リアリティのダンスの作品情報・感想・評価

リアリティのダンス2013年製作の映画)

La Danza de la Realidad(The Dance Of Reality)

上映日:2014年07月12日

製作国:

上映時間:130分

3.8

あらすじ

権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

「リアリティのダンス」に投稿された感想・評価

nooooori

noooooriの感想・評価

4.8
アレハンドロ・ホドロフスキー作品は、エル・トポを多分20年前くらいの若い時に見て以来。正確には当時の自分には難解で意味不明で途中で挫折したので初鑑賞。
2回連続で鑑賞したが、ただただ脱帽。
これほどの凄い世界を創れる監督の作品を全く観ていなかったとは、残念という言葉では言い表せない、それほどこの映画は素晴らしかった。
福

福の感想・評価

3.7
エンドレスポエトリーへと続く叙情詩

このレビューはネタバレを含みます

「エンドレスポエトリー」の前作。
お父さんの生涯が中心に描かれていた。
それはまだ主人公ホドロフキーが少年であり親の支配下にいるからだと思う。
そして、続編で語られるように、父との間にある果てしない軋轢もまたここで父親の物語が多く描かれる理由だと思う。
取り返すことのできない悔恨があるのだろう。
Kohtaro

Kohtaroの感想・評価

-
ホドロフスキーの自伝2部作の前編。

途中聞き覚えのある曲が流れてて引っかかってたのですが、エンドロールで『エル・トポ』の曲が使われてたと知って納得しました。
Punch

Punchの感想・評価

3.8
全てをダイレクトに表現する感じがあんまりしっくりこなかった。
アン

アンの感想・評価

3.9
池袋新文芸坐ホドロフスキーナイト第二夜「それは過ちではない」
見終わったら歯を磨きたくなるくらい濃い

このレビューはネタバレを含みます

新文芸坐オールナイトで。
初ホドロフスキー。

奇抜な演出や、印象的な音楽、突飛なキャラクターなど、概ね自分の好みな映画で終始にやにや。シュールなネタも好きな感じで面白かったな。演劇的な演出多々あり、小人かたわなどの役者が生き生き演じててそれもいちいち面白い。テンポ良いし、飽きるシーンがなかった。父親の突飛さも、ストーリーの奇天烈さも、現実味があって、チリの歴史勉強したくなった。ユダヤ人とかキリスト教とか、共産主義とか、混み合った問題をコメディちっくに提示してて、監督の意図をうっすらと理解。母親の肉付きのいい裸体が当分忘れられなさそう。エルポトも見たい。「ロバを殺したら明日運べないじゃないか」印象に残ったな。キリスト教はどんな文化にも影響与えてる?
またじっくりみたい。
理不尽さが実父に似てた。寓話的なキーワードもたくさんあって、宗教の層の厚さを感じました。

このレビューはネタバレを含みます

色々と死にすぎ問題。
自伝的作品。理解を超越していた…。
>|