小さいおうちの作品情報・感想・評価

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

さおり

さおりの感想・評価

5.0
あたたかさと緊張感のバランスが絶妙。
こういうのって字幕や吹替で観る洋画ではあまり感じられなくて、邦画ならではという感じがして好き。
Toramaru

Toramaruの感想・評価

3.4
この黒木華はとてもいい演技をしていると思う
まゆ

まゆの感想・評価

3.7
複雑だけど、アカデミー賞とるだけある。
NAMEMI

NAMEMIの感想・評価

3.6
戦争が人々の生活に食い込んでくる前の優雅さがたまらなく上品ですてきだった。

松たか子と吉岡秀隆ってのがまた艶っぽくて色香漂いまくり。

本筋とはずれるけど当時の男性優位主義が見てるだけで窮屈でいやだった〜。
心の機微が丁寧に丁寧に小さな演出を積み重ねて描かれていてよかったです。
戦争は、じわじわと寄ってきて気が付いた時には全部かっさらっていく。
戦争がテーマな作品じゃないだけに余計に際立ってまとわりつくようなやだみ。
MaTSuMo

MaTSuMoの感想・評価

3.9
山田監督作品って監督の明確なノスタルジアが描かれていて、製作者のパーソナルな面を見せてくれるのがすごく好きで、この作品は特にそれを感じた。
色使い、装飾、喋り方、、どれを取っても山田監督が愛おしく思っていたであろうものが出ててとても良いな〜〜というのが全体の印象。

吉岡秀隆の美大卒感はかーなりわかるけど、若い青年と若奥様の秘密の逢瀬っていうより、がっつり不倫に見えてしまう…笑 年齢はやっぱりむずかしい。
しかし松たか子、とんでもなく色っぽくて昔の映画ポスターに出てきそうだなって感動してしまった。

あと、大学生の妻夫木、今時大学生らしからぬくらい?歴史詳しすぎて、、す、少し違和感、、、
文系じゃないからってのは完全な言い訳なんですけど、今時の子って昭和○年と見てすぐ、学徒出陣があったときだ!とか指摘できないのでは?という気持ちに。近現代史専攻か何かかな。
まあ、これは、ちゃんと歴史勉強してない人のやっかみみたいなものです、勉強します、、、
あと、「嘘だーおばあちゃん」からみが中々うざくて良い。
現代と昔の、人の対応の対比が効いてる。

でもまあ原作モノだし、読んでないのでどこまでどう演出されたか気になる。
花音

花音の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あー…💦
不倫のお話だったのねー🙅×
丘のうえに佇む小さいおうち

昭和10年に丁寧に建てられた
赤い瓦屋根の可愛いおうち

優しいご主人と美しい時子奥さま
恭一坊ちゃんが住むおうち

そして女中奉公にあがったタキちゃんが愛したおうち

タキちゃんが愛したご家族

タキちゃんが愛した美しいひと

美しいひとが見つめる心寄せるひと

心寄せるひとが見つめる美しいひと

心寄せるひとが見つめるタキちゃん

タキちゃんが感じた秘密

秘密が感じた戦争

ちいさいおうちが見つめる戦争

おうちの時間が止まった戦争

秘密を閉じこめた戦争

戦争のあともかかえる秘密

秘密とともにいくタキちゃん

タキちゃんがそのとき仰ぎ見たおうち

幸せのおうち

小さいけれど幸せのおうち

タキちゃんもきっと幸せに

きっと幸せに…

このレビューはネタバレを含みます

まず倍賞千恵子の声が卑怯。
松たか子がほんとにきれいで、言葉遣い、所作、衣装も、とにかく全部。驚く時に「まあ!」って言うのも好き。
黒木華はずっとめんこい。泣いている所に奥さまが帰ってきて、焦ってお盆を落とす演技が1番印象に残った。
帯の模様の出方の違いのくだり、そんなおしゃれな発覚の仕方があるなんて…とゾワゾワした。

タキちゃんは奥さまに対して憧れだけではない気持ちが多かれ少なかれあったのではと思った派です。
板倉さんのタキちゃんに対する気持ちはよく分からなかった。
>|