小さいおうちの作品情報・感想・評価

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

あみか

あみかの感想・評価

3.5
すごくよかった記憶がある
カ

カの感想・評価

-
時子の親友に不倫の相談をしていた途中で時子さんが帰宅し、慌てるタキがお盆を落とすシーンとか、人間の細やかな動きが特に秀逸だったと思う。人間の生々しい部分はショージが時子の手を引いて部屋に入れるだけであとは映さなかった所によって、より「タキ」に焦点が当たった。タキが見てないから自叙伝にないんだろうけどね。
黒木華の女中役がはまり役!
あーいう控えめな華ちゃんの演技は安定してるな。

松たか子と、吉岡くんの不倫はよくないけど、ドロドロ感はなく、人間的な大人の色気が非常に上品。松たか子の品の良さが、
綺麗な映画にしていたのか。

当時の街並みや家具、洋服とかがレトロな感じで、好きなやつ。

戦時中の話でもあるんだけど、最後の最後で戦争の事を思い出させるぐらい、
あまり戦争には沿ってなかったような感じ。
原作がすばらしい。
その雰囲気をよく捉えてある。
Mirai

Miraiの感想・評価

3.6
先に、家族はつらいよシリーズ見てたから、キャストほぼ同じ!って思っちゃったけど、逆にそれが見やすかった!

自分の家族のこと親戚のこと、祖先のことをもっと知りたくなった。どんな人生だったのか、楽しかったこと、辛かったことその人が一生をどんな風に生きてきたのか。

とても素敵な作品でした。
録画してたやつ。戦争中も必ずしも悪い日ばかりではなかった、という描写を山田洋次がするとはちょっと意外だった。あと、松たか子の脚をとにかく撮りまくるエロ映画(本質的なエロスはこういう感じ)。子供の脚の病気。黒木華のマッサージ、とにかく足にこだわりまくる。
てるる

てるるの感想・評価

3.8
太平洋戦争前から戦後にかけて、1人の女中の目を通して見たある一家の物語。

女中の黒木華が好きすぎる。
どうもこういう薄い感じが好きみたいですw

戦時中とかを描いた作品だと重い映画が多いけど、こちらはそんなことはなく「ある恋」の話と日常の生活が淡々と綴られていく。

黒木華演じる女中がおばあちゃんになって、孫から当時の話を本にしようって持ちかけられる体で話が進む。
この孫役が妻夫木なんだけど、
いちいち「戦争中なんだからそんな訳ないだろ!嘘書くなよおばあちゃん!」とか言うの腹立つ!

奥様のやってることはいけないことなんだけど、映画全体の雰囲気は凄く好き。
当時の和風・洋風折衷で、レトロな衣装や小物、そして小さいおうち。

本当は決して小さくはないけど、あの女中さんからすると小さな世界で完結していたあの家が大好きだったのが伝わってくる。
だからこそ守りたくてついた小さなウソ。

本当に、そんなに苦しまなくて良かったのになぁ…(´;ꈊ;`)
ぺろん

ぺろんの感想・評価

4.1
@home

終始ジブリ感を感じていたら
倍賞千恵子と久石譲のせいだった

松たか子と黒木華と吉岡秀隆
キャスティングが最&高
すぎてこの3人じゃなかったらこの映画成り立ってないだろうなという感想

話の筋はあまり好みでないけれどどのシーンを切り取っても絵になる
昭和の裕福なお家の描写が品が良くてとても素敵

この時代の東京駅を1度歩いてみたいなあ
mikiya

mikiyaの感想・評価

2.5
不倫相手の板倉がかっこよくて会社の役員達がすごくアホそうに描かれてるのが好きじゃない
>|