ragii

青天の霹靂のragiiのレビュー・感想・評価

青天の霹靂(2013年製作の映画)
4.4
同じ劇団ひとりさんの原作の「陰日向に咲く」が原作・映画ともに面白かったので、

今回は原作だけではなく、映画の監督と登場人物も劇団ひとりさんって事で、どんな出来に仕上がっているのか気になっていましたが、

結果から言うと面白かったです!!

お笑い芸人らしく、笑いをちりばめながらもしっかりと感動もさしてくれる。

しかも、そのどちらも押しつけがましくなくバランスが取れていて観る人に共感を覚えさせて、クライマックスには感情移入をさせてくれます。

難点は、それほど目新しいようなストーリーでは無いってことぐらいでしょうか?逆に言えばそんなストーリーを面白く展開させているのはスゴイ所です。

主演陣の大泉洋さん、柴咲コウさんの演技は安定感があって見応えがありますが、劇団ひとりさんは、演技が巧いっちゃあ巧いんですが、俳優さんって感じよりも、芸人「劇団ひとり」としてのキャラクターの一人って感じです。

しっかりと笑えて、感動もさせられて、人生についてもちょっと考えさせられるオススメの作品です。