ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン/ブリュッセル1080、コルメス3番街のジャンヌ・ディエルマンの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • ベルギー映画
  • ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン/ブリュッセル1080、コルメス3番街のジャンヌ・ディエルマンの映画情報・感想・評価

ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン/ブリュッセル1080、コルメス3番街のジャンヌ・ディエルマン1975年製作の映画)

JEANNE DIELMAN, 23 QUAI DU COMMERCE, 1080 BRUXELLES

上映日:2022年04月30日

製作国:

上映時間:198分

4.2

『ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地、ジャンヌ・ディエルマン/ブリュッセル1080、コルメス3番街のジャンヌ・ディエルマン』に投稿された感想・評価

几帳面な主婦の生活を3日間、劇伴もない定点カメラと長回しで、198分も淡々と描かれる。
多くのシネフィルの方々の評価も高いことからすごい作品なんだろうけれども、勉強不足のぼくではそれを感じとることが…

>>続きを読む
李白

李白の感想・評価

3.7

ただ生活の音だけが響く。
そこに感情は存在しない。儀式的な日々。
そんな彼女の日常のリズムが少しずつズレていく。溜まっていった小さな綻びは…
主婦の日常を通して「性」を、そして「生」を捉える


【…

>>続きを読む
Chico

Chicoの感想・評価

4.0

記録

ある主婦の、平凡とは言わないが単調な生活を淡々と見せられ、上映1時間超えて1日目終わりのテロップ出て、これあと2時間見せられるのかグエ、ってなったけど2日目から単調さがミニマルミュージックみ…

>>続きを読む
肉鹿

肉鹿の感想・評価

4.4

ブリュッセルのアパート。繰り返される似たような日常を徐々に蝕んでいった"なにか"を映し出した3日間の記録。

すごすぎ…面白いよりも震えてしまうほどの恐ろしさ。それは作品の内容以上に3時間18分とい…

>>続きを読む
Saaaaa

Saaaaaの感想・評価

-
無言が心地いい。BGMならぬBGM(movie)

アニエス・ヴァルダ監督の「ダゲール街の人々」を見た時の感覚と似ている
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.5

退屈そうで躊躇していた映画。2022年Sight & Sound誌で突如ベスト映画1位に躍り出たので勇気を出して鑑賞。予想に反して淡々さがアンビエント的な心地良さですぐに引き込まれた。これって今だと…

>>続きを読む
長いけど観てられる
あの畳んだらソファーになるベッドすごい

女性監督シャンタル・アケルマンが弱冠25歳で撮った大傑作で、フェミニストであるデルフィーヌ・セイリグが女性監督とタッグを組んだ後期3作のうちのひとつ。
2022年、英国映画協会(BFI)が10年に1…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

とても言葉にしにくいけど、"生活"の愛おしさと怖さを同時に強く感じられる

生活の何かが起こる点の部分ではなく線の部分で紡がれていく映像
それは他の多くの映画やドラマでは表れない時間だと思う

大学…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事