舞妓はレディ(2014年製作の映画)

上映日:2014年09月13日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:135分
    監督
    周防正行
    キャスト
    上白石萌音
    長谷川博己
    富司純子
    渡辺えり
    草刈民代
    田畑智子
    竹中直人
    濱田岳
    岸部一徳
    高嶋政宏
    小日向文世
    妻夫木聡
    松井珠理奈
    武藤十夢
    大原櫻子
    あらすじ
    舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!しかし、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、慣れない言葉遣いに戸惑い、ついに春子は声が出なくなってしまう……。はたして彼女は一人前の舞妓になることはできるのか?

    「舞妓はレディ」に投稿された感想・評価

    お座敷遊びはできないから…都をどりを観にいきたい…
    レディとして認めた!
    知らず知らずのうちに、がんばれと応援してしまった
    小娘のくせに…
    よい!かわいい!
    たまらん

    マイフェアレディの日本版っていうアイデアがそもそも好き😺
    「舞妓はレディ」
    舞妓モノが好きなのでずっと気になってはいたのをようやく鑑賞。

    鹿児島弁と津軽弁のミックスを話す田舎娘春子が百春のブログを見て舞妓になるのを夢見て京都へ。一人前の舞妓はんを目指して憧れの京の街で春子が努力奮励していく物語。。。

    かと思いきや(いや、間違ってはないが)なんとミュージカル。
    正直ミュージカル要素めちゃくちゃいらん。舞妓が飛び跳ねるか!
    ただ俳優さんみんな歌が上手くてそこは良かったかな、、

    春子の奮闘姿には好感を覚え、舞妓物語としてはなかなか良かった。けどミュージカル映画として観るならば音楽に入る際の引き込まれるような要素もなく、踊りもイマイチで全然好きじゃなかったかな

    あと大事な京都の街並みがセット感出過ぎて残念すぎ...ミュージカル映画ならではのセットっていうのか、そのせいで京都の古い文化に入り込めなかったし、でもミュージカルとしても惹かれない...ハンパですね

    俳優さんは皆さん好演。特に上白石萌音ちゃんの演技はすっごく合ってた!田舎娘からはんなり京都レディに移り変わる姿、あどけなくておぼこいながらも可憐で可愛らしくて素敵。
    歌唱力もバツグンでした。

    好きな俳優がいるなら観てもいいかなというレベル。舞妓の世界がみたいー!!という人は期待しない方が良さげ。
    見たあと優しい気持ちになるし、頑張ろうって思える。
    着物で踊るのは大変そうだけど、結構動きが大きいから見てて楽しかった。
    意外と面白かったです!
    期待していなかったので……
    あの子役の子が歌とかうまいし!演技もうまいし!
    Shall we ダンス?とほとんど同じキャストで懐かしさも感じれるし、良かったです。
    そして、長谷川博己とか何がいいのかなーとかって思ってたけど、良さが分かりました!
    なんか知らないけどかっこよく見えました!
    なんだろう……演技ですかね。
    訛りの酷い地方出身の女の子が舞妓になるまでを描いたストーリー。
    ミュージカル調になっていたのには驚いたけど周防監督の遊び心を感じる演出だった。
    京言葉を始めとした舞妓にとって必要な作法を学んで成長していく過程はこちらも勉強になる話だった。
    主演の上白石萌音はこの作品に馴染んでいたし、ハセヒロさんが楽しくしてくれていて以外と飽きずに楽しめた。
    いや〜、これは面白かった。
    周防正行監督はん、やらはりますなぁ。
    京都の古式ゆかしい花街、舞妓の世界とミュージカルを合体させてしまった一大エンタテイメントに仕上がっていて、観ていて本当に楽しかった。
    真面目なところはしっかり真面目に作られているが、コメディタッチにくだけているところもあり、その緩急の付け具合が絶妙で観ていて飽きがこない。
    上白石萌音のはじめのイモっぽい感じからしっとりとした京の娘に変わっていく様は実にお見事。
    長谷川博己、富司純子など、取り巻くキャストの演技もとても良かった。
    小春として玄関を出て行くシーンは感慨深かったし、お座敷に上がって母親の話をするシーンでは思わず泣けた。
    >|