パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Rurimi

Rurimiの感想・評価

4.3
緊迫感と銃撃戦の迫力が良い。
最後に実際の犠牲者の写真出てくるの辛い…
洗脳って怖い。
さえか

さえかの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

あんまり主人公っぽい人もいなくて、いろんな人の目線からテロの事件の様子を見ることができた。
実話を元にしてるっていうのもあるけど、主人公がいないから余計にドキュメンタリー感があった。

日本に住んでてテロなんて正直フィクションの世界のものだし、実際どんなことが起こってるのかあんま想像も出来なかったからそう思うと犯人とFBI、警察の追走劇は面白くて勉強になった。また、前半で一般の人々の生活の様子とかも見れたからより現実味を感じた。

映画のラストに実際に事件に関わった人達のコメントがあったのがちょっと生々しくぞくっとした。

でもやっぱ入り込みづらくて、客観的に観てしまっていた感はあったかも、。
asami

asamiの感想・評価

3.5
マークウォールバーグ見たさに。


ボストンマラソンのテロ事件の実話を舞台にした映画。
3.11が強烈すぎてこのテロ事件の事は記憶の片隅にしか無かったなぁ

冒頭は、色んな人の視点や生活感が出てくるので、誰が被害者なんだろうと、ソワソワします。
実話を元にしただけに、ザ主役的な人は置かなかったのかな。それだけ被害者も犯人も丁寧に描かれてました💡

(マーク見たさだったから、もっと出演して欲しかったけど笑w)

実話を通して、戦争やテロはダメだと訴えてくる映画でした。
記憶に新しいボストンマラソンのテロ事件。
大きく2つに分かれていて、テロが起きるまでのカテゴリ。そして犯人確保までのカテゴリ。
.
時に本物のシーンを織り交ぜてあって、テロが起きるまで、起きたときの緊迫感。そして起きたあとの本当に目を覆いたくなるような惨劇。
爆弾の位置によって多くの方が命は助かっても足を失うことが多い意味もわかった。
.
一転して犯人確保までのカテゴリは、想像以上に「爆弾を持っている」ことがネックになっていて、確保の難しさと、尋問や確保までもそれぞれにスペシャリストがいて、ジリジリと追い詰めていくんだなという視点が興味を引かれた。
.
ジハード。捨て身になった犯人の怖さ。
そしてテロの混乱。ニセ情報。公表したくない情報を中の人が漏らしてしまう感情。
エンターテイメント性をある程度はきっちり入れながらも、しっかり伝えたいことが描かれていて1度見ておいてよかったと思える作品でした。
まだ記憶に新しいボストンマラソンでの爆弾テロ。
当時ニュースで爆発の瞬間の映像が流れてたのはよく覚えているが、その後どうなったのか知らないままだった。
この映画を観てこんな事があったのかと驚いた。
特にカージャック後の住宅地での銃撃戦。殆ど戦争じゃん…

マラソンでの爆発により皮肉にも足を失う事になった人々。
それでも義足になってもまた同じ場所でマラソンをしに戻ってくるところに感動。そして負傷した夫婦が完走した直後ハグし合うシーンにも感動した。

BOSTON STRONG
Mmasuda

Mmasudaの感想・評価

4.0

イメージしていた映画でなかった。
観ないといけない映画です。
mao

maoの感想・評価

4.0
不覚にも泣いた。
最近涙腺が弱い、家族や恋人、子供の話は本当にダメ🤦🏻‍♀️
ボストンマラソンの爆破事件の映画化。

事件は知っていたが…今作を観て事件の内容を詳しく知りました。

犯人の行動には怒りを感じ、被害者の前向きなコメントには自然に涙が出ました。

周りの人にもオススメできる良い作品だと思います。
2013年4月15日に発生したボストンマラソン事件。
ゴール地点付近の沿道で爆弾テロが発生し、多数のランナーや市民が死傷した凄惨な事件として記憶に新しい。
本作は、事件発生から102時間後の犯人逮捕に至るまでの捜査官や警察の執念が描かれる。
働く人々のお仕事ムービーとして傑作だった。

住宅街での緊迫の銃撃戦シークエンスではJ・K・シモンズの片手射撃から流れるようなタックルも拝めるのでシモラーとしても重要なポイント。
悪いコップの印象が強いケヴィン・ベーコンが本作で演じるのはFBIの特別捜査官。頭のキレるこれまた激渋な男だった。

市民、警察、捜査官、そしてボストンの街がテロリストに勝利した。人々の団結力の強さと愛国心を、本作を通じて感じることができた。
「悪魔と戦える唯一の武器は愛しかない」トミーがめっちゃいいこと言うもんやから泣いてもうたわ。

ボストンよ強くあれ。
日本では事件が起きたことぐらいしか知ることが出来なかったが犯人を捕まえるまでにどのような事があったのかを知って驚いた。