小さいおうちの作品情報・感想・評価

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

Naokyon

Naokyonの感想・評価

3.5
黒木華ちゃんが素晴らしかった!

The!山田洋次監督 って感じかな。
ぺろん

ぺろんの感想・評価

4.1

終始ジブリ感を感じていたら
倍賞千恵子と久石譲のせいだった

松たか子と黒木華と吉岡秀隆
キャスティングが最&高
すぎてこの3人じゃなかったらこの映画成り立ってないだろうなという感想

話の筋はあまり好みでないけれどどのシーンを切り取っても絵になる
昭和の裕福なお家の描写が品が良くてとても素敵

この時代の東京駅を1度歩いてみたいなあ
mikiya

mikiyaの感想・評価

2.5
不倫相手の板倉がかっこよくて会社の役員達がすごくアホそうに描かれてるのが好きじゃない
tjZero

tjZeroの感想・評価

3.4
昭和10年代、都内の坂の上に建つ、赤い屋根の洋館に奉公した女中タキ(黒木華)の回想記。

『この世界の片隅に』などと同じく、ある一軒の家を中心にして”定点観測”のようにして、戦争へと突入していく世の中を描いていく間接話法。

平行して、夫人の時子(松たか子)と夫の部下・板倉(吉岡秀隆)との秘めた恋を描く構成も、スリリングでうまくいっている。
時子の「はじまったものは、いつか終わるのよ」という、戦争と己の恋と、どちらにも当てはまるセリフが印象的。

現代劇だと「古くさいなあ」と感じることもある山田洋次監督の演出も、こういう題材だとピッタリはまって、落ち着きと見応えがある。

ただひとつ、自分が山田作品でちょっと苦手に感じるのは、”観客よりも登場人物が先に泣いてしまう”ところ。
①悲しい出来事があって、②登場人物が涙をこらえて、③観客がもらい泣きする…という手順を踏んでもらうとこちらも気持よく涙を流せるんだけど、山田作の場合、②の段階で登場人物がけっこう派手に泣いてしまうので、観ている方はちょっと冷めてしまって、”泣かせてくれない”ことがある。

日常生活でもあるでしょう。目の前の相手に先に号泣されてしまうと、こちらは我に返ってなんか泣けなくなっちゃう…っていうこと。
山田作品を観る時もそんな状態になりがちなんですよ、自分は(←少数派なのかなあ?)。
赤い屋根の小さなおうちに女中として仕えるタキのノートに記したことを基に話が展開していく。

敢えてタキや時子、板倉のそれぞれの思いややり取りを複雑に描かれていることで様々な考察ができるのではないか。

帯の結び目の違いで不倫を見抜くなんて大人な感じでいい。
倍賞さんと久石さんでハウル感が凄い…
あと松たか子綺麗過ぎ、所作も凄い綺麗
もぐ

もぐの感想・評価

3.6
幸せなストーリー
じゃ

じゃの感想・評価

3.7
面白かった
松たか子はなんであんなに上品なんですか、同じ人類ですよね?そろぼちキレます。わたし。
>|