スペクター

グランド・イリュージョンのスペクターのレビュー・感想・評価

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)
3.9


『グランド・イリュージョン』 2013. 米映画 

邦訳すると “偉大なるマジック” 或いは “華麗なるトリック” と言おうか、
題名さながらの、映画でしか実現できないであろうマジックが
スーパー・イリュージョン・ショーとして展開される
筋書きと映像表現は見事というしかない。

わざわざマジックのネタを見抜く人物も登場させ、
我々に “種明かし” をするという手の込みよう。

ラスベガス、ニューオーリンズ、ニューヨークでのそれぞれ特有の見応えのある 
“華麗なる” スーパー・ショーでこの映画は終了すると思いきや、

ラストのどんでん返し、
この映画としてのトリックが “タイトルに” 仕掛けてあったことを
スーパー・マジックのあまりの見応えに圧倒され、すっかり忘れていたのだ。

監督、キャスト、澱みのないストーリー展開といい
「トリック」 「謎解き」 映画の最高峰といえる作品。
その意味で新鮮味を感じさせる映画とも言える。

監督 : 『トランスポーター』のルイ・レテリエ。
キャスト :
* 4人のマジシャン「フォー・ホースマン」
  ・ リーダーのダニエル役 “ジェシー・アイゼンバーグ”
  ・ 催眠術師のメリット役 “ウディー・ハレルソン”
  ・ 紅一点のヘンリー役 “アイラ・フィッシャー”
  ・ 若手マジシャンのジャック役 “デイヴ・フランコ”
* FBIの特別捜査官のディラン役 “マーク・ラファロ”、 『刑事コロンボ』 に似てるか。
* マジックネタ明かし屋の老マジシャンのサディアス役 “モーガン・フリーマン”
* 「フォー・ホースメン」パトロンのアーサー役 “マイケル・ケイン”
* ICPOフランス人 “美人” 捜査官のアルマ役 “メラニー・ロラン” など
いづれも味のある演技をこなし独特の雰囲気を醸し出している。


『荒野の7人』の如く、
映画の冒頭に4人のマジシャン各々のお手並みを紹介するくだり
「おっ、これは始まるな!」と思わせる期待感を盛り上げる上手さ。

ラスベガスのショーの後、 “ネタ明かし屋”(モーガン・フリーマン)が自慢げに話していた二流マジシャンの話............、
実は、これが最後の大トリックの伏線になっていたとは.........。

「フォー・ホースマン」の義賊的振る舞いが、この映画に一層 “スマートさ” と “爽快感” を添えている。

満足のいく鑑賞ができた。  続編『見破られたトリック』も見るしかない。


BS Premium