maromaro

るろうに剣心 京都大火編のmaromaroのレビュー・感想・評価

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)
3.4
前作よりアクションシーンはさらにスケールアップ。
特に宗次郎との一戦は息を呑む迫力で、神木隆之介は難しいキャラを見事に演じていた。
そして何と言っても藤原竜也。
ミスキャストでは?と心配していたが、いつも通りの「藤原竜也の演技」が意外に志々雄にハマっていた。

以下、残念な点。
張との戦闘長過ぎ。
重要なシーンなのは分かるが、妙な関西弁も相まって中だるみ。
操もそうだが京都が舞台なら関西出身者を使えないものだろうか?
蒼紫もイマイチ。
伊勢谷友介は格好良いし、左之助に圧勝したあたりは良い雰囲気だったが、剣心に逢いたい、逢えないを延々と続けられ、もういいよと思ってしまった。


397