ひのり

アナと雪の女王のひのりのレビュー・感想・評価

アナと雪の女王(2013年製作の映画)
4.0
映画館で見た時は字幕だったので、吹き替えで初鑑賞。

ダブルプリンセスの作品はディズニー初で、ラプンツェルに引き続き、アナとエルサが自分で未来を切り開くタイプの強い女性として描かれているのもおもしろいです。他にも、雪だるまのオラフは吹き替えでもかわいいし、ハンス王子はやっぱりあの顔が腹立ちました!

ディズニータッチで描かれる氷の世界と夏の大自然は、細部までとても美しいです。雪の一粒一粒も、遠くで流れる滝も、実際の世界よりもドラマティックできれいでした★

ディズニーで初めてのテーマである姉妹愛というのも、実際に妹がいる私には感情移入しすぎてしまうポイント。オラフの「愛っていうのは自分より人のことを大切に思うことだよ」というセリフ、グッときました👍