ストローカーエース

タイガーマスクのストローカーエースのレビュー・感想・評価

タイガーマスク(2013年製作の映画)
2.7
1番の失敗はこんなタイガーマスクはプロレスラーとは認めたくないこと。設定はプロレスラーなのだがやはりプロレスラーは「白いマットのジャングル」で闘ってもらいたい。

なのでグレートタイガーとのラストバトルはマットの上で繰り広げられるべきだった。

タイガーマスクがマットの上で虎の穴の刺客を次々と倒していくことにワクワクしたアニメが懐かしい。

ただ、タイガーマスクやグレートタイガーの造形がショッカー怪人であったり、虎の穴のスタッフ?がなぜかボンテージファッションであったりと愉快なシーンは盛りだくさん。哀川翔アニキの怪演も含めてタイガーマスクという概念にとらわれなければそれなりに楽しめる。かな?

注意:酔っ払い状態で観ました!(^ ^)