エアポート'75の作品情報・感想・評価

「エアポート'75」に投稿された感想・評価

人前で舌入れてるんちゃうか?ってくらいのディープキス!(笑)

先日(4月17日)フィルマで初レビューしてから丸3年前を迎え、このレビューでついに900作になりました!
こんなつまらないレビューを読んで"いいね!"やコメントくださる皆さんには感謝しています!

ジャンボジェット機と小型セスナの衝突事故!って話し。
まず今作をキリ番のメモリアルレビューに選んだ理由なんですが、僕が人生で初めて劇場で観た洋画なんです。
これ以前にも映画館で映画は観てるんですが、それは"東映まんがまつり"や"東宝チャンピオンまつり"で、大人向けの作品はこれが初めてでした。
そう今作から僕の映画鑑賞歴が始まったと言える作品なんです。
以前『聖の青春』のレビューに書いたので、覚えてる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の妹は子供の頃ネフローゼを発症して余命宣告を受けてました。
両親は妹の看病に付きっ切りで僕はほぼ両親と一緒に過ごした記憶がありません。
で両親にしたら藁をも掴む気持ちで創価学会に入信したんです。
その会員向けのサービスで民音ってのがあって、コンサートや映画のチケットを販売してて、そこでチケット買って連れて行ってもらったのが今作でした。
字幕もロクに読めないのに洋画を観るという暴挙!(笑)
と言っても所謂パニック映画なんでストーリーは簡単だし、言葉わからなくても何となく理解出来ます。
ストーリーは衝突事故でコクピットが大破し、パイロットの居なくなったジャンボジェットに、空中で乗り移るのがメインの航空パニック映画です。
子供心にドキドキしましたが、今見直したら結構ちゃっちい(笑)
でも当時の大作映画はキャストが豪華!
直接ストーリーに関わらない人たちまで有名俳優で固めてます!

さて無事900レビューを迎えられ、予定通りなら8月頃には1000レビューに到達します。
今まで仲良くしてくださった皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします!
yuri

yuriの感想・評価

2.8
45年も前に、ここまでの撮影技術と飛行技術があったことに驚き。機内から人が吹き飛ばされる時のTHE人形感には笑ってしまったけれど。

アマプラにありました✈️
懐かしい作品です🛫

ワシントン国際空港からLAへ向かうコロムビア航空便が、濃霧のためにソルトレイク・シティ空港へ急遽着陸することに...🛩
だが、高度降下中に小型機の衝突を受け、機長は重傷を負い操縦不能に陥る...🤭

当時、量産されていたパニックスペクタクルものの中の一作🎞
中でも「エアポート」はシリーズ化されており、77年版はバミューダ海域に墜落していました🤭

CGに頼らない小型機衝突シーンも、今観ても新鮮に感じます🛩
現代のCG撮影では得られないこの手作りレトロ感が最高です👍
後の 'Executive Decision' の元ネタになったと思われる救出作戦も展開されてます💥

キャストも当時のスターを一堂に集めた豪華な布陣🎞
大御所 G.ケネディ、個性派 K.ブラック、そして、何と言っても C.ヘストン御大の存在感‼️
あの「エクソシスト」の L.ブレア も出演されていました🤗

乗り合わせた人物の持つそれぞれのドラマを、迫り来る危機に被せていく手法は往年のパニックスペクタクルにありがちなものですが、見入ってしまいます👀
そして、お約束どおりにマス ゴミの描写も...😓

今回観て気づいたのは、C.ヘストンとK.ブラックによるラストシーンは、私が大好きな「カサンドラクロス」のR.ハリスとS.ローレンを意識してるのではないのでしょうか🎞
同時代のパニック・スペクタクルに登場するヒーローとヒロインの関係に、類似性を発見しました👀
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
「大空港」は群像劇とパニック映画のバランスのとれた傑作だと思います。今回は墜落の危機にあるジェット機の救出劇がメインとなり、典型的なパニック映画といった趣。これはこれで見ごたえあり。

ジャンボのコクピットにセスナ機が激突するという物凄い設定で、コクピットに穴が開いても飛べるのかとか、いくら低速とはいえヘリコプターから乗り移れるのかとか、ツッコミどころは多いですが、死んだパイロットに替わって操縦するスチュワーデスの悲壮感漂う演技が素晴らしく、急遽ジャンボ機に飛び移ったチャールトン・ヘストンのカッコよさ、唯一のシリーズキャラクターのジョージ・ケネディの安定感など見どころは多いです。「乱気流」とか「エグゼクティブ・ディシジョン」とかの後発作品に与えた影響も大きそう。

あと「フライング・ハイ」はこの映画のパロディがメインのようで、もう一度見返したくなりました。
today

todayの感想・評価

3.0
フライト系の映画をみると、人が飛行機から飛ばされる瞬間ってこんな感じなのか、といつも思う、え、?、と一瞬時が止まってしまう。

ギャビンアテンダントが操縦するシーンは緊張感があって、ハラハラした
普段、飛行機乗るときにファイナル・デスティネーションを考えながら乗るんですが、今日からはこの映画思い出すんだろうな、CGなしでこんなにハラハラさせられる映画は胃に悪い。
firstboy

firstboyの感想・評価

3.0
シンプル
アルコ

アルコの感想・評価

4.0
幼い頃に見た記憶のある映画だが、大人になって改めて見ると面白かった。
西部劇ベンハーで有名な名優チャールトンヘストンの演技もさすが。
ストーリーは単純明快。
Sachitsu

Sachitsuの感想・評価

3.3
エンターテイメントとしては良かった。
この時代で映像にも凝っているように思えたし。

あと、やっぱり 似てると思ったら病人として搭乗した少女はエクソシストで悪霊に取り憑かれた少女と同じ役者さんだったんだ。
>|