アナと雪の女王の作品情報・感想・評価・動画配信 - 15ページ目

アナと雪の女王2013年製作の映画)

Frozen

上映日:2014年03月14日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

「アナと雪の女王」に投稿された感想・評価

XOXO

XOXOの感想・評価

4.0
内容はちょっと薄いような感じもしたけど、音楽の綺麗さと圧倒的映像美に終始鳥肌でした🐤対照的な姉妹の感じがまたいい。
一葉

一葉の感想・評価

4.4
雪景色が綺麗!!
特にスヴェンの角に氷?がまとわりついとるところらへんのシーンが綺麗。

このレビューはネタバレを含みます

わ〜ーーーーDisney DELUXが+になってる!!!忙しくて細切れに見たのでデラックスとプラスを跨いで鑑賞してしまいました…

個人的な感情爆盛り&2のネタバレもします

キャラクターが好き!とか雰囲気が好き!とかはそこまでないんだけど、いろんな価値観から解放してくれたアナ雪がとても好きです。
公開当時、ちょうど姉が婚約をした時期で、両親同士が険悪で自分も両親とは折が合わなかった分姉とは仲が良くて、「いざとなったら家を出て姉妹だけで生きていこう」なんて話をして泣いた日もありました…
だから、結局人は異性を愛して幸せを掴んでいくんだな、とふてくされてた時に観たので、「姉の愛が妹を救う」ラストに驚いたけどものすごく嬉しかった。

私はいまだに姉に何かを返せたと思ってないのですが、生きてたら私も姉を助けられる日が来るのかも。と思った。
いままでのプリンセスストーリーたちは、運命の異性との愛が実って、そこが幸せの絶頂として描かれてハッピーエンドとして終わってしまうのだけれど、
異性間の愛、夫婦間の愛、運命の人との愛だけが最強なのではなくて、姉妹の愛だって順番がつけられないくらい強いのだ、と言われたようでした。行き場のなくした私の中の愛が救われた気がしました。
ので、観終わって映画館を出たとき視界がとても明るかったのを覚えています。

これまでのプリンス・プリンセス像をひっくり返してかき回していて、ほんとにアナと雪の女王という映画は救いだなと思う…

プリンスであるハンスがヴィランだった、という展開は言わずもがな、アナのプリンセスらしくない数々の挙動…寝起きがひどすぎるし、おてんばすぎておしとやかさとか全然ないし、のちのち結婚するクリストフ(=トゥルーラブの相手)に「納屋で育ったのか?」とまで言われる始末、見た目のこと突っ込むのはあんまりよくないなと思うけどそばかすもあって今までのつるんとしたとにかく美しいプリンセスじゃないんですよ…
プリンセスストーリーは素敵だと思うけど美しくもなければしとやかでもない自分がプリンセス大好き!なんて言ったら嘲笑の対象になることが分かってるから言わなかったけど、「女の子はみんなお姫様」っていう呪いから解放してくれたのはアナでした。それでも愛してくれるクリストフの存在も救い。

クリストフもプリンスであれ、と言われた男子への救いだし、プリンスのような男を選べと言われた女子たちへの救いの存在なのかな〜と思った。。クリストフは二枚目じゃないし、友達もトナカイだし、社交性ないとか臭いとか散々言われてるけどアナのもとに迷いなく駆けていく姿は間違いなくかっこいいし「王子様」だったし…

それにしてもトナカイに跨る氷売りの青年をヒーローポジションに持ってきて「もうこの時代に王子様は要りません!」ってことなのかなぁ〜と思わせておいて、2で白馬に乗って国を救いに来るヒーローポジションに女王であるエルサを持ってくるの、ほんとアナ雪は価値観の破壊をしてくれて、大好きだなあと改めて思った。。
いままで動物や非生物と心を通じ合せるのはプリンセスだったけど、今回その役割を持つのはプリンス的な立場(ヒロインの相手役)である男性のクリストフであるところからも、やっぱアナ雪で大事にされてたのは価値観の転換なんじゃないかな…?と私は思います。

