こぅ

水のないプールのこぅのレビュー・感想・評価

水のないプール(1982年製作の映画)
4.4
若松孝二監督(初の一般向け)作品初鑑賞。

内田裕也主演【犯罪コメディ】。

タイトルや冒頭の正義感からは全く違った思わぬ(エロ)展開に。内容はこの時代だからこそ撮れた逸品だろぅ。
地下鉄職員の男(内田裕也)は孤独から犯罪、覚醒してハーレム、ついには安息を得る。

【タクシー・ドライバー】を日本が料理した的⁈⁈ は言い過ぎか。いや、実際そんな崇高なものでは無く'79年長谷川監督のカルト作【太陽を盗んだ男】からの流れか、酷似している。ただ、あちらほどデカくもカッコ良くも重くも無く、犯罪は犯すがこじんまりしたコメディである。国内外、時代が変わっても冴えない日常の孤独や鬱憤から起こる反発は共通している。

水のないプールも印象的だった。

ミーを始めジュリー、原田芳雄、タモリ…次々と出てくる若かりし日の豪華、贅沢キャストも楽しめた。ヒロイン、中村れい子が綺麗。
大野のシンセ音楽はチープだが合っている。


OPのぎこちない女の供述ナレーションがラストに収束。
結末もコメディらしく締めて好感。


「ジンジャーエールはジュースじゃねぇ!」