小さいおうちの作品情報・感想・評価・動画配信

小さいおうち2013年製作の映画)

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:136分

3.6

あらすじ

「小さいおうち」に投稿された感想・評価

sari

sariの感想・評価

4.4
倍賞千恵子のすごさ。
いろんな人のいろんな感情でいっぱいになる、そんな映画。いい映画です、とても
olive

oliveの感想・評価

3.8
清楚で理知的な妻、そういうことから一番遠い所にいる人のようだからこそ見ていてドキドキした。お手伝いの彼女が帯の柄に気づいた所の描き方が秀逸だった。
時代がよけいその人達を浮かび上がらせていた。

このレビューはネタバレを含みます

不倫を題材にした映画はあまり観ないのでわからないのですが、これは観やすいのではないかなと思いました。
黒木華さん演じる、若い女中のタキさん目線だからでしょうか。
彼女は出過ぎないし、詮索もしない。けれど熱心にお仕事をするなかで奥様をよく観察していたからこそ、彼女たちの秘密の関係に気づいてしまった。
奥様に対する思い。板倉さんに対する思い。そして旦那様や坊ちゃんに対する思いと、自分自身の思い。それらに悩んだ結果、あの手紙を届けたことにして届けなかった。タキさんらしいなと感じました。
Anna

Annaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

戦時中の不倫のお話
昭和レトロな赤い屋根のお家が舞台
出てくるもの全てが可愛くて ときめいた
不倫のお話だけど ドロドロした感じがなく
そういった描写も一切なし
奥様の帯の模様の向きが
出かける前と後で逆になっていたところ
は〜〜 そうやって表現するのか
と参ってしまったな 美しすぎて

タキちゃんの辛い気持ちもひしひしと伝わってきた
「永く生きすぎた」と泣くタキばあちゃんは
本当に少女のようで 抱きしめてあげたくなった

戦時中って日本人は 意外とこういう感じだったんだなと
初めて気づくところもあって 勉強になったし
日本の良さに改めて気づけた
昔からの風習を大切にして生きていきたい
hinaco

hinacoの感想・評価

3.5

この映画を観に行ったのは
確か高校生でした。

前売り券を買うと
昭和モダンの香りがする“香り袋”が
特典でついてくると、どこかで拝見して。

生きたことない
もう一生経験できない
昭和の香りを知ることで
その時代を知れるような気がして、

本当はそれ目当てで、映画を観に行きました。

作品はその香りのように
あたたかく、やわらかく、やさしく、
どこかでかいだことのあるような
懐かしさが漂う、作品でした。

「今でもはっきり覚えている
後姿の帯の一本独鈷の線が今朝とは
逆になっていた。

奥さまの帯が解かれるのが
その日初めてでは無いのではないかと思うと
私の心臓は妙な打ち方をした...」

この台詞が、私の中でも
はっきりと、覚えている、妙に
魅力のあるその表現が作品の
美しさであった気がしました。
ああ好きな映画。
これこそ緻密に組み立てられた一級の芸術品。山田監督は、時代との整合性云々は別にして家族そして、人間を撮り続けてると思います。そこには、芸術性を全面に出すなんて野暮はないですが、たまに撮る時代劇や本作品などで、出して来るいや出てしまうんです、職人であり芸術家である、日本を代表する映画監督ここにあり。この作品は万華鏡を覗くような時間でした。
人生はとても複雑
倍賞千恵子最高。 
2回目だった。
>|