ただ、その価値観の破壊に近い転換もものすごくやり方が優しい。
「身分や見た目が全てじゃない、だからもう見目麗しい王子様という存在も概念も消し去ってみんな平等な世界を描きましょう」
ではなくて、
「身分や見た目が全てじゃないのは分かるけど好きな人のピンチに駆けつけて『王子様みたい!』ってなるのやりたくない?!じゃあ王子様じゃなくてもやろうよ!」っていう、誰に対しても優しい選択なんだなと解釈しています。

それはアナの姿にも同じで、「女の子は誰だってお姫様なのだからおしとやかに上品にいましょう」…っていう価値観はもういらないけど、プリンセスになって大きいお城に住んでお歌歌いたくない?!じゃあおしとやかでいるのも上品じゃなくてもいいからやろうよ!!っていう姿勢。


しかしハンス王子にも救いが欲しかったなと思います…。第13王子という立場のせいで歪んでしまった心に誰かが理解を示してほしかった。それこそアナが。オラフでもええねん。
やったことは最低だけど、アナが不在の王国を守った手腕はホンモノだろうし、根っからの性悪だとはどうしても思えないんだ…
アレンデールは現実ではあんまり考えられないくらい先進的な国なんだろうなと思う。若い女性であるエルサが王になることも、2で第二子であるアナ(結婚相手は平民出身だし)が王になることも祝福されて当然だという雰囲気が漂っていたので…だからこそハンス王子の立場のことは、アレンデールの人々は誰にも理解できないのかもしれないけど。
2で悪い男に引っかかった!みたいな扱いで終わってたのはちょっぴりモヤっとした。

あとディズニーに期待することは、民への愛があれば国は治められる!に終始してしまうところから一歩進んでほしいところです……!!!
実写アラジンが大好きなんだけど、唯一引っ掛かったところがお店でお金を払うことを知らないジャスミンが政治をやって大丈夫なんか…????というところでした…
2でアナが女王になるわけだけど、国をよく治められそうなのは思慮深いエルサなのでは…?と思ってしまうんだよな…深く描かれてないから想像というか、偏見の域だなと思いつつも心配になってしまう
アニメ版のジャファー様はわりと王様への不満と私怨で国を乗っ取ろうとしてた部分が強そうだったけど、実写版のジャファー様はそれだけではなさそうだったからね…?

でも結局アナ雪が好き。2ももう一回観たくなったので観る。
最後、エルサがみんなの前で魔法を披露してスケートしよ〜ってなるシーンで「生まれてはじめて」のメロディが流れるのにめちゃくちゃ感動しました。
実奈

実奈の感想・評価

4.7
姉妹愛!
そして自分は変わらずにありのままでいいのだと
思わせてくれる作品
ありのーままのーーーーー
オラフの可愛さ炸裂
uru

uruの感想・評価

3.2
大ヒット作なのに観れていなかったけど、ついに手を出した。
開始直後、ずっとアナだと思ってた女性がアナじゃなかった衝撃…エルサって誰…!
そんなに面白いとは思わなかったけど、国から逃れて自由を手にしたエルサが歌を歌いながら雪の城を築くシーンはよかった。
ぎす

ぎすの感想・評価

3.2
アナのために走り続けるクリストフカッコよすぎ〜〜〜。最後のとこクリストフじゃなくてエルサっていうのいいよね。
珍しい姉妹愛の物語
有名なLet it goは必見
この王国大丈夫?って少し思った
ぱ

ぱの感想・評価

3.0
アナとエルサ
クリストフとハンス王子の
違いがわからん😕
展開も早くて見やすいけど忙しい
あそこまで話題になるのがわからん
鹿六

鹿六の感想・評価

3.8
CGアニメがどうも苦手だったんですけど、何故かアナと雪の女王は問題なく見れた。

前向きに、元気になれる映画。
カップルでも安心して観れる。

ドロドロした映画を好む一方で、こうゆう映画もいいなと思ってしまう。
不思議な力を持ったエルサ(姉)が、力を制御出来ず戸惑って精神不安定状態、それをアナ(妹)がめっちゃ頑張って救う姉妹愛のお話です。カラオケで何度歌ったことかw