イップ・マン 最終章の作品情報・感想・評価・動画配信

「イップ・マン 最終章」に投稿された感想・評価

いも

いもの感想・評価

3.5
2020年 劇場鑑賞65作品目

鑑賞後、強くなった気になります。
Katsura68

Katsura68の感想・評価

3.4
Amazonビデオで視聴。イップマンの晩年を描いた作品。何事にも動じず、それでいてここぞという時は自らリスクを取って弟子を助けるところはカッコいいが、映画としての抑揚はいまひとつかな。自分の晩年というか引き際を考えさせられた。
どうしてもドニー版と比べてしまうけどより老いぼれた感じがしたし、あちらにはない笑える要素も良かった。女の子のメイクが可愛い。
2020/09/23 鑑賞
再鑑賞の記録
nonchan

nonchanの感想・評価

3.3
ドニー・イェン主演、ウィルソン・イップ監督のイップ・マンシリーズではなく、ハーマン・ヤオ監督の「イップ・マン 誕生」(2010年)の続編。
「誕生」を観たくてサブスクを検索したけど、私が契約しているサブスクでは配信されていなかった。😓
仕方ないのでnetflixで続編の最終章を観た。
1949年、中国から単身香港へと渡ったイップ師匠の晩年を描いた作品。
ドニー・イェンの「葉問」「継承」「完結」を100分に入れ込んだので、アクションはかなり少な目でイップ・マンの人物を掘り下げるストーリー展開だった。
1951年、中国と香港の国境管制により中国に残した家族に会えないまま、1960年に愛妻ウィンシンが病死。
妻の死を息子からの電話で知らされたイップ・マンの苦悩の表情が辛かった。😢
その死に立ち会うことができずに途方に暮れたイップ・マンの、気になる女性とのあれこれ。
妻以外の女性を側に置くイップ・マンを弟子達が冷たく接する姿はやはり複雑。
ドニー版では妻一筋だったからね。😓
ただ映画、ドラマと同時期に何人もの俳優がイップ・マンを演じたけど、この最終章のアンソニー・ウォンが本人像に最も近いそうだ。
ドニー版のイップ・マンのような、完璧なヒーローを信じるファンには申し訳ないが、私は人間味を持ったこのイップ師匠の方が好きかもしれない。😅
盛り上がりに欠ける
妻を亡くし世話をしてくれる女性の真意は?
ドニー・イェン版に比べてこちらのほうがイップ・マンの本人像に近いのかなーという印象。
そのぶん華は無い。

色々と雑な部分はあるけど弟子たちが結構がっつり闘うのでそこは楽しかった。

香港名物プレートランチ食いたいなー。
gojyappe

gojyappeの感想・評価

3.5
ドニー・イェンとケビン・チェンとでイップ・マンを体験していましたので
アンソニー・ウォンでも大丈夫!
秋生~
淪落の人のTシャツ着込んではるばる見に行ってきましたよ~♪
見て良かった♪
>|