イップ・マン 最終章の作品情報・感想・評価

「イップ・マン 最終章」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

3.2
2015/05/26(楽天レンタル)
いやぁー良かった!泣きましたよ!
イップ師父というとどうしてもドニーさんのイメージが強いので、コレはスルーしてたんですけど、めちゃめちゃ良かったですよ!
肝心の内容はですね晩年のイップマンのお話ですね。香港に移り住んで、妻のウィンシンを亡くされたあたりですね。
まずイップマンを演じたアンソニーウォンがまぁー素晴らしい。ドニーさんよりも渋くて人間臭く、こっちの方がリアルですよ。タバコを吸う仕草、食事する際の所作などの溢れ出る色気も最高です!
ドニーさん版のイップマンよりも良かったところは人間関係が密に描かれているところですね。武館の弟子達や、他の武館の師匠。ウィンシンが無くなったその後、愛した女性ジェニー。魅力的な人物の描き込みがとても良かったです!
アクションに関しても文句無しに素晴らしく、決してドニーさんに引けを取らないと思います。バリエーションも豊富で尺もたっぷり魅せてくれ大満足です!
オムニバス的にそれぞれのキャラクターのストーリーを散りばめつつ、ラストには大ボスとの戦いといった脚本もお見事でした!軽い気持ちで見始めたのに最後には目頭が熱くなりました!アンソニーウォンはやっぱりカッコいいな!
俳優の演技力でなんとか持たせている印象。脚本や編集がビシッと決めるべきところで決まらない。同じ題材でほかに良作があるだけに残念。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.5
アマプラ二度目、アンソニーウォン版は比較的長い期間の葉問を追っている。ドニーさんと重複してる時代もある。年齢的にはアンソニーウォンの方が近いかも、アクションも見応えあるし良作。エリックツァンとの対戦、ケネスローは長身を生かした蹴りが封印された演出で不本意、ラストのホンヤンヤンは蹴りが見たくてヤンヤンに肩入れする。

全作品2周目での感想は2>3>1>最終章>誕生、全作楽しめるが。
あおい

あおいの感想・評価

3.2
「葉問」の意志は確かに繋がれる…

ドニー・イェンではなく、アンソニー・ウォンのイップマン。本家と比べたら、どこか物足りんけど、まぁよし( ^ω^ )

ストーリーはイップマン2同様、香港での師匠の後生を描いた感じ。屋上で弟子募って、街の荒くれ者を倒すという、新しくはないけど手堅い。

どこまで現実をもとにして作られてるのかは分からんけど、この映画は弟子ひとりひとりにフォーカスされていて、詠春拳が次世代に繋がれているという印象を強く受けた。

さらに今作では女性がすごく活躍するのもポイント。女性ならではの問題が絡んで、ちょっと翻弄される師匠が微笑ましいのと、かなりイケメンな師匠が見れた( ^ω^ )

キャラの作り込みはすごい良かったんやけど、師匠たちがただのチンピラすぎたのが良くなかった。側から見たら徒党組んだチンピラでしたかない。やってることが敵と同じで、それゆえアクションでのワクワクも減退した。

あとブルース・リーが残念でした( ^ω^ )

でもひとつ良かったことは、ン師匠!いやいや完全なる「インファナルアフェア」ややないかい!2人並んでる時とか、戦うとことか笑ったわ!エリック・ツァンが全くキャラ拭えてない( ^ω^ )

晩年のイップ師匠を本家とは違うかたちで見ていく今作。ヒーロー感が薄まったからこそ、1人の男として現実的に彼を考えられる映画です。

Amazon Video#307
ブルース・リーの師にあたる人物の物語。

武術を道具と考えず、人徳と位置付けする主人公は正に武の達人。

アクション満載の映画です!
yy22

yy22の感想・評価

-
2015 WOWOW
ドニーイェンのイップマンとはまた違うけどそれもまた良し。
tsuta

tsutaの感想・評価

3.0
ドニーさんのイップマンと思って観たら別人でした…

別人だけど詠春拳は相変わらずかっこいい!
今作はアクション少なめで、晩年のイップマンの人となりや取りまく環境を描いているので、ドニー版イップマンより人間臭さを感じる。
その分、アクション目当てで観ると退屈かも。

人格者で愛妻家なとこは変わらずなので、本当のイップマンもそういう人だったんだろうな。
奥さんと布団でイチャつくシーンはちょっと、、ちょっと衝撃だった。笑

映画の食事するシーン好きなんだけど、たくさんあって嬉しい。
>|