新しき世界の作品情報・感想・評価・動画配信

「新しき世界」に投稿された感想・評価

SDSmovie

SDSmovieの感想・評価

4.4
久しぶりに観たけど、役者陣の顔と演技が良すぎる!
容赦がない犯罪組織内の中での葛藤や欲望といった人間味あふれる描写がたまらなくいい!
めちゃくちゃ好きな映画!
チョンチョンの「ブラザー」はどこか安心する。
友情は正義を上回るのか。
舟子

舟子の感想・評価

5.0
なんで今日まで観んかったんあたし

公開時に観たかった…!
そうきたか!という展開がなかったけど
最後に勝つのは誰だってのは楽しめる
LcK0812

LcK0812の感想・評価

5.0
HIGH&LOWの元ネタ。いま見るとびっくりするぐらいパロディがある。
またチョン・チョン役のファン・ジョンミン、どう見ても仁義なき戦いの千葉真一パロディなのだがあんまり指摘してる人を聞かない。時間があったら見比べてほしい。

とにかく脚本がいい。警察とヤクザ、法と友情の間で揺れる主人公が最後にどうなるか、納得いくかどうかで結末の評価は分かれるだろう。

冒頭からえぐい拷問シーンがあり、韓国映画ならではの泣きと暴力のミルフィーユをたっぷり味わえる。韓国ノワールの中でも傑作中の傑作。
びっくりするくらいだめだった...

このレビューはネタバレを含みます

葬式のシーン
主人公の未亡人感すごかった
きゅ

きゅの感想・評価

4.8
6年前、初公開以来の劇場鑑賞でした。
大学受験を終えたばかりでやっと映画を観に行ける!と息巻いていた当時の、どうして最初の一本に選んだのかすら覚えていないこの作品に、本当の意味で「新しい世界」を見せてもらった興奮と衝撃をまた味わうことができました。
初めて観た韓国映画だったんですが、そのバイオレンスさ、緩急のある感情描写、そして色々な韓国作品を見てきた今だから分かる血の繋がりのない「兄弟」という関係性。
その全てが新しく、強烈でまだまだ脳みそゆるふわだった当時の私がその微細を受け止め切れていたとは言えません。
ただ、何か凄いものを見た。
そして私はこの作品をこれからずっと大事に思って、これから見えてくるものも変わるのだろうと思ったことは覚えています。以来、「ハリウッド大作が映画なんだ」というような意識が失せ、韓国映画を始めインド映画やいろいろな国で、いろいろなバックグラウンドで作られた物語を観るようになりました。大袈裟かもしれないですが、視野が広がったと感じています。
『新しき世界』はそういう意味で、私にとって正真正銘の「新しき世界」です。

そして6年経った今日の劇場鑑賞で、広げてもらった新しい視界で見た『新しき世界』で、ようやく作品の端から端までが見渡せたような気がします。
チョンチョンの深い愛情、ジャソンの葛藤、課長の残酷さと苦悩、ジュングの永遠の思春期。 『新しき世界』をト書きではなく彼らの感情と行動で観ることがやっとできました。
『新しき世界』をまた新たに観ることができた心地です。
6年前、麗水。ライターを投げ捨てた後のジャソンの笑顔はチョンチョンすら知らない、私たち観客だけのものだとようやく気付くことができました。
り

りの感想・評価

3.5
【始】生コン飲まされて沈められる
【終】6年前 麗水
殴り込みに行くジャソンとチョンチョン

秒で死ぬイ・ギョンヨン
「ブラザー」
ジャソンの代わりにソンムを殴るチョンチョン
カン課長との待ち合わせの釣り堀廃墟
インチョンの埠頭で雨の中焼酎を飲みながらジャソンを待つチョンチョン
「もう会えないと思ってた。チョー嬉しいよ。
おい、ブラザー、苦しんでるみたいだな。
そんなに悩むな。このへんで選べ。
兄貴の言うことを聞け。おまえが生き残るためだ」
「強くなれ。強く生きるんだ。俺の舎弟よ。
それがおまえの生きる道だ。わかったか」
死ぬにはいい日だ
ペアの腕時計
チョンチョンの葬式のジャソン、未亡人…(?)

https://twitter.com/ion_alcali/status/520870804267872258?s=20
容赦なしのヤクザ映画。

冒頭から拷問シーン、セメント飲まされて海にドボン。
先行き不安感ががすごかった笑笑(良い意味で)

韓国の巨大犯罪組織ゴールドムーンの会長が事故死したことによって勃発した跡目争い。
もうとにかく血で血を洗っちゃってます。
粛清に次ぐ粛清が行われちゃってます😭

後継者候補役のファンジョンミンとパクソンウンが超かっこいい☺️
最初から最後までエグいんだけど、2人がめっちゃ良い味出してるから意外にも後味スッキリって感じ!


これは毒だ、飲んだら死ぬ。
だが飲まないわけにはいかない。
よし。暴れ回ってやるさ。
>|