさん、ケヴィン・ベーコンさんらも同様。
 真の英雄は、事件に巻き込まれた市民、その市民をサポートした市民すべてだと。
なんともリアル
警察もFBIもかっこいい
おっさんかっこいい
爆発事件での被害者の皆さんには涙
実在の人物を最後に出すことを批判したことがあるけど、批判するときと感動するときの違いはなんなのかね
自分でもわからないわ
TomoKroos

TomoKroosの感想・評価

3.7
あまりこの事件のことについて詳しく知らなかったので、主な内容を知ることができました。

やはりテロは最低だ。

ただそう思わされました。
けど、最期のエンドロールの下りでかなり救われた気分になったかな。
えりみ

えりみの感想・評価

4.1
WOWOW録画📺
ピーターバーグ☓マークウォルバーグによるダブルバーガー3部作(違う)、この1本だけは劇場で観ることが出来ず残念。スクリーンで観ればもっとスコア上がったはず…アレ?この映画に限ってはMウォルバーグが主演て訳じゃないのね。
"ボストン ストロング"
1人のヒーローが活躍するわけではなく、市民全体の勝利ってことか。
なお且つ本編は前振りみたいなもんで(事件当時日本でも大々的にニュースで報じられたし、ボートを包囲する様子を上空から撮影した中継映像はよく覚えているし事件自体は周知の事実やもんなぁ)、最後の本人達のインタビュー集が肝のような気がする。
さすがにこのボリュームで、しかもこんなに片足失っている人が多くて、でもそれでもマラソン🏃ってもう泣くしかない😭😭

よく覚えてる云うといて何やけど、パクったベンツで走り出し住宅街で銃撃戦🔫どころか爆弾投げまくってたとは知らんかった💣
若手がオロオロしたり殉職していく中で、ベテラン市警の制服警官👮が冷静に周り込んで制圧しようと…あのオッサンは?…JKシモンズが一番美味しいトコ持っていってるやんっ😓
ピーターバーグ監督、次こそはエンタメネタでお願いします。Mウォルバーグがイージス艦の艦長になって正体不明の生命体と戦うってのはどうでしょうか🚢👾?
Fuka

Fukaの感想・評価

4.1
日本ではニュースや新聞でも知りえなかったことを映画で知れた、

J.K.シモンズの細かい演技がどことってもカッコいい
Rurimi

Rurimiの感想・評価

4.3
緊迫感と銃撃戦の迫力が良い。
最後に実際の犠牲者の写真出てくるの辛い…
洗脳って怖い。
さえか

さえかの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

あんまり主人公っぽい人もいなくて、いろんな人の目線からテロの事件の様子を見ることができた。
実話を元にしてるっていうのもあるけど、主人公がいないから余計にドキュメンタリー感があった。

日本に住んでてテロなんて正直フィクションの世界のものだし、実際どんなことが起こってるのかあんま想像も出来なかったからそう思うと犯人とFBI、警察の追走劇は面白くて勉強になった。また、前半で一般の人々の生活の様子とかも見れたからより現実味を感じた。

映画のラストに実際に事件に関わった人達のコメントがあったのがちょっと生々しくぞくっとした。

でもやっぱ入り込みづらくて、客観的に観てしまっていた感はあったかも、。