バチアタリ暴力人間の作品情報・感想・評価・動画配信

「バチアタリ暴力人間」に投稿された感想・評価

流石に暴力人間よりはエグさが抑えられてるなと思ったけどうんこで笑った
俺の為の映画?
プトシ

プトシの感想・評価

3.0
黒白石くん
orixケン

orixケンの感想・評価

3.9
昔学生時代に作っていた、商業映画というより映画学部の卒業制作や自主製作みたいな感じの映画をわざと意識して作ってるようだった。
個人的にはまあまあ楽しめたけど、お薦めなかなかしにくい、白石晃士の原点見たくて時間あればいいかも。
徹頭徹尾理不尽で見ているこちら側を終始イライラさせる表現は見事、特に居酒屋でトイレを利用している女性にたいしての言動は演技だとしても不愉快極まりなく感じるあたり最高の作品なのだと思います
『オカルト』に出演した際の江野くんこと宇野くんもそうですが、非常にアウトローで目をあわせてはいけない人物を描くのが本当に上手くて、あるいは元からそういう人たちなのかもしれないとさえ思ってしまいます
つまり、この2人の一言一句一挙手一投足が不快に感じれば感じるほど、手のひらで転がされていることになるのでしょう、きっと

とはいえ最後の最後で溜飲が下がり切っていないことと、江野くんほど魅力を感じられなかったのでそこはマイナスです
まちゅ

まちゅの感想・評価

3.7
ひえーー( ◜ω◝ )
とんでもないもの見てしまったヤン

"コワすぎ"シリーズにて、すっかりファンに
なってしまった白石監督ですが
今作は振り切りまくってて笑えます。

カルト・グロ・エロ三拍子揃ってる。
役者さんたち、カットかかったあとどんな感じ
なのか気になる(笑)
演技なのかアドリブなのかリアルが過ぎる。

丹下先生信者の夫婦の家に行ってからなんて
全てがカオス\( ´ω` )/丹下先生ダイスキデス!!が
頭に焼き付いてます
(工藤Dはやっぱりすごい)

ラストはなんか絆が出来ててホロッときた。
これまた仕事前に見てしまった為、
頭の中で暴力〜人間〜♪♪と歌ってて
仕事中声に出してないか不安でキョロキョロしてました。笑

ただ癖のある作品見た後の仕事って
なんか上手く行く気がするの私だけですか?
とし

としの感想・評価

4.2
1997年に作られた自主映画「暴力人間」のセルフリメイク。 笠井暁大監督と山本剛史さんが“暴力的な人間”として好き勝手に暴れまくるフェイク・ドキュメンタリー。 コメディ要素と暴力的な不快感が絶妙にブレンドされている。 ただ、正統派な映画ばかり観てる人が観たら確実に激怒すると思う。特にトイレに入った女性に絡むところはかなりの不快感。 新興宗教の信者の家に上がり込み踏み絵ならず写真に脱糞させるが、逆にそのうんこを顔に塗りたくられておかま掘られるところは最高に面白かった。 『狂い咲きサンダーロード』、『ビジターQ』に次ぐカルト映画。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

4.9
これガチで面白すぎるんですけど....

心霊ビデオの撮影中にクッソ面倒臭いチンピラが紛れ込んで撮影めちゃくちゃにする...って設定で山本さんと笠井さんがキレキレで最高すぎる....

こーゆー輩いるよなー笑笑
全編モキュメンタリー作品となっており、前半は笠井と山本の行動にイライライライラ不快感しかないのですが、後半は悪ふざけ全開の展開が最高
>|

似ている作品