パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ぶんご

ぶんごの感想・評価

4.0
2013年4月15日
パトリオットデイ
愛国者の日
ボストンマラソン爆弾テロ事件

『テロにあった国の人たちを、被害者ではなく平和の大使と考えるのだ』という実際に被害に遭った人のセリフが印象的でした。
テロに屈しないアメリカの人たちの強さと優しさが描かれている映画でした。
コロン

コロンの感想・評価

3.9
マークとシモンズ、冷静で熱い。ミシェルも控え目で好感持てる。
まあち

まあちの感想・評価

4.0
映画館で観たかったけど見逃しててやっと借りて観た

パトリオット・デイ
愛国者の日
ボストンマラソンでの悲惨なテロ事件

こんなこと2度と起きて欲しくない
でももし起きてしまったとしたら
こんな風に愛する人々を守るため
一刻も早く事件を解決しようと必死になって動いてくれる警察や政府だったらいいな
「パトリオット・デイ」というのは「愛国者の日」という意味。
この映画は、そんな日に発生したボストンマラソン爆破テロ事件の顛末を描いている。
あの事件は、テレビや新聞で知っていたが、こんなに様々な犯人追跡劇や家族の物語があったとは知らなかった。

しかし、現代は物凄い監視カメラや一般人の撮影する動画などから、犯人が何時何分にどこを通ったかなどが追跡できてしまう凄さ。

2013年4月に実際起こった事件に基づく実話は、娯楽作というより重い気がした。
TAMAKI

TAMAKIの感想・評価

4.5
個人的に2016年No.1作品!
ピーター・バーグ&マーク・ウォールバーグのコンビに外しは無い!!
とし

としの感想・評価

3.7
ボストンマラソンのテロ事件の実話。テロ犯を許さない懸命の捜索の警察官。事件の裏でここまで奔走して犯人を割り出していたのか。最近、被害者側から見た「ボストン・ストロング」を観たのだけど、あらゆる角度から見てみんなの一致団結があったからこそ事件が解決したんだな。
Pikochan

Pikochanの感想・評価

3.8
2016年米国作 サスペンスアクション。
米国同時テロ事件の2年後、2013年4月15日ボストンマラソン爆弾テロ事件を映画化。
世界中で絶えないテロ事件、平和な日常を一気に地獄に突き落とす。必死に犯人を突き止める警察、市民の団結力、テロ行為に打ち勝とうとする姿に感動させられる。
yuu

yuuの感想・評価

4.0
2013年ボストンマラソンでのテロ事件。亡くなった子供の側に立つ警察官。愛と勇気と団結力。
ちゃんとした映画ではあるけれど、アメリカのこういうテイストの映画好きくない
ペンコ

ペンコの感想・評価

4.0
当時の再現度が生々しく、観ていてアキレス腱の辺りがゾワゾワしてくる。
無差別に人を狙ったテロ行為、卑怯者と言わずして何というか。