木上

カイロ・タイム 異邦人の木上のレビュー・感想・評価

カイロ・タイム 異邦人(2009年製作の映画)
4.5
なんで有名じゃないんだろ、というか、レビューも3桁なのが不思議な名作だと思う。

結婚している欧米人の女性が夫のいるエジプトへ、滞在中カイロでのロマンスの物語

ごったがえすカイロの町、現地の女性たちは外にはおらず、カフェにいるのは専ら男性ばかりで、典型的な中東世界
朝はコーランの詠む声で目が覚め、コーヒーを飲み、煙を燻らせる。
砂ぼこりのするような町だけど遠くに目をやるとナイルが青く、ピラミッドは白く輝き、ウムクルスールの声が中東のリズムにのって聞こえてくる。
こういう映画がみたかった!!

ロマンス中の音楽と、夫と合流した後での音楽の変わりざまが切ない…
ロストイントランスレーションに似てる。どっちもエモい…。