ふう

アナと雪の女王のふうのレビュー・感想・評価

アナと雪の女王(2013年製作の映画)
4.0
⚠️過去鑑賞レビュー&長文妄想語り⚠️

こんにちは。アラジン実写化が心配しすぎて不眠気味のふうです😱
気を鎮めるために、大好きな『アナと雪の女王』レビューでも✨


**ネタバレありますので未見の方は注意**


映画館に4回?5回?見に行きました。
何故かというと、ハンスがめちゃくちゃ好きだからなのです!というか、アナとハンスの歌う♪とびら開けて♪がめちゃくちゃ大好きなのです!

それで、ハンスはどこからダメだったのか、
ハンスはアナのことをどう思っていたのか
彼の真意を探るため、字幕、吹替、英語歌詞をずっとずっと聞きつつ考察をするという無意味な行動に出たのです。
だって、ディズニープリンセスでこういうプリンス、珍しいと思いませんか?

それで、 『♪とびら開けて』 の歌詞を見てみると、だいぶ吹替と英語では違うのですよね


♪どこにも居場所の無い日々で
探し続けていた こんな人を

ここでハンスはアナのほっぺを撫でるのですよね。ちょっとセクシー。
これは元歌詞を私のゆるふわ頭で訳すると、
↓ ↓↓

♪探しているんだ、自分の人生における居場所を…まあ、こんなこと言えるのは、パーティの勢いとチョコフォンデュのせいかな。(ほっぺたさわさわ)

ぐおおおっ、これは色男の所業ですね!アナがぷいっと話題を変えてしまうのも納得ですね!一気にアダルトになります✨

もう一個
♪👦ハンス「教えてよ」
👧アナ「えっ?」
👦「何が好きか?」
👧「サンドイッチ!」
👦「僕と同じじゃないか!」

これは字幕と吹替見てる方はすぐにわかるところ(むしろここであれ?吹替ってだいぶ違う?と気づく)だとは思いますが、これは訳が難しくって…
↓ ↓ ↓

♪👦「僕たちってすごい…(気が合うね)」
👧「サンドイッチみたい?(ボケ)」
👦「僕が言おうとしてたのに!」

うーむ?むつかしい🤔
"we finish each other's sentence"
という「僕らはいつも以心伝心~♪」みたいな熟語?の"sentence"をハンスがいう前にアナが"Sandwiches!"と言ってしまうのですよね。
「あれ?これってアナちゃんお馬鹿?」
「これに"僕がいおうとしてた"っておかしくない?もうここで同調しようとしてんの?」
とも思うような、流れ。
ですが、調べると

"we finish each other's-"
"Sandwiches!"

というのはドラマ発祥のお決まりのボケネタでもあるようです。
そして、悪戯っぽいアナの表情。
お互いお堅く優秀な姉兄をかかえてプチほったらかされてた二人としては、このギャグをわかった上での会話だと考えると…より二人は"同じ環境で生きてきた" と考えてもいいのでは、と🤔

そして、後半豹変するわけですが…
やっぱり私は最初からの計画ではなく、国を任されたことでムクムクっと野心が芽生えたのではないかと考えてしまいます。
13人兄弟の末っ子で、しかもその兄弟にいじめられてたようですし。ここが自分の求めていた場所!と勘違いして闇堕ちしたんじゃないかなー、と。

ちなみに、グリム童話には『十二人の兄弟』
類似童話として、アンデルセンでは『野の白鳥』(こちらは11人兄弟。しかも王女はエリザ。しかも魔女と罵られる!)というものがあります。

ここから推測するに、13人兄弟の末っ子のハンスは童話の登場人物としては"いてはいけない子"だったのではないのでしょうか。(13番目はあまり良い数字ではないですしね)
だから役割を与えられず、自分で運命を切り開かなければならなかった。
…うーん、ちょっと妄想がすぎました💦

ともあれ、『♪とびら開けて』の段階で二人に愛か何かそれに近いものはあった、と私は考えています。同調を尊いものとするロブスター🦞の世界では見事クリアです。

ここまで私の妄想長文を読んでくださった奇特な方がいらっしゃれば、本当に本当にありがとうございます🙏愛しています❗

それでは、『アラジン』行ってきます😵💓