舞妓はレディの作品情報・感想・評価

舞妓はレディ2014年製作の映画)

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:135分

3.5

あらすじ

舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!…

舞台は京都。歴史の古い小さな花街(かがい)・下八軒(しもはちけん)は、舞妓がたった一人しかいないという、大きな悩みを抱えていた。そこへ、津軽弁と鹿児島弁のバイリンガルという、おかしな方言を話す女の子が「舞妓になりたい」とやってきた。全国の方言を操るヘンな大学教授の計らいで、お茶屋の仕込みさん(住み込みの見習い)になった彼女は、コワーイ師匠や先輩たちに囲まれ戸惑いながらも、舞妓になるために大奮闘!しかし、厳しい花街のしきたり、唄や舞踊の稽古、慣れない言葉遣いに戸惑い、ついに春子は声が出なくなってしまう……。はたして彼女は一人前の舞妓になることはできるのか?

「舞妓はレディ」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.4
お座敷遊びはできないから…都をどりを観にいきたい…
yxh

yxhの感想・評価

2.5
【記録】
2017/12/12
2014/9/17
とても楽しくなる映画(*^^*)

”クスッ“の塩梅が私にはどストライク。
ミュージカル仕立てなので、マイフェアレディと同じくストーリーは至ってシンプル。なので素直に楽しめました。

映画の内容だけでなく、着物がすばらしかったこともポイントもUP。
季節を取り入れ、帯を合わせ、柄を合わせる洋服では思いつかない着こなしの楽しさは、着物着る醍醐味。その醍醐味に目を奪われ、着物そのものの美しさは着物好きにはたまらない。
さらに富司純子・草刈民代の着物姿の立ち居振舞いは、大人の女性の品格が滲み出ていてとても美しかった。


一つ残念だったのは、マイフェアレディをもう一回観直してから観ればよかった、ということ。

マイフェアレディの名セリフ
「The rain in Spain stays mainly in the plain.」が、
「京都の雨は大概、盆地に降るんやろか?」に変わっているなど、
所々で「あ~あの場面」と思い出され、マイフェアレディが恋しくなります。


ジャンルは違うけど、周防作品の中では、「Shall we ダンス?」に匹敵する傑作
mamepiyo

mamepiyoの感想・評価

4.0
ミュージカル好きだし、京都も好きなので、楽しめました。
初めて上白石萌音を知って歌が上手いなって思った。

ミュージカルで楽しい作品。

街並みが素敵で歌声も素敵で笑えるところもあって面白かった。
SHINDY

SHINDYの感想・評価

-
みんな歌が上手い!

ムーンライトのシーンで歌ってたのはSKEの子かな?とても良かったな

細かいところがマイフェアレディだけど
麗しさは無いね

日本のkawaii~geishya~

って外人や年配の人は喜びそう
脚本がいい。
竹中直人は本格ミュージカル。
萌音ちゃんバカ可愛い。一生懸命。

たまにカメラワーク謎だけど、めちゃめちゃいい。モブが動き出すタイプが好きなオタクはたぶん好きな映画。
サブ

サブの感想・評価

-
キャスティング素晴らしい。このあどけなく素晴らしく歌も上手い可愛らしい舞妓ちゃん役は一体誰だ!?監督はとんでもない適役を見つけ出したものだ。

舞妓とミュージカルという意外なる組み合わせは斬新だったけどとても良かった。ミュージカルと言えば洋という感じがするが、思えば宝塚とかももはや立派な日本文化の1つと言えるようなミュージカルだものね。
>|