P後輩

昼顔のP後輩のネタバレレビュー・内容・結末

昼顔(1967年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

単なる不倫劇かと思っていたら、「死人」が生き返り、寄り添っていた「医者」が「死人」になり、ほとんどの登場人物が最後には「なんらかのもの」を失くし、「空洞」を抱える、というすごい不条理劇、いやメロドラマだった。

「ヘップバーンはジバンシーのハンガー」って誰かがいっていたけど(名言)、逆にカトリーヌ・ドヌーヴはサンローランに「着られてる」ことはない。だから衣装をいとも簡単に脱ぎ捨てるし、男たちも遠慮なく、彼女から服をぞんざいに剥ぎ取る。

娼館という舞台装置を非現実世界として描かずに、あくまでも内面世界だけをシュールに描くというセンスが素晴らしい。そういう発想ができるものと、ドヌーヴにしか「誰も乗っていない“からっぽ”な馬車」は見えないし、「鈴の音」も聞こえない。