はち

六月の蛇のはちのレビュー・感想・評価

六月の蛇(2002年製作の映画)
3.5
旦那の大根ぷりと、ハゲかたに相当腹が立つ。
そもそもあんな旦那を愛しあげているところが全く解せない。

ノーパンで歩く事より
なにより、あれを愛せる事自体が、
相当な変態なんだろうとゆうトリックにまんまとハマった。

ビデオレターみたいな会話のやり取りが妙に安っぽくて、好きだったり、
ラストのシーンなんて相当気持ち悪くて最高だった。

人間の誰にも見せれない部分を解放した時の快楽と恐ろしさを兼ね備えた秀逸な映画。