himajin

カイロ・タイム 異邦人のhimajinのレビュー・感想・評価

カイロ・タイム 異邦人(2009年製作の映画)
3.8
究極のnothing happened。
二者間の絶対的な隔たりと、通り過ぎて行く人だからこそ出来る恋と流せる恋を描いた作品。
ピラミッドのシーンの美しさとその後のエレベーターのシーンがなんとも突き刺さる。
ザ・アメリカ人な大味さを微塵も見せないパトリシア・クラークソンの繊細な演技が素晴らしい。