安井文

蠢動 -しゅんどう-の安井文のレビュー・感想・評価

蠢動 -しゅんどう-(2013年製作の映画)
-
自主制作作品を自らの手で劇場作品にリメイクしたという情熱に焼かれそう。
狡猾過ぎて自滅する城代側には時代劇常連の上手い役者がのらりくらりの演技をし、振り回される若い武士たちの方はほぼ無名の役者が演じることで見事な群像劇になっている。
作品の中でそれらがバランス良く描かれていて、唸らされた。