mingo

天使のはらわた 赤い教室のmingoのレビュー・感想・評価

天使のはらわた 赤い教室(1979年製作の映画)
3.8
蟹江敬三てロマンポルノ何本出てんだよ!(ビシーッ)てくらい出てるし、だいたいその全部が最高。
本作は彼しかり水原ゆう紀が素晴らしく傑作に数えられるのも頷ける一本。町山智浩お気に入りてのはなんか嫌だよね。

レイプ現場を撮られ、そのブルーフィルムが市場に出回ったことから、どん底に堕ちていく女の姿を描く。セックスが無いと成立しない物語であるから刹那さと切なさが込み上げる。一瞬前張りがみえたのはここだけの話…
石井隆「死んでもいい」相米慎二「ラブホテル」は間違いなく本作の流れ。カリオストロの城と同じ年か〜

ラストの名美が水たまりに自身の身体を映す美しいカットからは今後の希望か絶望かを問うようだが、まず間違いなく堕ちたまま快楽に身を委ねる名美を想像させ、また蟹江敬三の憎しみや哀れみや諦めの混じった瞳がより一層印象的に思い出され胸が締め付けられる。石井隆に雨を降らせたら日本一。