ゆきひろ

悪いやつらのゆきひろのレビュー・感想・評価

悪いやつら(2012年製作の映画)
3.8
録画されていたので鑑賞。
これは面白い!
主人公は韓国映画では、お馴染みのチェ・ミンシク。
このお方のだらしなくタバコを吸う姿は見事なものですね(笑)

この作品、主人公が成り上がっていく様と家族愛は韓国版ゴッドファザーという感じ…抗争シーンは仁義なき戦い。
それに汚職問題は韓国では今もあるみたいだが、80 年代は随分と取り沙汰されていましたから社会風刺を足して作ってみました…なんて作品に感じました。

ラストの「大叔父…」の声は幻聴なのか、それとも…?
実にいいオチです(^_^)


私はパーティーのビデオカメラによる撮影シーンが挟まれているのが伏線かと思います。
赤色のスカートの女性の後ろ姿を追い掛けながらの寄り、これはハンドカメラでの撮影です。
途中でビデオカメラで撮影していた人が映ります。
もう一人別のビデオカメラマンがいた。
それは、いったい誰?…
15年は経っていたのでは?…
それにカメラ目線ではなく、少しずれた所を見つめる眼差しは、カメラマンを見て死を覚悟したのでは…