悪の法則の作品情報・感想・評価

「悪の法則」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
ゲスグロい
7010

7010の感想・評価

3.0
豪華なキャストに惹かれて鑑賞
展開がつまんない、って意見もあると思うし、わかる
だけどご都合主義じゃなく、素人が悪に手を染めたらこうなる。みたいなリアルな感じ?
もしこれが豪華キャストじゃなく、無名な人ばかりなら、もっと微妙な評価になってたかも
e

eの感想・評価

3.5
馬鹿だから最初意味わからなかった。ん?何が起きてんの?って。話の流れを把握するために何度も巻き戻して確認しながら見てたから、後からヒエ〜じわじわ面白いなって感じた映画。スルメ。噛めば噛むほど的な…まさかこんな怖い映画だとは思わなかった。チーターちゃんはかわいい。
キャメロン・ディアスに気づかなかった(!?)。すごいキャメロン似の女優さんだなと思ってたらキャメロンだった。キャメロン=キュートでかわいい役やる女優で刷り込まれてたから認識できなかった…えっ、このキャメロン最高では…悪女たまらん。え〜…はちゃめちゃに好き…。
nova

novaの感想・評価

3.5
なかなか面白い。悪の法則っていうタイトルぴったし。悪のスペシャリストって底知れないというか悪にもどんだけ上には上がいるんだか。とことん非情で良心のかけらもない悪党が存在するんだってリアルに伝わった。ある意味ホラーとかより現実味があって怖い。役者みんなうまいしくせ者ぞろいで見応えあり。キャメロン・ディアスが女豹。
ほぼ観てるブラッド・ピット出演作品の中で数少ない未見作品。

超豪華キャストなのになんだかつかみどころのない作品で、いまいち芯がなんなのかわからないから、消化不良だった。

キャメロン・ディアスの目的だったり、主人公のやつの思惑とかもあまりよく分からず、最後まで入り込めなかった。
ちまき

ちまきの感想・評価

3.8
直接的な暴力とかではなくまさにじわじわと忍び寄ってくる恐怖
こういう映画は初めてでとても哲学的だった
色んな意味でトラウマになって、一生頭から離れない映画体験をした、凄かった
記録用

2018/5月
こく

こくの感想・評価

5.0
よく一般人がヤクザと互角に渡り合ったり、悪の組織を壊滅させちゃう映画がありますが、そういった作品が甘く見えちゃうリアルな映画。

イケてる弁護士が見栄張って高いダイヤを素敵な彼女に買った。だからもっとお金欲しい。よし、ちょっとだけ悪いことして稼ごう。そしたら無限斬首地獄!

メキシコ麻薬カルテル、やばい取引、スナッフフィルム、ウンコ漬け死体、斬首ワイヤー。
こんな世界に触れた一般人が無傷でいられるわけがない。いつ後悔しようが絶対に逃れられないというリアル過ぎる教訓。

「彼ってけっこうヤバくて」とか「俺も色々と関わりあるよ」みたいなちょいワル繋がり自慢を六本木あたりの飲み屋でしてる輩は全員観るべき。
>|