彼女はパートタイムトラベラーの作品情報・感想・評価

「彼女はパートタイムトラベラー」に投稿された感想・評価

とある広告に、タイムトラベルの同伴者を求める旨が掲載され、それを取材するお話

広告主の半ば狂ったような言動に怪しさを覚えるものの、その広告主を密かに監視してるMIBみたいな連中もいたり、タイムトラベルと広告主につきまとう謎は深まるばかり

ラストのほうまでその謎は続きますが、ただ、話の本筋はそこじゃないんですこれ

もちろんそれはネタバレになるので書けませんが、ただのタイムトラベル(の、謎を解く)映画になってないところが楽しめました
友一

友一の感想・評価

3.1
爽やかな余韻が残る素敵な恋愛映画でしたよ。

ラストの飛躍に驚きならがら、作り手の優しさ目が潤みました。

ここからどうやってコリン・トレボロウ監督は『ジュラシック・ワールド』に抜擢されたのかがどうしても気になりますね。

共通点はどこだ。森でガサゴソか。
ヤバい人信じて!
非常に頭の悪そうな感想だが普通に面白かった

ただ邦題ほもうちょいなんとかならんのか
MaRi

MaRiの感想・評価

1.5
【2018年128作品目】
パッケージ詐欺作品。
こんなポップな内容ではないので、作風にあったパッケージで勝負すれば良かったのに...と。
"ぼくと彼女のタイムトラベル"とかに。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.5
観る前はタイムトラベル的なSFを想定⇒コメディ⇒ラブストーリーとだんだん盛り下がりながら見続けたけど、伏線的な要素だったのかと。観て良かったかな。
usuryo

usuryoの感想・評価

3.6
うーーん、これは面白いんだろうかとモヤモヤしながら楽しんでしまった。全体的に変態的な雰囲気のせいで、ちょっとした仕草一つで笑ってしまう。
清々しい程の邦題詐欺がストーリーをいい具合にかき乱してくれたかなと思った。
AkioSogo

AkioSogoの感想・評価

2.0
DVDで鑑賞。

米国雑誌にほんとに掲載されたというタイムトラベルの同行者募集広告。
・私と過去に行ってくれる人を募集します。
・これはジョークではありません。
・報酬は帰ってきてから支払います。
・必ず武器を持ってきてください。
・私は1回行ったことがあります。
・安全は保証しません。
果たしてその広告は本当なのか、タイムトラベルを実行できるのか…
というミステリーを縦軸にして、実際にさがしにきたダリアス、アーナウ、ジェフがそれぞれ人生を変えようとする人間ドラマを横軸にして
語られていきます。

この邦題は正直詐欺でしょうよ。
だって映るのは作品世界の現代だけです。
過去に行った先でトラブルにまきこまれてどうこうというドラマを
期待してしまうのですが全然違います。
原題「Safety Not Guaranteed」安全は保証しません
の方がふつうに内容を表していると思うのですが。

まあ2012年の作品にして劇場未公開作品らしいので
うるためにこんな邦題にしたのかもしれませんが。

せっかくダメ人間たちがそれぞれの方法で人生を変えようと奮闘する
いいドラマなのになぁ。86分でさくっと終わるいい話なのに。
Netflix 字幕
>|