Atomy

愛の神、エロスのAtomyのレビュー・感想・評価

愛の神、エロス(2004年製作の映画)
4.3
中編映画の3本セット。
1作目のウォン・カーウァイでとろけました。

彼の映画は大好きだけど、長編の恋愛の部分だけを取り込んで、ぎゅっと濃縮した感じ。仕立屋が抱く、叶うことのない娼婦への恋心。
切なくて美しくて、見ていて蕩けてしまいそう。

ウォン・カーウァイの作中の女性は、性悪で毅然としていて、肝が座っている。それがアイラインと合わせて、とても優雅に見える。

ウォン・カーウァイが良すぎて、あと2つのレビューはパスします。特に性が絡んでくると、やっぱりアジアの映画が断トツに好き。

見たばっかりだけど、もう一回みたい!!いつまでも見ていたい。