スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団の作品情報・感想・評価

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」に投稿された感想・評価

犬君

犬君の感想・評価

4.0
1upがいいよねー
く、くだらん笑
売れないバンドのスコット・ピルグリムが理想の女の子ラモーナと付き合うため、彼女の「邪悪な7人の元カレ」と戦うという恋愛バトル映画。今までの元カレとバトルするっていうちょっとやってみたいなそれっていう妙に遊び心に溢れて下らないストーリーに興味をそそられ鑑賞。

結果、めちゃくちゃ面白かった。鑑賞者にゲームやマンガ独特の行間読みを求められるが、それが出来ればかなり楽しめる。(単に漫画的表現をそのまま映画に持ち込んだという感じなので、そういうのが嫌いな人には噴飯モノ間違いなし)

まずストーリー。やはり期待通りあるようでないような下らないストーリーでとても良かった。

次にバトルアクション。CGを駆使したゲーム的な演出が面白い。「SMAK!」「KROW!」「BOOOM!といったうんざりするくらい前面に押してくる擬音がアクッションのスピード感と質を高めている。漫画をパラパラと読んでいる感じのテンポが素晴らしかった。

そして「邪悪な元カレ」。まず最初の元カレがインド系。映画王国としてのインドキャラに爆笑。そしてストーリーが進行して行くにつれ、ありえないバカさ加減の敵キャラもどんどん登場。

ハマればとことん楽しめるコメディ映画の名作。
オススメ。
ゾンビ物、ポリスアクション、とジャンルオマージュ物のどストライクを生み出してきたエドガーライト監督の今作は、ゲーム、漫画、バンドをヒューチャーした、コメディ全開の青春物。

おそらく、ライト監督作の中で最もコメディに振り切った作品。

まず、画作りから演出に至るまで完全に漫画テイスト。 ザックスナイダーのコミック的描写とはまた違い、こっちは漫画をそのまんま画面に持ち込みましたっていうような感じ。
この徹底ぶりはライト監督の本気度が伝わる。

漫画っぽいバカバカしい描写の数々がライト監督のスピーディな映像と細かいカットからの場面の切り替えなどのライト監督独特の作風とものすごく合っていて、単純に観ていて楽しい。

元々ライト監督の作風がコミックっぽいのか、びっくりするくらい表現方法として違和感がないため、エドガーライト以外考えられなかったと思うし、コメディ映画として本当によく出来てる。
別の監督じゃ絶対世界観がなりたたない。

そういう意味では物凄くスピーディで演出のギミックも多いため、1秒たりとも画面を見逃せない、のですが 残念ながらそれ以上の要素はこの映画にはないと思います。

ストーリー自体は捻りがあり、つまらなくはないですが、なんせ足し算思考の映画過ぎて、とにかく色々と多すぎて疲れてくる。 もうちょい短くできた気もする。

スケール感や内輪ノリの感じがなんとなく海外ドラマを見せられた気分。

しかし単純に上がる場面も多く、音楽演出がむちゃくちゃカッコいい。
なんと日本からコーネリアスが楽曲提供するなど、マニアにも嬉しい。

こういうライト監督の全編徹底した演出や音楽のセンスなどが、ベイビードライバーに繋がっていってるんだなあと思いました。
好きな彼女と付き合うには7人の元カレを倒さなきゃいけないっていう設定で、
現実世界とゲームの世界が上手に入り混じってる作品。

敵の元彼を倒すとコイン獲得したり、愛の劔を手に入れたり
めちゃオタクで面白かった!
ドラクエとかストリートファイターやってた人なら確実に楽しめる!!

出てくるキャラが皆んな良かったし演出もすごく良かった!
ゲイのルームメイトマコーレカルキンに似てると思ったら弟だったんだね!
これは映画館で観たいやつ。
意外とアクションが凄い!
くっだらないけど安心して観れます。

カナダのオタクでほっこりしました。カナダってちょうど良さそうだなぁ。行ってみたい。
844

844の感想・評価

3.8
売れないバンド組んでるジュノの彼氏。
同居人はゲイのつれ、アナが妹。
バンドメンバー巻き込んで夢にも出てき彼女をゲットする。
17才のグルーピーが一番良い子。
イカれ彼女の元カレとどんどんバトル。
キッズウォー以来のあいつら。
ゲームとかアニメとかいいよね。
datenao

datenaoの感想・評価

2.0
内容はめちゃくちゃなんだけどセックスボブオムの音楽は悪くない。
バンドの演奏やアクションは観ていてなかなか面白いかもしれません。
meg

megの感想・評価

3.0
スコット・ピルグリムとラモーナの程よいクズっぷり、テレビゲームのような演出、オフビートさなどなど、ハマる人は物凄くハマるだろうし、ハマらない人は全くハマらないのだろうと容易に想像がつく。かくいう私はどちらでもなく……。ただ最初の元カレが空から降ってきた時は盛大に笑わせてもらいました♪力業で最後まで持っていったことは称賛に値するかと☆間違いなくつまらなくはない!でも特別好きでもない(笑)。
一見くだらないコメディだけど、ちゃんとお金かかってるわ、、てのがわかる、
画のシュールさ、ユーモアは最高ツボだったけど、細かい笑いがありすぎて少し疲れた。テンポが良すぎて(はやい?)漫画っぽいなって思った、あと途中からはアクションゲーム要素がすごい、調べたら漫画とゲームになってるらしい、納得、チャイニーズガールとかジャパニーズツインズ(斉藤兄弟)キャラクターもうける、音楽もいいなーと思って調べたらベックとかコーネリアス提供だった、納得
ようこ

ようこの感想・評価

1.0
よくわかんなかった。
全然おもしろくない。
>|