mrt半兵衛

ブランカニエベスのmrt半兵衛のネタバレレビュー・内容・結末

ブランカニエベス(2013年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

2016年も早々、見事なまでに好みにドンピシャな作品に出逢えました、感謝!

世界中で今なお愛され続けている名作『白雪姫』の童話のファンタジックでロマンチックな世界観を崩すことなく、“姫” という華やかな単語からは全く想像のつかない勇猛果敢な闘牛士の活躍が描かれている。
この斬新かつアンバランスな組み合わせが新鮮で面白い。

描写や展開は まるで実際に絵本をめくっているかの如く、良く言えば判り易くて悪く言えば月並みで。
辛く悲しい描写はとことん辛く悲しくて、盛り上がる描写はとことん盛り上がって。
そういった明確な描写がテンポよく展開されていくため約100分ほどの全編が白黒無声であっても退屈することはない。

白黒の映像により『白雪姫』を彷彿とさせる寓話的かつ古典的で洗練された印象を受け、無声の映像により物語に緊張感が生まれ、要所要所で鍵となるフラメンコの独特な手拍子がより一層際立っていた。

『白雪姫』をベースにしているのだから もちろんハッピーエンドでしょ!と終盤に差し掛かり高を括って鑑賞した私。
ものの見事に裏切られ、より一層 本作に魅せられる結果となった。
彼女が最後に流した一筋の涙の意味を考えて 私も涙。

しかし まあ〜〜華奢で品のあるボーイッシュな女の子って どうして こうも魅力的なのでしょうか…
主人公(成長後)にゾッコンでした…

最後に。
ペペ辛チキンだけは許せない…!