リアリティのダンスの作品情報・感想・評価

リアリティのダンス2013年製作の映画)

La Danza de la Realidad(The Dance Of Reality)

上映日:2014年07月12日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

「リアリティのダンス」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.8
アレハンドロ・ホドロフスキー作品は、エル・トポを多分20年前くらいの若い時に見て以来。正確には当時の自分には難解で意味不明で途中で挫折したので初鑑賞。
2回連続で鑑賞したが、ただただ脱帽。
これほどの凄い世界を創れる監督の作品を全く観ていなかったとは、残念という言葉では言い表せない、それほどこの映画は素晴らしかった。
千紘

千紘の感想・評価

4.3
再再見。

椅子職人お爺ちゃんが死ぬシーンから全裸で拷問されるシーン迄が記憶に無さすぎてこんな映画だった?以外の感情がない。

高校生の頃この映画を観て心を持っていかれていた事実に対して不安を覚えました。
それでも大好きだなと思う理由は行者がアレハンドロに語りかけるシーンとラストでパネルの中を進むシーン、ホドロフスキー 自身が随所で少年に寄り添う演出が余りにも優しくて美しいからです。

自分の中で苦しい事があった時、帰って来たいと思える素晴らしい映画。ホドロフスキー最高!
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
アレハンドロ・ホドロフスキー監督の幼少期が色濃く投射されている作品。演出はいつも通りやばくて、さらに今作はよりぶっ飛んだ所が多かった。もちろん障害者やフリークスも登場。内容は両親との葛藤の精算かなぁと。比較的に陰性を感じたが、それが今作から繋がる次作「エンドレス・ポエトリー」で一気に解放されたのか。
2回目
久しぶりに見たけど、やっぱりむちゃくちゃに面白かった。ファンタジーの極意が詰まっている。イマジネーションの宝庫。
実は息子より父親が面白い。
誰かホドロフスキーのどの息子がどの作品でどの役か包括的にまとめてくれないだろうか。

1回目:2016/12/6
ホドロフスキーの幼少期が壮絶な感じなのと情報量が多い。
がく

がくの感想・評価

3.6
う〜ん…。どうした、ホドロフスキー!!!!??


初めて画素数の高いホドロフスキー。時代の進みを感じる。

そしてCG⁉︎ホドロフスキーがCG⁉︎確かにホドロフスキーが表したいものを表現するにはCGって最適なんだろうけど、これまでのを観ていたら「そんなもの使わないで!」って思っちゃう。

でもやっぱり世界観がホドロフスキーで、相変わらずめちゃくちゃやってるホドロフスキー。

ホドロフスキーランキング
1 ホーリーマウンテン
2 サンタサングレ
3 エルトポ
4 リアリティのダンス

さあ、最新作はどこに食い込んでくるのか⁉︎
ともや

ともやの感想・評価

3.7
好きだけど、ホーリーマウンテンがちょうど良い自分には、難しかった…
YellTao

YellTaoの感想・評価

3.5
他人の人生は、側から見れば出来た物語のよう。
それをまた人に伝える時にどう伝えるか。
達観した世界にも納得の奇才ホドロフスキー監督の少年時代。

奇抜でも整っているデザインや色彩感覚、シュルレアリスムの表現が少年目線なので伝わりやすかったし、
軍事政権としつけ、貧困や人種差別、身体の欠損など、アクチュアリティをユニークに表現していることに感嘆しちゃう。
でもやっぱり一部分の表現は相入れなくて不快に感じるとこもあったけど、
監督の、絶望感さえも高揚しちゃうような作品作りには憧れちゃうなーー。

ラストの過去との決別シーンにはインスパイアされた。シンプルでもメルヘンな音楽が最高にイイ味出してるーー。Salud!!
ネクロ

ネクロの感想・評価

4.0
ホドロフスキーの自伝的映画
オペラ口調の母親が神の一部といって親父にしょんべんをかけて消毒する
>|