セブン・サイコパスの作品情報・感想・評価

「セブン・サイコパス」に投稿された感想・評価

『スリービルボード』が凄い作品だったので
マーティン・マクドナー監督の前作を鑑賞☆

ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル、
アビー・コーニッシュ、ジェリコ・イヴァネク
スリービルボードの主要キャスト4名が登場!

『セブン・サイコパス』ってタイトルなんで
7人のサイコパスが劇中登場するんですがね
ウディ・ハレルソンもサム・ロックウェルも
当然!サイコパス野郎です(*´∀`)ノ モチロン♪

もしスリービルボードを観ていない状態で
今作を観たのなら、みなさんのご指摘の通り
たんに"タランティーノ的だな(´-д-)ノハイハイ"
くらいにしか感じなかったでしょう・・・が!

どう先に転がっていくか読めない展開…や
あれがそこに繋がるのかッΣ(゚∀゚)展開…など
傑作スリービルボードに通じるものがある☆
と・・・言えなくもない (・д・)ノ!…カモシレナイ
(びっくりするくらい上手くはないです )

映画の脚本家の主人公マーティ(コリンファレル)は
新作映画『セブン・サイコバス』の脚本の
執筆が思うように進まない。そこで新聞に
「イカれた野郎募集!」との広告を出すと
彼の元に次々とサイコ野郎が集まってくる。
彼は無事、脚本を完成することができるのか…。

スリービルボード組以外にもトム・ウェイツ
クリストファー・ウォーケンなど個性派揃い。
&…オルガキュリレンコたん(*´∀` )デレー♪

スリービルボードの監督だからといって
そんなに期待して観なければ…楽しい♪カモネ
まぁまぁな感じな作品でしたよ( -_-)ノ マァマァ

そんな、まぁまぁな感じな作品ですが…
クリストファーウォーケンが想い描き語る
ベトナム人のサイコバスの物語がまさかの
レイジアゲインストザマシーン★1thアルバムな着地 !!
https://youtu.be/Lp3kcHchD1Y (←コレね)
この"意味はある"くだりはかなり好きだし
ラスト、少しだけ雰囲気が変わった主人公☆
ここもかなり好きでしたよ(・∀・)イインジャナイ♪


おしまい。
つちだ

つちだの感想・評価

3.8
7人のサイコパスが登場するけど、サイコパスというより、超クレイジーな奴らって印象…

サム・ロックウェルといい、ウディ・ハレルソンといい、クリストファー・ウォーケンといい、僕好みの役者さんばかりで、しかも頭のネジが飛んだような奴らばっかりで大満足です

全体的にブラックコメディで覆われてた今作だけど、オンとオフのメリハリがはっきりしていて、監督が「ここを観て!」ってシーンはしっかり描かれている
キャラクターや、その心情を描くのが上手だなぁと感じた

残虐描写もあるので、そういったものに抵抗がない人は観てほしい一作
いたる

いたるの感想・評価

3.7
コリンファレルの困惑顔
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.2
サム・ロックウェルが狂ってます。
でも友達思い。

このレビューはネタバレを含みます

この作品は現在のアメリカ映画に対するアンチテーゼや問題提起。

主人公の脚本家、彼の台詞は現在のアメリカ映画に対す脚本家の思いそのまま。自分が「書きたい」作品より「ウケる」作品ばかり依頼される。本来「芸術」であるはずの映画が広告を始めとした「ビジネス」の道具に成り下がってしまったことを嘆いている。

「ここはこうなるのがセオリー」なんて台詞がよく出てくるのはその象徴。敢えてそれを避けて、違う結末にすることで、メッセージを面白く伝えてくれる。

勿論ストーリー自体も完成度が高くて面白い。好きな作品。
aloniatree

aloniatreeの感想・評価

4.8
いやいやいやこの映画のノリ、大好きです(笑)なんだか昔のミニシアター系の映画って感じがプンプンする雰囲気大好物です(笑)
これのあらすじとは違う話しじゃん!ってびっくりした(笑)犬誘拐はビリーがやってただけで、マフィアのボスが犬偏愛家だったっていう(笑)広告で来たのはトムさんだけだよあーた(笑)マーティとビリーがどんどんあらぬ方向に進んでいく感じとか、サムロックウェルのサイコパス加減とか(笑)これみてたらグリーンマイルの殺人犯思い出したよ(笑)またこんな役だよ(笑)だけどぴったりだよ!(笑)サムさんはシドアンドナンシーに出てた頃のゲイリーオールドマンに似てる気がしてた(笑)コリンファレルのゲジ眉の下のギョロ目が漫画みたいで愉快だし、ウディハレルソンのマフィアのいかれポンチ具合も良かった!(笑)クリストファーさんも出てるだけですごく良かった(笑)なんといってもトムウェイツ!!!語り出すと何であんなに雄弁に?というかまさに吟遊詩人になっちゃうあの雰囲気はすごいよねー!昔から大好き!トムウェイツ出てるからというわけではないけどこの映画どこかダウンバイローみたいなテイストを感じたし、バッファロー66にも似たテイストも感じた!(笑)後半ちょっとダレるけど、最後の最後にまたトムでてきて火曜日は用事があったからまた電話するってクダリ大好きだな〜(笑)いやーこの映画、スリービルボードを見る前に見たのでスリービルボードにちょっと期待しちゃう〜(笑) シリアス路線らしいが(笑)ま、とにかく愉快な映画でした!私の心のメモに書き込んでおこうっと(笑)わーいわーいわーい(笑)
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2019.1.10 BS

2本目にしてこの監督の描く友情/優しさのようなものにコロッといきそうになるが、脚本とキャスティングだけではやっぱり映画にはならない。
コーエン兄弟の従兄弟ことマーティンマクドナーの2作目。
スリービルボードでの衝撃から過去作を観てみることに。
おそらくコーエン兄弟の「赤ちゃん泥棒」から映画内で犬泥棒をしているのではないかな。それは浅すぎ?
ウディハレルソンの左耳の付近サソリのタトゥーにも何か意味がありそう。不自然に注目させるような撮り方だった。
結局分からないことだらけだったが、たぶん表のストーリーとは別に裏のストーリーが隠されてるんだろうなぁ。
>|