Wakana

ハンナ・アーレントのWakanaのレビュー・感想・評価

ハンナ・アーレント(2012年製作の映画)
4.4
高裁がオウム真理教の元信者に対し、無罪判決を下しました。その裁判の争点と、この映画で取り沙汰されているナチの戦犯アイヒマンの裁判の争点が、全く一緒だった。つまり、「直接手を下していない」「上からの命令による行動」「思考が停止していて何も知らない状態」だったところからどのように罪を見出すかという点。
ナチとオウムの一連の事件を同じレベルで議論するのは考えが甘いかもしれないが、ハンナ・アーレントの言葉を借りると「悪の凡庸さ」というものの身近さを感じるという意味でとても意義深いと思う。
悲劇的な大犯罪は普通の人から生まれる。なぜならそれは根源的な悪ではないから。
印象深かったのは「アイヒマンが重罪を犯したことと彼の凡庸さは別の次元の問題で一緒に議論することはできない」という(感じの)セリフ。

何ていうか今のISの問題を紐解くのに必要な考えの一つのような気がする。