やのちゃん

ある過去の行方のやのちゃんのレビュー・感想・評価

ある過去の行方(2013年製作の映画)
3.5
複雑な家族の問題と徐々に明らかになる夫婦の問題が静かにそして重苦しく描かれ、最初から最後までそれが続くのだけれど、飽きることなくとても引き込まれました。
少しずつ少しずつ絡まった糸をほどいていくかのようなストーリー展開が見事でした。中でもこの作品すきだーって思った決定打はラストです。終わらせ方がとにかくとても美しいんです…何も語らず余韻を残して訴えかけるような。私には誰にも救いがないように思えて、苦しかったです。

余談だけど
あんな癇癪っぽい奥さんほんとむり笑