サイド・エフェクトの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「サイド・エフェクト」に投稿された感想・評価

つき

つきの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

序盤 エミリーかわいそう(´・ω・`)
中盤 バンクスかわいそう(´・ω・`)
終盤 そういえばエミリーの夫(名前忘れた)かわいそう(´・ω・`)
Nya-o

Nya-oの感想・評価

3.6
怖い〜みんな頭いいね、お主やりおる。

自分なりの考察を見事に弄ばれてる感じで、よかった笑笑
そうなのか…?いやこうか?ってぐるぐるとね笑笑

なんで強く訴えれば訴えるほど、相手は冷めていくんだろう…
ますます信じてもらえないんだよね…一度信頼を失ったら何を伝えてもなかなか覆せないということなのかな…とか考えてしまったよ(´ー`)

このレビューはネタバレを含みます

過去にレビュー済だったが誤ってレビューを削除してしまったので再度書き直し

薬の副作用で夢遊病状態になり夫を殺してしまった妻の話。
主人公は薬を処方した精神科医で、最終的には彼女の詐病を見破る。
彼女に知恵を貸したレズビアンの精神科医を逮捕し、妻は精神病棟に閉じ込める。
途中まですごい眠い展開で後半もそこまで盛り上がりはない。
かや

かやの感想・評価

3.4
どんでん返しもラストもよかったんだけど、チャニングテイタムがトレーダー似合わなすぎなのとかませ犬だったのが悲しい
yuki

yukiの感想・評価

4.5
公開時劇場で。

うつ病で新薬を処方された女性が夢遊病で夫を殺害、その新薬を処方した主治医が責任を問われ、主治医自ら原因を追い真相に迫っていくサスペンス。

ソダーバーグ作品の中でもかなり好きな作品のひとつ。
結末そのものよりもそこにたどり着くまでの過程が楽しい。結構予想外の方向に進んでいって予想してなかったところに着地するので最後まで楽しい。

いろんな意味でクスリも人間も怖い。
エミリーの物語から始まるのがうまいなぁ。そんでもってルーニー・マーラがうまいのでこの映画のおもしろみも増し増し。ジュードもいい感じ。

キレ味良すぎずスタイリッシュ過ぎずの微妙にだらんとした絶妙なバランスがソダーバーグ感出てて好き。このソダーバーグ独特のテイストを表現する言葉が見つからない。キメすぎない感じが好き。

「アンセイン」観なきゃ…
何を書いてもネタばれになりそうなサスペンス。
嘘と真実が交錯する、展開の全く読めないストーリーに引き込まれました。

R・マーラの儚い、それでいて強い意志を持つような演技が怖い…
すてふ

すてふの感想・評価

3.2
夫が逮捕され鬱病になった妻。新薬を処方されるが…。

精神科の先生も大変だね。人の心を診るって難しい。

最初は鬱を扱った重い話かと思ったけど違う方向に進んでいっておもしろかった。もう少しミスリードしてほしかったかな、方向転換だけで意外性はなかった。
あばば

あばばの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

鬱のふりして薬飲んで(実際には飲んでない)副作用で夢遊病になったふりして夫を殺してそれによって予め買っておいた株が儲かって共犯の元主治医の精神科医(女医)とひゃっふ〜!するという計画を立てて見事に演じきったエミリー凄すぎる。女は幼い頃から演技を…って女が怖くなるやん。でも実際女は誰しも女優やで。
この計画のとばっちりを受けたジュード・ロウが気の毒だったけど最後ちゃんとやり返せてスッキリ。
日本だとそんなにピンとこないけどアメリカだと気軽にセラピーとお薬は貰うもんなんかな。自宅っぽいところでのセラピーのシーンで海外ドラマでよく見るシーンや〜!!って思った。
実際鬱のふりして演技したり嘘ついたりする人もおるんやろうか、精神科病院って大変やなぁ。エミリーの健気で鬱に苦しむ心優しき妻ホントに騙された。半分過ぎてもこれは…鬱の薬で夫を殺してしまった女と薬のせいにしてほしくない製薬会社や責任を取りたくない精神科医たちの社会派ドラマ〜?って思ってた。
そして夫を殺したことによってどこの株がなんで上がったのか詳しく知りたい。
rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.3
ふう、モヤモヤのまま終わらないでよかった。キャサリン・ゼタ・ジョーンズ綺麗だな。
ザン

ザンの感想・評価

3.3
日常に投薬がはびこるアメリカ社会だから成り立つ展開だなとも思うが、ムキムキのチャニング・テイタムがあっけなくやられてしまったのは残念。鬱病のふりをする人がいたら厄介だな。ジュード・ロウの仕返しが成功して良かった 。