彼女はパートタイムトラベラーの作品情報・感想・評価

「彼女はパートタイムトラベラー」に投稿された感想・評価

とある広告に、タイムトラベルの同伴者を求める旨が掲載され、それを取材するお話

広告主の半ば狂ったような言動に怪しさを覚えるものの、その広告主を密かに監視してるMIBみたいな連中もいたり、タイムトラベルと広告主につきまとう謎は深まるばかり

ラストのほうまでその謎は続きますが、ただ、話の本筋はそこじゃないんですこれ

もちろんそれはネタバレになるので書けませんが、ただのタイムトラベル(の、謎を解く)映画になってないところが楽しめました

このレビューはネタバレを含みます

2014 4/4 ミニシアターミニシアターしたミニシアター映画という感じでした。今回はあまりぴんとこなかったかな……。
akusurojyu

akusurojyuの感想・評価

2.0
破天荒なキャラのイメージしかなかったオーブリー見たさに鑑賞。
なにかしでかすんじゃないかという表情はあったものの、全然そっち系の映画じゃなかった。
Risa

Risaの感想・評価

3.3
彼は頭がオカシイ人なのか、本当の事を言ってるのか?最後の最後まで分からない。
かなりB級だけど、いわゆる負け組の人たちを愛情を持って描いていて好ましかった。良品だと思います。

New Girlのニック(ジェイクジョンソン)が出てて嬉しい驚き😳
マークデュプラスは意識して観たのは2本目だけど、やっぱイイなあ、彼の演技。
原題: Safety Not Guaranteed。ボーイミーツガールのヒューマンドラマ。所々惹かれる部分はあるものの、物語の焦点が散漫なような気もするし、メリハリがない画が続くのもかなり惜しい。
邦題は?????って感じ。パートタイムとタイムトラベラーかけてんの??意味わからんわ。とにかく全くSFじゃなかった。ラブロマンスかヒューマンってところです。B級やしグダグダな感じもいなめないけど、あれ?なぜか心があたたかい…………?歌声に補正されて、かっこよくないあの男の人もイケメンに見えたところからのキッスで安心しましたわ。
ラストは期待していた通り、私的にはとても好きな終わり方だった
ジャケット借り。タイムトラベルするにはするけど、これはドラマ性の方が高く、それぞれの人の成長の物語でした!期待違いだったけどいい映画でした。
1つの不思議な新聞広告からここまで変化にとんだ人間性が見れるとは…トレボロウ監督、恐竜以外にもやりますな(笑)
出張ってやっぱり遊びの要素も高いんかな?
オーブリープラザのちょっと暗い感じの表情が明るくなっていく様子が印象的でした。
ドーピンダー?(笑)
とり

とりの感想・評価

3.5
「過去への旅の同行者を求む」Someone to go back in time with meーーーー『ジュラシック・ワールド』を監督脚本したコリン・トレボロウによる出世作ぽいけど、最後鳥肌立った。結婚式の誓いのように誰かと連れ添うということを日常レベルに当てはめて考え直す絶好の機会を素敵に与えてくれる。ものすごくキャッチーという感じではなかったけど様々な人生への洞察、そして誰もが抱く「やり直せたら」という気持ちの肯定にスマートな笑いが全編に渡って散りばめられた良作だった。人生って上手く行かないよね、でもちょっとジタバタしてみようぜみたいな感じで心ほっこり小さくガッツポーズ。主人公オーブリー・プラザの常にふてくされたような顔による癖のある好演と、『ジュラシック・ワールド』のジュラシック・パークTシャツでもお馴染みのジェイク・ジョンソンの相変わらずはちきれて場を掌握する曲者感。マーク・デュプラス、役者として出ている作品どれも波長似た感じの多いけどそれだけ良作も多くて気持ち良い。つまりオフビート・インディ系で悲喜こもごも受け入れるような。けどその中で(お洒落)インディ映画とは何たるかみたいな予想を気持ちよく裏切られる真っ当な本作終盤、最後のカタルシスはなかなか。タイムワープもののある意味での普通と異なる正解とアイデアの勝ち。トレボロウさん、そりゃ『ジュラシック・ワールド』でも恐竜に負けないようなあれだけ魅力的なキャラたちを作り上げられるわけだ!
「一人の旅か二人の旅か、二人の旅だと妥協し犠牲を払うがその価値はある」でも自信を無くて不安になったときは誰かの支えが必要だ
TOMATOMETER90%AUDIENCE80%
Safety Not Guaranteed's ostensibly modest ambitions are outmatched by the movie's strong performances, beguiling charm, and heartfelt story.

このレビューはネタバレを含みます

発注と違うものが届いた。本当にパッケージ詐欺。実話をもとにとか、タイムマシンの広告とかミッションとか、バンボの興味をくすぐるだけくすぐっておいて、発注と違うものをよこし続ける。タイムマシンなんかないんだ的な流れかと思ったら最後…じゃぁさっさと行けや!って思った。途中の修行とか何一つ活かされてない、タイムマシンで過去に戻んのをオチにしちゃったからそのあと戻った先どうなったのか一切触れてない。バンボなかなかに立腹。
>|