tjZero

グランド・イリュージョンのtjZeroのレビュー・感想・評価

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)
3.7
全米から集められた4人のマジシャン。
壮大なトリックに騙される富豪にFBI、そして大衆。
”フォー・ホースメン”の真の狙いとは…。

とにかく、展開が速い。
観客に考えるヒマを与えないほど。

これも製作側の仕掛けのひとつで、劇中のトリックを見破られないための工夫なのでしょう。
カード捌きが素早い奇術師に幻惑されているかのよう…。

「近づきすぎると、真実が見えない」みたいなセリフがキーワードのように何回も出てくる。
それはこの作品自体にも当てはまって、冷静に引いて眺められる観客ほど、粗(あら)とか欠点とかが見えやすくなると思う。

自分は結構のめり込んで観ちゃった方なので、「あの黒幕は、あんなに手間かけて復讐しなくても…」みたいな小っちゃな疑問はあるにせよ、全体的には楽しめた。
観終わった後モヤモヤが残る作品ではあるけれど、それも不快ではなく、「ホントはもっとスゴい真相があるのでは?」という広がりを持ったミステリアスな感触。
うまく騙されたなあ、という印象が残り、題材にはピッタリと合っていると思う。